気まぐれアメリカ48州陸路の旅

自由なバツイチ女、40歳記念にデカイ事やろうと思い、
愛車カローラでアメリカ本土48州を一人でドライブした珍道中。

しあわせ荘なひとたち

2015-12-26 23:16:10 | 氣志團

師走もいよいよ大詰めの今日この頃、

皆さん走ってますか

マリオはクリスマスに新宿に繰り出し、

愛する男の芝居を観てきました。

 

前回のブログにも書きましたが、

私が2番目に愛する男、ぺーやん(錦織純平)が

脚本、演出を手掛けた舞台「しあわせ荘なひとたち」が

初日を迎えたのですよ。

http://www.sma.co.jp/shiawasesou/

 

チケット発売開始と共に、

迷わず初日のチケットを購入した私。

自分へのクリスマスプレゼントのつもりで25日の

チケットを買ったんだけど、

本当にこの日に観に来て良かった~。

新宿のシアターモリエールは、

小劇場ではかなり有名な劇場。

私の知り合いの役者さんも何度か使ったことがあり、

私はチラシの折り込みに来たこともある。

 

今回の舞台はW主演。

えろ漫画家ピクピクン

 

微熱DANJIの星屑輝矢

 

今回のポスターは、

この二人の似顔絵をピクピクンが描いたものだ。

早くもDVD発売決定。

舞台を観に来た人の会場特典は、

ピクピクンor輝矢さんの直筆サイン付き。

...って、なんでぺーやんのサインは付かないの~

前回公演のDVDでは、ぺーやんのサインも選べたのに~

もしや希望者が少なくて、ぺーやんが凹んでしまうからか

...う~ん、ぺーやんのサインが付かないなら、

舞台の内容次第で、DVD購入するかどうか考えよう。

 

で、観終わった感想。

いや~、面白かった。

皆キャラ濃いのは毎度のことだけど、

ぺーやん最高

ぺーやんの創る芝居が大好き。

とってもハートフルで、幸せな気分になれる芝居だったね。

 

そして25日はクリスマススペシャルとして、

終演後、出演者のトークショーが行われ、

クリスマスに関するエピソードを紹介。

更に、プレゼント抽選会

 

「しあわせ荘なひとたち」主演二人のサイン入りポスター4枚は、

チケットの半券で抽選。

全然かすりもせず。

 

そして、ここからはジャンケン大会。

輝矢さんのサイン入りトナカイ帽。

輝矢さんに勝った人だけ残る。

私は早々に負けてしまったけど、

勝ち残った女性はトナカイ帽がよくお似合いでした~。

私も被り物得意なんだけどなぁ。

 

続いて、ピクピクンからはクリスマスケーキのプレゼント。

しかも、ピクピクンから、生クリームを指ですくって

「アーン」してもらえるそうだ。

これはピクラー(ピクピクンファン)は絶対GETしたいところだろう。

その場の雰囲気で、一応参加する。

が、予想に反して、私はどんどん勝ち残っていき、

なんと残り二人の一騎打ちになってしまった。

 

この時、私の脳裏をよぎったのは、

幼稚園のお遊戯会の出し物「白雪姫」

当時、とてもとても内気で根暗で友達がいなかった

ボッチマリオ。

おとぎ話のお姫様に密かに憧れ、

どうせ勝てっこないからと、

白雪姫争奪ジャンケン大会に参加してみた。

ところが、どんどん勝ち進み、

とうとう私が勝ち抜け、白雪姫に決定してしまったのだ。

 

どうしていいのか分からないまま

お遊戯会の練習が始まったのだが、

皆の視線が痛い痛い。

王子様役の男の子も嫌そうな顔してるし、

白雪姫になれなかった女の子たちは、

ヒソヒソと陰口を言うし。

「お前なんか白雪姫にふさわしくないんだよ。毒リンゴを食べて死んでしまえ。」

と、魔法使いに呪いをかけられているかの如く、

私は居たたまれなくなり、

「白雪姫やめます。もっとお姫様が似合う人にやってもらってください。」

と勇気を出して先生に言ってみた。

ところが、もう誰も白雪姫になりたくないと言い張り、

結局、出し物そのものが変更されてしまったのだ。

 

こんなことだったら、最初から白雪姫ジャンケンに参加するんじゃなかった。

そして、白雪姫を辞めたと言ったら、母にビンタされた。

「折角主役に決まったのに、自分から降りるとは、なんてバカな子なの

 

走馬燈のように苦い想い出がフラッシュバックした。

あぁ、勝ちたくない

と思って出した最後の手。

見事、負けました。

良かった~。ホッとした~。

いや、ピクピクンが嫌いな訳じゃないんだよ。

イケメンに「ア~ン」されるのは嬉しいけど、

愛するぺーやんが居るのに、

他の男に「ア~ン」はされたくない。

ピクピクンのトークライブで、

ぺーやんが初めてゲスト出演した時に撮ってもらった

ツーショットチェキ。

ぺーやんに「ア~ン」してもらえるなら、

意地でも勝ち残ったよ~。

(ぺーやんがそういうことをするタイプじゃないのも知ってるけどね)

 

ドキドキのジャンケン大会が終わり、

グッズ即売会と共に客出し。

観客全員にクリスマスカードを配ってくれる。

 

ピクピクンと輝矢さんがグッズ販売の席にいるのに目もくれず、

ロビー階段の前でクリスマスカードを持っている

ぺーやんのところに真っ先に行って、カードを貰ってきた。

「大好きですまた来ます

と握手してもらった。

こうしてメッチャ幸せな気分で

ウッキウキで帰宅したのだった。

うちの近所のイルミネーションハウス。

毎年はハロウィンとクリスマスには電飾が綺麗なのだ。

 

 

アメリカではあちこちにイルミネーションハウスがあるので、

クリスマス時期には車で電飾を観に行ったけど、

一人旅では夜出歩くのはご法度なので、

日が暮れたら車ですっ飛ばしてホテルに直行した

クレイジーなアメリカ旅本がこちら。

「アラフォー女のひとり旅 アメリカ48州を車で回ってみた」

幻冬舎ルネッサンスから好評発売中。

全国大型書店、Amazonで取り扱い中。

地元書店に無い場合は取り寄せ注文してくださいね~。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加