浪漫日和~ロマンス小説に癒されて~

時間があれば、ロマンス小説に浸る日々。
素敵な小説に出会えると、本当にし・あ・わ・せ。

『シンデレラ・ブライド』 ダイアナ&ペニー&ベティ … 誰か判るかな?(笑)

2017年08月10日 | ロマンス読書感想 ・タ行

ハーレクイン刊の『シンデレラ・ブライド』。3篇収録です。3作共、ハーレクインが良く使う手の再録です(笑)。

『薬指の契約』 by ペニー・ジョーダン … 《べレア家の愛の呪縛》シリーズが良かったので楽しみにしてたのですが、全くダメでした(笑)。同じ様なシーンの繰り返し。いつまでグダグダ言うてんねん!と思いながら、飛ばし読み(笑)。最後まで楽しくなかったです。登場人物も全然魅力的じゃないし★

『汚れなき花嫁』 by ダイアナ・パーマー … いつものダイアナ節にヒーローの子供が加わります。ヒロインをママと慕うちゃっかり息子がなかなか可愛いです。ちょっとヒーロー、セクハラ気味ですが(ダイアナのヒーローにありがち(笑))、結構楽しめました。

『花嫁の誓い』 by ベティ・ニールズ … 3作の中で一番楽しんだお話。ベティお得意のハンサムなオランダ人医師(教授)のヒーローと、イギリス人の看護士ヒロイン。なかなか健気なヒロインが良いですね~。ただ設定の孤児って言うのがほとんど意味なくて残念。(ま、叔母さんは存命ですが。) それと美人の友人の中で平凡な外見で恋愛に縁遠いヒロインが、男爵でお金持ちのヒーローを捕まえたのに、その件はほぼスルー。何故だ!ここはやっかみやら何やらで盛り上がるところでしょう(笑)。 

肝心のロマンスは、ヒロイン健気に頑張りますが、ヒーローの対応が一進一退★ 徐々にヒーローが変わって行くのかと思いきや変化無さ過ぎ~(笑)。 なのにヒーロー、実はほぼ一目惚れだったらしい。イギリスまで追って行ってのプロポーズ。晴れて結婚…なのに全然ヒロインと一緒にいないのは何故なんだ。やれ仕事だ何だと家に帰って来ない。なのにヒロインのハンカチ持ち歩いてるってな、可愛いじゃないか(笑)。

読みたいエピソードは書かれて無いのに、無駄に高級車が2台出て来ます(笑)。アストン・マーティン・ラゴンダとパンサー・ド・ヴィル。お金持ちを表現したかったらしい。でも2台目の車が登場する前に、ヒロインが車を運転してないから習って持つ様に言っていたので、てっきりヒロイン用かと思ってしまった(笑)。  ちなみにパンサー・ド・ヴィルは、『101匹わんちゃん』のクルエラが乗り回していた車だそうです(笑)。元はイギリスの会社らしいですが、今は韓国に経営権が渡ってるそうです。アストン・マーティン・ラゴンダもイギリスの会社。イギリスはジャガーしか知りませんでした★

今作、淡々としている印象なのですが、ヒーロー・ヒロイン共、不思議と魅力的で良かったです♪

 

『入れ替わった双子』 … 久々のジョージェット・ヘイヤー!楽しみにしてたのですが、前半はただの苦行(笑)。どうでも良い会話が延々続きます★ 人は良いらしいのですが、多額の借金がある母親×× 受け付けない~★ 経済観念なくでも美人だから許されるのか?双子の兄もいいかげんな性格なのに、愛されキャラらしいし。 ヒーローはまじめな弟の方なのでまだ許せるけど、特に魅力が感じられない。 ロマンスの展開も大して無く、話の真ん中くらいで急に両思いに。ま、この辺りから何とか読める様になりましたが。それまでは本当に進まなくて、これも飛ばし読みしました(笑)。 救いはヒロインが可愛かったことかな。 ちなみにこの本はマグノリア刊です。(今まで読んだのはMIRA文庫。)

 

最近、昔読んで面白かったであろうオフィス物を再読してるのですが、ほぼほぼ普通(笑)。どうも記憶と違う…。素敵なロマンスが読みたいよう!! ちょっと欲求不満★

 

 

今日はだんなが朝から鮎釣りに。360匹釣って来ました(笑)。(久々の大漁。) 鮎の内臓出すのに2時間近く掛かってます。ご苦労様です。私は食べるだけです(笑)。

その代わり(?)、だんな用に「桃のコンポート」を作りました。ほぼほぼ好き嫌いなく何でも食べてただんなさんですが、突如 生の林檎が食べられなくなり、次に桃、牛乳とどんどん食べられない物が増えてます★ 長男もこないだ生で林檎を食べて酷いことになったらしい★ もう食べへんて言ってました。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 残念な(笑) 『夜を抱きしめ... | トップ | 『拒まれた恋心』 by ダ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ロマンス読書感想 ・タ行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。