釣り三昧

定年退職後の趣味としてほぼ毎日釣りをしています。

今年初のカツオ水揚げ

 | Weblog
今年のカツオ漁は沖が遠くて小船で行ける近さまで中々やって来ません。
今月2度ほど出船してみましたが途中で引き返す状態でした。
今朝はベタ凪、5時過ぎに友人の漁師から極近場でぼちぼち当っているとTELあり。
5時半に出航しました。
今日は1匹釣るまで帰ってこない決意。
港を出てから1.7マイルほどの近場で1匹ヒットし船端まで曳いてきて引き上げる
時点で外れてしまいました。
「うわ~!!証拠をとれたのに・・」と残念至極。
それ以後3.5マイル沖まで行きました。
ここまで来ると大型汽船の航路なので汽船を交わし々走ります。
1時間ほど全然当りません。
「食ってくれ~、食ってくれ~」と祈りながら走っていると3本の竿に総当り。
左右の竿の2匹づつ4匹取り込みましたが真ん中の竿の2匹は曳く間もなく外れていました。
カツオはよく外れるんです。
4匹釣れたのでやれやれ一安心。
それから1時間皆目当りません。
周囲を見回すと今までいた漁船や小船は皆沖へ出て1杯も見当たりません。
また1時間ほど1人でそこら辺を走り回りましたが音沙汰なし。
8時半に帰港しました。
他の僚船2杯はまだまだ頑張っているようで帰って来る気配はなさそうでした。
とりあえず今年初のカツオ漁が証拠を取れてやれやれでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

部屋のリホーム完了

 | Weblog
今日でやっと部屋のリホーム終わりました。

余分な屋根の谷の修理も完了しました。




谷の銅版が酸性雨のため3箇所ほど穴が開いていました。


後は請求書をびくびくしながら待つのみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リニューアル工事ー2

 | Weblog
部屋のリニューアル工事も今日電気工事が終わり後2箇所の建具を残すのみと成りました。
13畳のダイニングリビングが出来上がりました。





応接セットも揃えねばならず何かと物入りです。
 部屋以外にキッチンの差出屋根も雨漏りがするのでやり変えてもらいました。
ブリキが腐食して垂木も腐ってぼろぼろでした。

今朝の雨で相変わらず漏れるので大工さんに見てもらったら屋根の谷の銅版に穴が開いてることが解りました。
応急処置でその穴を詰めると4~5年は持つが他に何箇所も薄くなっている箇所があると言うので銅版をやりかえることになりました。
瓦をめくっての作業なので又1日左官と板金屋を頼むことになりました。
あ~あ・・・古屋を守するのに四苦八苦で~す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

部屋のリホーム

 | Weblog
3日前から大工さんが入って炊事場と居間のリホームをやっています。
築100年以上も経つ古家。
屋根の葺き替えや部屋のあちこちのメンテナンスはその都度行なってきていますが
今回はダイニングとリビングのリホームになります。
ここはそれぞれ30数年前に床と壁をリホームしています。
ダイニングルームの新建材で張った床が糊が剥がれてブヨブヨしてきたので張替えついでに隣のリビングと1部屋にしてしまおうとことです。
床板を外したところ。

基礎は昔風の石、いくつもの石の上に乗っただけで100数年も持っているんです。
下屋は乾燥してカラカラ、これならシロアリの心配もなし。
リビングルームの柾目の天井板も剥がされました。

年代を十分感じさせる梁が何本も見られます。
剥がした床材の合板はすべて焼却処分しましたが木材部分は薪にすべく釘を抜いて
囲いました。


 東北大震災以後東南海地震による大津波被害の心配が盛んに喧伝されていますがそうなれば我が家は真っ先に跡形もないでしょう。
子供等も帰って来る気もないのに家にお金を掛けるのは馬鹿らしい気がしますが実際に住んでいるとそうもいきません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昼間のカラオケ

 | Weblog
昨日初めて昼間のカラオケ喫茶とやらに連れて行ってもらいました。
71歳のカラオケ好きの友人は白浜~串本間のスナックやらカラオケ喫茶なら知らん店が
ないほどのカラオケ通です。
昨日は潮岬のカラオケ喫茶2軒をはしごしました。
1軒目は最近できたばかりの店で店内は勿論機器も最新式とかで評判の所です。
午後2時ごろ入ったら20人以上の客がいて1曲申し込んだら50分待ち。
お客はすべて70歳以上の爺さん婆さん。
69歳の私が最年少と言ったところです。
皆さん歌い慣れて上手で下手くそは1人もいません。
と言っても私が知っている懐メロなんか歌う人は1人もいません。
歌い込んでいるので知らない歌でも聴いていると上手いのは判ります。
友人と1曲づつ歌ってその店を出ました。
 2軒目は古い民家を改造した安普請の店、機器だけはそこそこ。
ここのお客も爺婆。そりゃ如何に日曜日とはいえ昼日中からカラオケをやろうというには
そんな暇人しかおらんはな・・・・。
14~5人のお客、(男性は4~5人)。
ここは前の店に比べれば歌唱力は格段に落ちます、がそれだけに和気あいあいムード。
我々は3:30頃に入ってすぐに歌うことができ、2~3曲他の人のを聞くとまたすぐに自分の番が廻ってきます。
その内に我々2人に次々と曲を入れろと催促してきます。
他の人も歌ってもらわないと出難いと遠慮すると、「彼らは朝9時から来ているので
歌い疲れてる」やて・・・・
4時まで2人のワンマンショウ
 世の中不景気でも“お年寄り”は優雅に暮らしてますわ。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鯨の死骸

