気まぐれアメリカ48州陸路の旅

自由なバツイチ女、40歳記念にデカイ事やろうと思い、
愛車カローラでアメリカ本土48州を一人でドライブした珍道中。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

氣志團万博2015

2015-09-22 00:20:38 | 氣志團

いい天気に恵まれたシルバーウイーク、

皆さん満喫していますか

マリオは毎年恒例の氣志團万博に行ってきました。

会場は千葉県、袖ケ浦海浜公園。

 

入場すると、殆どの人々は

場所取りか、グッズ売り場に走る。

グッズ売り場は各出演アーティストのグッズも販売。

氣志團万博仕様のグッズを作るアーティストも多いのだ。

 

グッズを買った後に並ぶのがガチャガチャ。

氣志團デザインの缶バッヂが入っている。

今年は当たりが入っていて、

メンバーのサイン入りチェキ(インスタント写真)か、

ヤンキーこわくないTシャツ(氣志團カラー)が貰えるというので、

一気に10回やる人もいる。

 

クロークで荷物を預けた後は、

その横にあるリポDブースへ。

お馴染み、「ファイト~」「いっぱ~つ

の掛け声で右手を挙げ、

もれなくリポビタンDを1本貰えるのだ。

これで今日も頑張るぞ~。

 

それにしても今日は朝から暑くて、

夏に逆戻りしたみたいだ。

海沿いのリゾート席は大人気で、開場直後に満席。

先着順で、テーブル席やピクニックエリアの場所取りができる。

 

その横には氣志團御用達のクラブハリエ。

今年はラスカルとのコラボで、超カワイイ~。

 

 

 

包装紙、箱がカワイイのは勿論、

おまけがカワイイのだ。

 

氣志團をイメージしてデザインされた、

スマホ用、イヤホンジャックチャーム。

全12種類で、どれが入っているかはお楽しみ。

因みに私は、この暑さで傷まないようにと

なるべくギリギリまで粘り、

2日目の午後、

残り僅かという危ないところで滑り込みで買い、

現在休学中のドラマー、ユッキのチャームをGET。

っつか、スマホじゃないから、イヤホンジャック無いけどね~。

 

お隣ではTSUTAYAが出店しているのだが、

今年はその横のDJブースが熱い。

メインステージの空き時間に、

アーティスト達が間近で見られるのだ。

NoGodの団長は麻呂メイク。

以前、日テレの「笑神様は突然に」で、

氣志團の綾小路翔、

ゴールデンボンバーの樽美酒研二、

仙台貨物のイガグリ千葉と共に

石川県を旅した仲間である。

白塗りのふざけたビジュアルとは裏腹に、

歌が上手いのだ。

 

夕方登場したのはチームしゃちほこ。

しゃちほこファンの気合いの入ったお兄さんたちが

キレッキレのダンスを披露してくれ、

むしろ、しゃちほこよりも目立ってたりする。

 

そして、私が2番目に愛する男、

ぺーやん(錦織純平)がリーダーを務める

微熱DANJIのミニライブ。

すっかり日も暮れて、照明も当たらず、

薄明りの中でのライブだったけど、

彼らの10周年記念の年、やっとピンでステージに上がれたということで、

ファンが詰めかけた。

氣志團&微熱DANJIの代表曲

「甘い眩暈」の早送りバージョンは笑えた~。

他の方々が持ち時間30分なのに、

微熱DANJIだけは15分しかないので、

あっという間に終了。

その代わり2日連続で登場するので、

勿論私は明日も観に来るけどね。

 

時間は遡り、昼間この周りはどんな感じだったかというと、

こんな方々が撮影会をしているのだった。

これが楽しみで日本全国津々浦々、

氣志團ファン(KISSES)が集まるのだ。

しかし、この氣志團万博、

出演者は色ものグループが多いので、

カラーコスプレは当たり前。

特攻服や繋ぎを着ていても、

誰ファンなのか分からない混沌ぶり。

 

それから、色物Tシャツで目立っていたのがスタッフさん。

今年はドピンクのスタッフTシャツの裏面に、工作員と書いてある。

会場内は工作員だらけである。

観覧車やリフトは、シミズオクトの出店

オクトガーデンで買い物した人だけ、

これらに乗れるアトラクション券を貰えるのだ。

 

オクトガーデンのマスコット、綾小路ガルコちゃん。

 

それはそうと、この強烈な日差しで、

熱中症になった人も多数。

土方焼け多数。

水は必需品。

毎年販売される、万博オフィシャルウォーター200円也。

デザインがカワイイので、このボトルが捨てられず、

コレクションになっている。

箱でまとめ買い、発送している人も多数。

 

で、なんと今年はドリンク売り場にもゲストがいるのだ。

ステージ下手側(向かって左側)後方のドリンク売り場で、

えろ漫画家ピクピクンが販売員として、

2日間フルで働いていたのだ

 

6月に微熱DANJIと舞台共演してから、一気に距離が縮まり、

12月に再び舞台共演が決まったピクピクン。

どうしても氣志團万博に出たいと言っていたけど、

まさか売り子として登場するとは思ってもいなかった。

丁寧な接客で、お客さんと握手しながら、メッチャ頑張ってた~。

 

しかし、なんとピクピクンの衝撃写真が流出。

アーティストエリアでの一コマ。

恍惚の表情、仙台貨物のイガグリ千葉さんは、

そっち好きで有名である。

 

ところで、メインステージの話はしないのかって

ネタが多すぎてまとまらな~い。

凄い出演者ばかりだから、紹介しきれないっす。

そんな訳で、コラボした方々だけご紹介。

 

