気まぐれアメリカ48州陸路の旅

自由なバツイチ女、40歳記念にデカイ事やろうと思い、
愛車カローラでアメリカ本土48州を一人でドライブした珍道中。

復興応援コンサート

2016-03-06 13:53:59 | よさこい

すっかり春らしくなった今日この頃、

皆さん花粉症は大丈夫ですか

マリオは東日本大震災の復興応援コンサートに参加してきました。

東日本大震災から5年、

被災地で活動しているピアニスト、石井りえさんと、

「かつみ獅子蓮花」がコラボして

復興応援コンサートを開催しました。

 

会場は朝霞市民会館ゆめぱれす。

このコンサートの収益は

復興支援の義援金に充てられるので、

イベント告知のポスターや広告費は極力削減して、

SNSやネット配信していたイベントなので、

チケットはチラシと一体型のものだ。

 

ホールを借りているのは夕方17:30から21:30までなので、

お客さんが並んでいる時間に、関係者も急いで準備を始め、

かつみの代表が指示出しに動く。

経費削減のため、代表自らイベントの司会を務める。

 

東北名産品の物販コーナーでは、

日本酒や海産乾物の販売があり、

試飲や試食もできる。

踊り子たちも終演後に買っていた。

 

受付準備ができたところでお客さんをご案内。

とはいえ、ホール内ではピアノの調律中なので、

まだ開場にはならず。

時間がない中での調律なので、

開場時間になってしまい、

お客さんには着席してもらった。

第一部は石井りえさんのピアノコンサート。

石井さんの想い出深い曲の演奏と共に、

数々のエピソードを話されていました。

踊り子たちも客席から観させていただきました。

 

第二部はよさこい演舞。

朝霞市で活動している5チームが参加。

かつみ獅子蓮花は、トップバッターで、

2015年の演舞を披露。

しかし、去年から散々練習で踊り続けてきた曲なのに、

最後の舞台で、あり得ない失敗をしていたのは私です。

 

かつみ獅子蓮花・一心不動@2016 東日本大震災復興応援コンサート♪

 

向かって右端、中盤の傘のポーズで足を間違え、

しかも動き出した瞬間にその間違いに気づき、

足の動きが分からず動揺している姿が映っているのだ。

その問題の足は、子供たちに隠れているけど、

明らかに表情が引き攣っていたと思われる。

今まで一度も間違えたことがないのに、

どうやら緊張していたらしい。

他にも2ヶ所失敗しているのだ。

演舞後反省をする私、

最後にまた演舞があるので、そこでは完璧に踊ろうと、

心に決めるのだった。

 

かつみの次は、「朝霞鳴子一族め組」さんの演舞

朝霞鳴子一族め組・宴@2016 東日本大震災復興応援コンサート♪

大人数の賑やかな演舞で盛り上がりは最高。

 

続いて「富士見町内会武蔵」さんの演舞

武州武蔵・彩@2016 東日本大震災復興応援コンサート♪

少人数ながら、リバーシブル4色展開の衣装が

綺麗に舞うフォーメーションが素敵。

 

それから「朝霞なるこ遊和会」さんの演舞

朝霞なるこ遊和会・烈風@2016 東日本大震災復興応援コンサート♪

勢いのあるパワフルな演舞と肉体美が魅力。

 

そして「夏舞徒」さんの演舞

夏舞徒・雲外蒼天@2016 東日本大震災復興応援コンサート♪

昨年の彩夏祭で大賞を受賞した演舞はとにかくカッコいい。

 

衣装チェンジして、再びかつみ登場。

2014年の演舞、花と大地を披露。

 

かつみ獅子蓮花・華と大地@2016 東日本大震災復興応援コンサート♪

この曲がかつみの元祖復興応援歌。

東北の復興を願い、創られた曲だ。

 

最後、再びピアノが舞台中央に登場し、

石井さんとかつみのコラボ、「花は咲く」を披露。

ピアノを囲んで踊るので、

体育館での練習に石井さんも来てくれました。

 

かつみ獅子蓮花&石井りえ・花は咲く@2016 大震災復興応援コンサート

花になった気分で回ってるんだよ。

 

そんなこんなで無事イベントは終了。

物販コーナーは大盛況。

皆さま遠いところお越しいただき、

本当にありがとうございました。

 

ロビーはお客さんと踊り子たちが入り乱れている。

 

かつみメンバーも、記念写真タイムに突入。

実はかつみは今年から姉妹チームが発足し、

「かつみ獅子蓮花」と、「かつみ結心」の2チームに分かれるのだ。

このイベントを最後に、結心に行くメンバーもいるので、

最後に代表と写真を撮っていた。

 

「結心」は、今まで副代表を務めていたK介くんの立ち上げたチーム。

若い子が多く、エネルギッシュな演舞が売りになると思われます。

「獅子蓮花」は今まで通りのかつみカラーで行くようです。

そんな訳で、2016年、2つのかつみをお楽しみに。

 

 

そもそも東日本大震災の影響で日本脱出した私が、

アメリカで2年間生活した後、

アメリカ48州を3ヶ月間かけて一人で旅した

クレイジーなアメリカ旅本がこちら。

「アラフォー女のひとり旅 アメリカ48州を車で回ってみた」

幻冬舎ルネッサンスから好評発売中。

全国大型書店、Amazonで取り扱い中。

地元書店に無い場合は取り寄せ注文してくださいね~。

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加