日々是好日に!

2015年、8年続いた乳がん治療が完了の吹雪が何気ない日々を書いてます。
41歳の彼の応援も忘れません。

父入院五日目の様子(六日目の様子も)

2017-05-14 19:49:25 | 日々
昨日は入院して初めて
孫達がお見舞いやってきた


午前中に姉夫婦が訪れ
午後からは
母を実家でひらって、夫さんと三人で
そして孫二人は電車で


姉に午前中の様子を聞いたら
元気だと
まだベルトはベッドにあるが
動いた時に抜けるタイプのナースコールは服からなくなり
代わりにベッドから降りてうえを歩いたら
詰所に伝わるマットが置かれてると

この日は父が迷惑をかけた
男性の看護師さんが担当の日で
お礼を言ったとメールにかかれていたので
私も会えたらいいなと思っていた


父の部屋は4人部屋
父は落ち着いたが
代わりに横の方が大変らしく
男性看護師さんが動き回ってると(^_^;)


病室に入ると父は横になり寝てはいなかった
直ぐに座りだし
着替えなどを片づけていると
看護師さんが

持ってきたインシュリンを渡し
迷惑をかけた事を謝り
感謝を述べた
その時の様子も教えてくれ

ベッドのまま詰所に連れて行ったりもした
そして睡眠導入剤を
どうしても飲んでくれなくて
何度も吐き出し
暴れたようだ
4人で抑えながらなんとか点滴などもしたようです
看護師さんが
「柔道されていたんですか?」
えっ???
「柔道してたから甘くみるなぁ!」的な事を父が言った様だ(◎_◎;)

殺されると思ったほどだから
何を言ってもおかしくないけれど
柔道とは(笑)

看護師さんが私達に拘束したことなどを謝まられるので
恐縮してしまいました

錯乱してる父に非があるのだから
(この場合仕方ないだろうけど)


デイルームに移動させてもらい
四人で話していると孫二人が到着

ちゃんと父は二人を認識
すっかりいつもの父のようで一安心

孫(姪っ子)たちに二日前の様子などを話し談笑
6人で楽しく会話が出来ました

ただ、昨日もかいたように
拘束された事だけは
しっかり覚えていて
恐怖の経験として記憶になったことは変わらずでした
拘束話の時だけは
また少し混乱した言葉がでるようだった

自分達ばかりが席を独占してはと父が言い
(しっかり判断もできてる(*^^)v)
部屋に戻る前に体重をはかると
順調に増えていた(^_^;)
ちゃんとご飯を食べられてるという事ですね


テレビの見方などを説明していたら
看護師さんが傷の消毒に来られ
私達がお礼を言っていると父が
「もう帰れるんか?」と

まだちょっと把握できてない部分がありそう

この日は一時間ほどで帰宅


姪っ子がお見舞いに皆で食べられるお菓子を持参してましたが
病院からの食事以外は駄目なので
そのまま持ち帰り

働きだしたばかりでも
手土産やらを持ってくる姪っ子
偉いなぁと思っちゃいましたぁ

そうそう、出血のバタバタで渡せなかったお誕生日プレゼントも持ってきていました

認知症ぎみの父は
小銭を使わずに何でも紙幣で支払う為
小銭だらけ

そんなおじいちゃんの為に
プレゼントはあえて小銭入れでした

子育てにタッチは全くしてないけれど
良い子達だなと
おばさんは嬉しい(*´▽`*)

ちなみに姪っ子たちは私を名前で呼びます(^_-)-☆



六日目の今日

私は夫さんと墓参りに和歌山に行ったこともあり
父のところには行かず
私だけ和歌山から帰宅後
病院に行っても良かったのですが

昨晩
夫さんのいびきで眠れず
そのうちいびきは収まったのですが
実家のリフォームの事を
考えだしたら眠れなくなり
(頭の中で図面的に考えても使いやすいリフォームが出来ず)
二時間ほどしか眠れなかったため
強い眠気に襲われ続け
さすがに運転できないと判断


姉の様子をメールで尋ねる

床のマットもひいてはあるけれど
繋がっていない様子で
自分達が踏んでも看護師さんは来なかったと

午前中は姉夫婦

今ちょうど、母と娘たちが行ってるよと


この様子だと退院は早いのかなぁ(*^_^*)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 父入院四日目の様子 | トップ | 父入院7日目の様子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む