気まぐれアメリカ48州陸路の旅

自由なバツイチ女、40歳記念にデカイ事やろうと思い、
愛車カローラでアメリカ本土48州を一人でドライブした珍道中。

氣志團万博2016 ~房総ロックンロール☆チャンピオン☆カーニバル~

2016-09-22 10:50:09 | 氣志團

連日雨模様でスッキリしない天気が続いていますが、

皆さん如何お過ごしですか

マリオは先週末

氣志團万博に行ってきました。

会場は袖ヶ浦海浜公園。

今年5年目を迎える氣志團万博、

ニコ生中継が入っていた。

ライブ中撮影禁止という注意書きは

HPには書いてあったものの、

このスマホ時代、撮影するなといっても現実問題無理なので、

多くの人が撮影しまくっていた。

海外ではライブ中に動画撮影して、

それをyoutubeにアップするユーザーも多いし。

 

今年はリストバンドが布製に変わり、

今までのプラバンと違って、

切断しなくても取り外しできるようになったのが嬉しい。

 

房総与太郎食堂で700円以上買い物すると

もらえるスタンプラリーシート。

スタンプを集めると缶バッヂが貰えるのだ。

 

袖ヶ浦のゆるキャラ、

ガウラと一緒に写真撮影。

右端は袖ヶ浦市長の出口清氏。

左二人は、いつも一緒に氣志團のライブに行く友人夫婦。

奥様以前は職場に秘密で、隠れキリシダンだったんだけど、

最近吹っ切れたらしい。

 

氣志團パネルも設置されていたので、

友達と一緒に写真撮影。

3人揃いのつなぎを作ったから

バックスタイルを見せたかったんだけど、

いまいち分からんなこりゃ。

 

ツアー会場ではお馴染みになった

氣志團の最新アルバム「不良品」のパネル。

 

グッズ売り場は安定の大盛況。

私は事前にネット通販で購入していたので、

此処で購入したのは2つだけ。

職場のお土産に氣志饅。

氣志團ファンは嬉しいけど、

世間一般の方々にはサッパリ分からないデザイン。

 

生ビール用リユースカップ。

これを持ってオフィシャルドリンク売り場に行くと、

生ビールが100円引きになるのだ。

 

お酒といえば、気になるのがこれ。

この南国チックなバー。

回転式で、ゆっくり回りながら語らう人々。

土方焼けしないための対策か

周りはフードエリアなので、

それほど楽しい景色ではない。

 

氣志團万博名物になった

クラブハリエと氣志團のコラボバームクーヘン。

今年は大好評のラスカルとのコラボ。

バームクーヘンの箱も包装紙も可愛いんだけど、

オリジナルチャームがメチャカワイイ

何が入ってるかは開けてからのお楽しみ。

大人買い10個という人も多いのだ。

数量限定で、クラブハリエのHP、店舗でも

購入できま~す。

https://shop.taneya.co.jp/kishidan/

 

それはそうと、フェス自体はどうなのよ

と言うと、

もはやブログでは書ききれない。

だって毎年凄いアーティストが沢山出ているんだから。

http://natalie.mu/music/news/202412

 

初日のオープニングアクトは小林幸子

もはや衣装ではなく大道具

これがさっちゃんの真骨頂だね。

演歌とロックの融合のような、アレンジのきいた楽曲を披露してくれた。

このトラックに衣装がドーンと積まれて移動する訳ですな。

 

バックヤードではアーティスト毎に

こんな撮影が行われているのだ。

氣志團万博皆勤賞の仙台貨物。

彼らの正体がナイトメアだということは、

煽りVTRでカミングアウトされた。

 

打って変わって爽やかなAAA。

ブレザー姿で登場してくれた。

 

ステージでの氣志團は、唯一永遠のヒット曲

「One Night Carnival」をサンババージョンで披露。

いまいちノリ方が分からなかったけど、

オリンピックイヤーということで良しとしよう。

 

そして氣志團が毎年必ず歌うのが「落陽」という楽曲。

君にあの夕陽を見せたい...というフレーズで始まる

地元愛の詰まった一曲。

夕暮れに染まる頃の会場。

無料観覧車が特設されているので、

会場内を高い位置から見渡せる。

 

初日は暑くて日焼けするほどの気候だったけど、

二日目は微妙な天気。

宿泊ホテルは川崎で、

出発時に結構な雨が降りだしてビビッた。

袖ヶ浦界隈には、ツアー客が泊まれるような大きなホテルが無いのだ。

だから毎年、川崎や羽田のホテルまで戻っているので、

何度もアクアラインを通る羽目になる。

 

会場に到着すると、小雨がパラつく程度なので大丈夫。

朝からとりあえずビールで乾杯。

昨日購入したリユースカップで

生ビール100円引き。

っつか、後ろ姿男子だな。

 

二日目のオープニングセレモニーは

アントニオ猪木。

猪木氏に翔やん(綾小路翔)が闘魂注入されていた。

今日は特別無料で闘魂注入

 

なんとこの日は、

遊びに来ていたユッキ(白鳥雪之丞)と

写真撮影してもらえた

ユッキは氣志團休学中のドラマーで

現在自身のプロデュースするファッションブランドで

荒稼ぎ中~。

http://tears-of-swan.shop-pro.jp/

 

さて、二日目も勿論凄いアーティストが目白押しなのだが、

クレイジーケンバンドも登場し、会場を沸かせていた。

お馴染みの「タイガー&ドラゴン」で始まり、

「い~ね!」を連呼。

アラフォー、アラフィフ世代、大盛り上がり。

 

VAMPSと中島美嘉がコラボして

「GLAMOROUS SKY」を歌ってくれたのは鳥肌立ったね。

 

そしてトリは矢沢永吉

永ちゃんが氣志團万博に出演するなんて

誰もが絶対出演しないと思っていただろう。

ヤバい。

 

こうなると、絶対来年も開催してほしい

来年はどんなサプライズがあるのか

1年後のことを今から考えてしまうね。

最後は海上で花火が打ち上げられ、

盛大に幕を下ろした。

今年まともに花火見られたのがここだけなので、

今年最初で最後の花火になるかなぁ。

 

こうして夢覚めやらぬまま、

翌日から現実世界に戻ったのであった。

 

 

アメリカでは、

夢か現実か分からないような

物凄い景色と毎日遭遇しながら旅した

クレイジーなアメリカ旅本がこちら。

「アラフォー女のひとり旅 アメリカ48州を車で回ってみた」

幻冬舎ルネッサンスから好評発売中。

全国大型書店、Amazonで取り扱い中。

地元書店に無い場合は取り寄せ注文してくださいね~。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加