まずはモーニング娘。OGとのコラボ。

氣志團の「恋人」という楽曲の有名な振付は、

モー娘。の「恋愛レボリューション21」のパクリである。

この楽曲が相当盛り上がる振付だということは、

2000年に物心ついていた人なら知っている筈。

 

こちらは森山直太朗。

綾小路翔とは16年来の古い付き合いで、

この度「ライバルズ」というデュエットソングを発売。

氣志團万博2015の公式テーマソングである。

直太朗さんは、この氣志團万博を最後に、休業期間に入ってしまうのだ。

来年の氣志團万博には戻ってきてね~。

 

こちらはGACKT presents「神威♂楽園」

キャラ設定が独特で、神威♂学園のエロい性徒会長という設定なのだが、

とにかく女子に大人気である。

いやぁ、存在自体がエロいね。

7曲全てに「ウルトラソウル!」と連呼する

B'zウルトラメドレーが最高に面白かった~。

ゴールデンボンバー鬼龍院翔とのコラボで

GACKTの楽曲「情熱のイナズマ」を歌ったんだけど、

猫耳カワイイわ~。

 

そんな1日目のトリが氣志團なのだが、

アンコールで「YAH YAH YAH」が流れてきた。

私は大好きな曲だけど、大丈夫なの

と思っていたら、

曲のサビ「ヤーヤーヤー」の合唱中、

なんとダチョウ倶楽部が奈落から登場

あぁ、ヤー繋がりね。

 

今年のメインステージは左側、中央、右側と

3つに分かれていて、それぞれ

STAGE TERAKADO

STAGE HIGO

STAGE UESHIMA

という名前が付けられていたのだが、

やっとその意味が分かった~。

 

仙台貨物のイガグリ千葉さん、NoGodの団長も加わり、

いろものキャラ喧嘩上等~

翔やんとお約束のキスしちゃったり、

どーぞどーぞの譲りネタ、地揺れネタ、

観客を巻き込んで、皆でやれて楽しかった~。

最後は花火のカウントダウンで1日目終了~。

http://natalie.mu/music/news/160663

 

2日目はももクロが出演ということで、

更に色もの、コスプレ率が高くなり、

何処に行っても密度が高かった。

 

 

2日目は、東京スカパラダイスオーケストラが

氣志團の楽曲「鉄のハート」を演奏してくれて、

翔やん(綾小路翔)と、光ちゃん(早乙女光)が飛び入りで歌ってくれた。

しかしスカパラの後に、DJブースで微熱DANJIのライブがあるので、

既にメインステージから離れようとしていた私。

振り返り、愛する光ちゃんの勇姿を確認しながら、

後ずさるのだった。

 

この際、遠くの光ちゃんより、近くのぺーやん。

2日目はステージに上がるぺーやんにお触りしてきた。

この為に昨日ルート確認し、場所取りは万全だったのだ。

 

その後すぐアッコさんの出番なのでメインステージに戻り、

大トリは聖飢魔Ⅱ。

4年ぶりの復活ライブツアーが

3日前に始まったばかりだというデーモン閣下。

 

初めて聖飢魔Ⅱのミサに参加したけど、

とにかく歌が上手い高音の伸びが凄いね。

でも下ネタバンバン言うところは、グループ魂と同じ~。

グループ魂はスリッパを客席に投げ込むけど、

閣下はかじったリンゴを投げ込んでた。

それをGETした人たちは、そのリンゴどうするんだろう

食べるの飾るの冷凍保存

 

そしていよいよ最後の曲は「蝋人形の館」

ここで、氣志團改め「鬼死団」

ももいろクローバーZ改め「血の色クローバーMAD」

大槻ケンヂ改め「大槻メンヂ略してオーメン」が登場。

 

 

しかし皆の悪魔コスが凄すぎるからという理由で、

オーメンがピョン吉Tシャツにジーンズという

普段着で登場したのは逆に驚いた。

http://natalie.mu/music/news/160698

 

最後は恒例、海上での花火が派手に打ち上げられ、

今年も氣志團万博2015は幕を閉じたのだ。

メッチャ楽しかったけど、メッチャ疲れた~。

翌日泥のように家でゴロゴロしていたのは言うまでもない。

とりあえず、UV加工のラッシュガードを着てきて正解。

野外フェスではラッシュガードお勧めですぜ。

 

 

アメリカではUV加工のラッシュガードを知らず、

日焼け止めも効かない炎天下の中、

土方焼けしながら旅した

クレイジーなアメリカ旅本がこちら。

「アラフォー女のひとり旅 アメリカ48州を車で回ってみた」

幻冬舎ルネッサンスから好評発売中。

全国大型書店、Amazonで取り扱い中。

地元書店に無い場合は取り寄せ注文してくださいね~。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 草加 長月の陣 | トップ | 諏訪湖 パワースポット巡り »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
天気の良かった万博だったんですね。 (鬼嫁)
2015-09-23 12:26:36
今年の万博は写真をみてもわかるように、天気に恵まれた万博だったんですね。
日がでているところは暑くて影のところは涼しいかんじですが、影になるところがなさそうな感じだから、大変だったんじゃないかと思います。
どんな感じの衣装で言ったのか、お話し聞かせてくださいね。
>鬼嫁様 (マリオ)
2015-09-23 18:05:59
雨が止んで良かったですけど、無防備な人は皆酷い日焼けをしてましたよ。
影のあるところに移動しながら休んでいる人も多かったです。
私は青組なので、青メインの衣装と決めています~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL