鳥取は、強くて麗しい。

2016年11月05日 | 伯耆
何事もなかったわけじゃない。





ブルーシートがどんどん増えていく。
赤紙の付いた建物がある。
道はぐにゃぐにゃのまま。
なしっこ館は、シンとしていた。





何事もなかったわけじゃない。

「忘れないで下さい。」
と言った、福島の方を思い出していた。

鳥取県中部地震は、
関東の新聞の一面トップにさえ
ならなかった。

この地震は、
忘れられるどころか、
覚えているひとさえ、いないかもしれない。





何事もなかったわけじゃない。

死者が出なかったことは、
本当の奇跡だ。

16年前の
鳥取県西部地震のときも
家の全壊はあっても
死者はいなかった。

きっとあの時も
たくさんの悲しみと憂いがあったのに、
それでも鳥取は、
やっぱり強くて麗しい。





何事もなかったわけじゃない。





それでも鳥取は、
今日も強くて麗しい。






『鳥取県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 食べて笑って、生きていく。 | トップ | 震度6の衝撃。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

伯耆」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。