闘う社長の再起編

夢を実現すべく再起に向けてエネルギーを充填する日々の記録

一定数、難民を受け入れればいい

2017年03月07日 21時13分24秒 | Weblog
今日のダイヤモンドオンラインの記事
ヤマト宅配便を直撃、人手不足は日本経済の新たなボトルネックだ

アマゾンをはじめとするネット通販会社の配達が爆発的に増え
ヤマト運輸は悲鳴をあげているのは周知の事実です。

この記事では、駅やコンビニでの受け取り、宅配ボックスの利用など
つき並みなな方法の充実と、自動運転などのテクノロジーの進歩が
解決法として書かれていますが、それだけでは解決できないでしょう。

高齢者をもっと雇うなどという手も考えられますが、
体力の衰えた高齢者に、重い荷物の配達は無理でしょうから根本的な解決にはならい。

クロネコヤマトの人手不足問題は、今後、他の業種にも拡大していくでしょう。
様々な業種で人手不足が発生し、サービスの低下や料金の高騰、
その先に見えてくるものは、経済の衰退です。

ですから私がいつも主張しているように、一定数移民を受け入れる事です。
もはや否応言っている場合ではない、勿論、習慣も違えば宗教が違う人がやってくる。
しかし、そんなの他の国では当たり前です。
日本だけですよ、職場に殆ど外国人がいないのは。

移民の条件のハードルを上げて、本当に国益に叶う人物だけを選択して
移民を受け入れ、人手不足解消とグローバル化の促進の両方を狙えばいい。
凶悪犯罪が増える? じゃぁ警察官も増やせばいい。
移民の警察官も採用すれば、警察官の数も増えますよ。


今日目についた記事:
 ・北朝鮮、在留マレーシア人の出国禁止 マレーシアも対抗措置
  断交も近いな。でもマレーシアの対応は正しい。

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 遅かれ早かれ移民を受け入れることになる

今日読んだ本:
 ・新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
 ・DUO 3.0 / ザ・カード 第5組
 ・異文化理解力 ― 相手と自分の真意がわかる ビジネスパーソン必須の教養
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 理想や夢を追い続けることは... | トップ | 「女性の上司は嫌だ」と言っ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。