 | Weblog
今日家の前の湾内に鯨の死骸が流れ着きました。

地元のエビとかに水族館の学芸員の見立てではゴンドウ鯨で体長8.5mとの事。
かなり腐乱していて国道から見物していても臭いが鼻を衝くほどでした。
海上保安庁や役場の職員が出て尾っぽにロープを縛って4~5人で引張ってもビクとも
しません。
潮に流されないように固定するだけ。
重機がやって来て砂浜に穴を掘り出しました。

干潮なのでその掘った砂で波打ち際まで道を作り潮が満ちてきたら重機で引張り揚げよう
という段取りです。

尾に巻いたロープを重機で曳くつもりだが腐乱しているのでバラけるかもしれないと心配していましたが無事に完了たようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

またまたカツオ3本ゲット

 | Weblog
昨日の好天に行けなかったので今日満を持していつもの友人漁師の船に乗せてもらいました。
今朝も4時出航。
昨夜は9時過ぎに床に入って3時半の目覚まし時計で目が覚めるほど睡眠十分。
波予報では2mでしたが港をでると結構うねりがありました。
5時過ぎには空が白んできて5時半から仕掛け投入。
すぐに7匹ゲット。
今日は調子が上々、この分ではかなりの豊漁が期待されました。
が、1時間ほど当たりなく2回目の当たりで14匹取れました。
それからまた3時間ほど全然音沙汰なし。
あまりにも暇なのでゆっくり弁当をを食べました。
それ以後2~3匹づつパラパラ当るのみ。
結局3時過ぎに入港。
釣果は34~5匹、ヨコワ1匹。

毎年この時期はカツオの最盛期、なのに今年は数を数えるほど。
何百キロ単位で話ができるほどでないと漁師も苦しいところですな。
そう気の毒に思いながらも3匹貰ってきました
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

納屋の屋根のペンキ塗り

 | Weblog
ここ4~5日は毎日強風が吹いて冬に逆戻りしたかのような寒さです。
今日は久し振りに風もなく穏やかに晴れ渡った1日になりました。
絶好の釣り日和でしたが2日ほど前からスレート葺きの納屋の屋根のペンキ塗りを
終わらせるため必死に仕事しました。
波型スレートはペンキ塗りには手間が掛かります。
ローラー刷毛だと早く塗れるのですがローラーには適していません。
水性ペンなので3年しか持ちませんが次回も自分で出来るかどうか自信がありません。
使用前

使用後

使用前

使用後

使用前

使用後

屋根から滑り落ちないように変なところに力を入れるためかじきにコブラがえりが起こったり筋が張ったりします。
つくづく年齢を感じる今日この頃です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薪作り完了

 | Weblog
今日は朝から穏やかな絶好の釣り日和でした。
しかしまた明日から天気が崩れる予報なので今日中に薪作りを終わらせるため
必死のパッチで奮闘しました。
お陰で薪小屋は満タンで入りきれないので2ヶ所の野積みができるほどです。



後気掛かりな作業はスレート葺きの物置小屋2棟の屋根のペンキ塗り。
これも天気と相談で2日ほどで終わらせたいです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

孫とアドベンチャー

 | Weblog
芦屋の娘家族が土曜日の夜、帰省しました。
2歳4ヶ月になる初孫とは正月以来の再会です。
3ヶ月会わない間にずっとしっかりして、目の中に入れても痛くないとはこういう事かとおもうぐらい可愛いです。
 今日その家族と白浜のアドベンチャーワールドへ行ってきました。
春休み中の日曜日とあって大混雑。
駐車場も満タンです。

爺婆は10年来のアドベン行きです。
孫達は白浜へ来る度に行っていて特にイルカショーが大のお気に入り。
今日も10:30のショーに直行。
ここも満員御礼。

わたしが10年前に行った時はシャチ(オルカ)のショーが大人気でしたが今はなく
イルカショウーが大評判です。
孫は勿論爺婆も大感動のイルカショーでした。
イルカ達の知能の高さに感服しています。
2:00からの2回目のショーを正面の良い席で見るために2時間も前からテイクアウトの昼食を取りながら待つほどでした。
猛獣を見るためにサファリ号に乗るわけでもなく草食動物ゾーンを歩いて廻っただけ。


2回目のイルカショーが2:30に終わるとサッサと帰り支度。
孫達は芦屋へ爺婆は反対の周参見へと分かれて帰るのですが自分の車を見付けるのに
苦労しました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加