いつも最高 in 北九州

「今日は最高」「明日はもっと最高」。与えられた環境と自分の力でベストを尽くす。だから後悔しない。だから「いつも最高」。

小次郎 敗れたり 巌流島

2016年10月15日 | 日記

先週、史跡満載の関門海峡を歩いて渡り長州に行ったことは、既に記述しました。その日は廻りきれなくて、思い残した史跡に今日15日に行って来ました。「巌流島」です。1612年4月、時の剣豪 宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘した島として有名です。北九州門司港から小さな船で10分。小さな無人島に到着しました。狭い関門海峡に浮かぶこの島、正式には下関市の「船島」ですが、この決闘で佐々木小次郎が武蔵に敗れ、小次郎の別名「巌流」の名がついたとか。この決闘に勝った宮本武蔵はその後、北九州の小倉藩で過ごしています。一度行ってみたかったこの島。やっと成就しました。何を勘違いしたかわがスタッフ、ここが「鬼が島」??? 関門地区は実に刺激的な史跡のエリア。またいつの日か訪れましょう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海峡を歩いて渡れば そこは... | トップ | 北九州の隣町 水巻 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい (後藤)
2016-10-15 21:03:25
好奇心旺盛なのは良いことです。残念ながら、僕は、島の横は何度か通ったが、上陸なし。ただし、上空でアクロバットモドキの旋回を何度か体験しました。
Unknown (サンセイ)
2016-10-16 18:11:52
後藤さん、そういえば昨日の午前中、海峡の上空を数機の自衛隊ヘリが待ってました。小月基地の記念日だったのかな?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL