浪漫日和~ロマンス小説に癒されて~

時間があれば、ロマンス小説に浸る日々。
素敵な小説に出会えると、本当にし・あ・わ・せ。

とっても残念★ 『もしも願いがかなうなら』 by ジュディス・マクノート

2017年04月23日 | ロマンス読書感想 ・シ♪

2編収録のMIRA文庫刊です。ヒストリカルとコンテンポラリーの2作で、それぞれが長編のスピンオフ。

『綴られし乙女の祈り』 せっかくの待ちに待ったニコラス・デュヴィル主役のお話…なのに!なんですか、このお話は。ほとんどニック登場しないし、ロマンスもないに等しい。ヒロインを誤解したニックが、怒ってるってだけ★ あのニックを、無駄に消費するだけなんて、ありえない(笑)。 誤解の解かれ方も、手紙だけで大丈夫なのか?その手紙が創作って、疑われない? ミステリーの読み過ぎだからか、日付なんてどうとでもなるし、そんなんでニック信じる?って思ってたけど、ニックはあっさり信じました(笑)。 楽しかったのはエピローグで、ウエストモアランド兄弟が今までのうらみ(?)を晴らすために、ニックに意地悪しているシーンくらいです。残念。

そしてもう一つの短編、『君にめぐり逢うまで』。 あっさり結婚していた、『君といたあの頃に』のヒロインの妹の話で、こちらが先に出版されてた模様。 こちらも全然楽しくなかった~★ ヒロイン、素直じゃないからヒーローに全然響かないし、そんなヒロインに感情移入出来ず★ さらにヒーローのおばあちゃんも邪魔するし、ヒーローは可愛いのに詐欺紛いなことして、人格下げるし。イライラしながら読みました。こちらは残念と言うか、いらんと言うか(笑)。

 

今は、J・R・ウォードの『漆黒に包まれる恋人』を読んでます。分厚い(笑)。

 

 

こないだから、大文字山に登ろうと意気込んで行くのですが、途中でリタイア★ 先日は途中で下山して、今日は、ふもとから大文字山の頂上を目指さず、毘沙門の方へ抜けました。何がアカンにゃろう…。 全然痩せへんし…(笑)。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またまたのジュディス・マク... | トップ | 内容充実(笑)! 『漆黒に包... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ロマンス読書感想 ・シ♪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。