さぽつぴ日記

天然系主人・Sapo(娘)・Tsupi(私)の三人の生活を不定期更新中!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

彩雲と環水平アーク

2014-05-30 07:33:05 | 日常

昨日、札幌の一部では、彩雲が見られた。

彩雲とは、雲に含まれた水滴が、太陽の光で屈折し、虹のように彩られる気象現象のひとつらしい。

ラジオで、「彩雲が見えますよ!」と言っていたので、窓の外を見てみたが、

我が家からは見えなかった。

 

「見たかったなぁ~・・・。」

と思っていたら、小梅たんのブログに、写真が載っていた。

小梅たんは、「環水平アーク」だと言っていた。

 

そこで、彩雲と環水平アークの違いを調べてみたら、山梨学院大学のブログにのっていた。

以下、引用

---------------------------------------------------------

「彩雲」は、日光が雲に含まれる水滴で回折し、その度合いが光の波長によって違うために

生ずるもので、太陽の近くを通りかかった雲が緑や赤に彩られる光学現象。

一方の「環水平アーク」は、太陽が高い位置にある時、

大気中の氷粒に太陽光が屈折しほぼ水平な虹が見える光学現象。

簡単な見分け方は、雲の縁がパステル調に淡く色付くのが「彩雲」。

もっと色がはっきり綺麗に見えて、横長の虹が雲の中に現れるのが「環水平アーク」です。

---------------------------------------------------------

うーん、難しい・・・・。

 

彩雲は良いことが起こる兆しだと、昔の人は言ったらしい。

良いことがありますように。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 頂き物ばかりの夕食 | トップ | そろそろシーズンなのでビール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL