闘う社長の再起編

夢を実現すべく再起に向けてエネルギーを充填する日々の記録

映画「タワーリングインフェルノ」そのもの

2017年06月14日 21時07分01秒 | Weblog
英国・ロンドンの高層マンションの火災は凄い事になっていますねー。


1974年にリリースされたアメリカ映画「タワーリングインフェルノ」そのもの。
消防隊の中に、スティーブ・マックイーンのようなカッコいい人がいたかどうか知りませんが
必死の消火活動にもかかわらず、今のところ6人の死者が確認されているようです。

BBCのサイトを読んでいたら、目撃者談が載っていましたが、
「子供を抱いた女性が助けを求めているのが見えた」とか「叫び声が聞こえた」
「飛び降りようとする人に目撃者が止めろって止めた」とか生々しかったですね。
そして逃げ出した住民の話では、火災の警報装置が作動しなかったという話もでている。

火元は4階らしく、4階のある部屋の冷蔵庫が爆発したという情報がある様です。
更に、これ程火災が広がったのは、何か構造上の問題があった事は間違いなく
特に外壁が激しく燃えているから、今後の火災検証で明らかにされるでしょう。
それにしても、スプリンクラーなどの防火設備はなかったのでしょうか?

専門家の話では、日本の場合、防火区画がしっかりしているため、
たとえ1つの部屋が燃えても、他の部屋に燃え広がる事はないようです。

去年、私の職場の近所の雑居ビルで火災がありましたが、
確かに燃えたのはその1室だけで、他には燃え広がっていませんでしたからね。
但し、下の部屋は、消防の放水の水で水浸しになったようですが。

まぁいずれにしても、早く消火されて一人でも多く生存者を救い出して欲しいですね。


今日目についた記事:
 ・米民主党議員が大統領提訴、事業通じた外国政府からの資金受領で
  また別の事件容疑でトランプが訴えられていますねー。

今日の気持ちステータス:

今日の一言:
 火事は怖い

今日読んだ本:
 ・新TOEIC TEST 出る単特急 金のフレーズ
 ・一億人の英文法
 ・瞬間英作文シャッフル
 ・純ジャパニーズの英語勉強法
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あー情けなや、忖度できても... | トップ | リアルすぎる!人間の能力と... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。