歌の日々 人生達観

2017-05-20 06:50:16 | 日記

 

咳しても ただ一人なら はひふへほ 屁で済ましたは 風太郎かな


飲み足らぬ 酒がこの世の 悔いという 陶淵明の 醒めたる辞世


明暗の 途中で果てた 漱石の おのれをまさに 明暗として

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌の日々 孤独は定めか | トップ | 歌の日々 言わずも通う »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL