散歩日和

散歩やジョギング途中の身近な自然を写真やスケッチで紹介していきます。水彩画HP(散歩ギャラリーで検索)もご覧ください。

東京大仏

2017-04-15 | 水彩画

春の気持ちの良い午前中、所要で板橋方面へ。 

途中、赤塚公園の池では太公望がいっぱい。

ここで日がなぼーっとしているのもいいかもです。

近くの板橋美術館では「絵画は告発する」となんとも

迫力ある展示会が催されていました。

池袋モンパルナス界隈に集まった画家や

板橋に暮らす画家の作品で1920、30年代に

最盛期を迎えたプロレタリアアート。迫力あります。

戦前と今の状況は似ていないか?と

考えさせられるひと時でした。

近くにある乗蓮寺(じょうれんじ)は、

浄土宗の寺院。東京大仏があることで知られています。

日本三大大仏と言われていますね。

さすがに大きいです。

桜がよくあいます。おまけで布袋様

境内にはこのような七福神の像があって

お参りするにはいいですね。

ずいぶん道草してしまいましたが、こんな寄り道は

春ならではです。

 

 

水彩画のHPもご覧ください。

http://sanpo.html.xdomain.jp/(HP)

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初春の小川

2017-03-12 | 水彩画

ここは東京都東久留米市黒目川の上流。

黒目川は東村山市、小平霊園内のさいかち窪に源を発し、

埼玉県新座市、朝霞市を流れ新河岸川へ合流します。

鷺や鴨等、水鳥が憩うとてもきれいな川です。

子供たちが水遊びできるくらい暖かな気温。

最近はあまり見ない光景なので

自分の子供の頃を思い出し、しばし見とれていました。

ザリガニがいるようですよ。

川沿いには河津桜も満開で彩りを添えています。

もう少し下流にいくと「ヒドリ鴨」のつがいが、のんびり漂っています。

ほのぼのした春の川でした。

 

 

水彩画のHPもご覧ください。

http://sanpo.html.xdomain.jp/(HP)

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

青春の古本街「神保町」

2017-02-17 | 水彩画

もうはるか昔、神田神保町で

働いていたことがありました。

所用で懐かしの街へ

のんびり昔を思い出しながら

古本屋めぐりです。

でも今のようにスポーツ店は

多くありませんでした。駿河台下、

すずらん通り、さくら通り、よく歩いたな…。

小学館と集英社は隣同士だったけど

集英社が移転してましたね。

三省堂、書泉グランデ、品揃えさすがです。

特に書泉グランデの山と自然のコーナー、感動ものです。涙涙

思わず笑みがこぼれて、欲しい山の本いっぱいありすぎ!

 

2時間ぐらい立ち読みでした。

結局買った本はこれだけ。

ちなみに下の2冊は図書館から借りている本です。

山関係ばかりですが、面白くて楽しめます。

さて次は、神保町ならではの老舗中の老舗。

古風で重厚なレンガ造りは「昭和モダン」という言葉がぴったりの、

じつに趣きのあるたたずまいの昭和24年創業の「ラドリオ」。

スペイン語でレンガを意味します。

作家や文化人に愛され続けてきた店でもあります。

ここで昔に思いを馳せゆっくりランチ(チキンカレー)。

ウィンナーコーヒーを日本で初めて出したことでも有名です。

昼はシャンソン喫茶、夜はバーになります。

またこの近所の60年以上営業を続ける、

山小屋風の喫茶「さぼうる」も昔のまま健在でした。

神保町はまさに20代を過ごした

色々な思い出が詰まった街。

すっかり変わってしまったけれど

ところどころ昔のままの場所があって、

昔の自分に 出逢えて、切なくほろ苦い

思いがなぜか心地よい散歩でした。(汗)

 

水彩画のHPもご覧ください。

http://sanpo.html.xdomain.jp/(HP)

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

上野不忍池にウミネコ?ID:fl43bf

2017-02-05 | 水彩画

美術館の帰り、

上野公園を散策、不忍池弁天堂でビックリ。

酉年ではないですが

多くの水鳥、ユリカモメに混じって

相当数のウミネコに出会ったこと。

まさかこんなところにと思ったけど、

これじゃイケネコだ(笑い)

でももう10年近く前から繁殖している模様。

ちっとも知らなかったというかよく見ていなかったなあ。

何でも上野動物園で飼っていた

ウミネコを東京湾で離した所、

故郷が懐かしくて戻ってきて繁殖した」説と、

「東日本大震災の影響で東北の繁殖地がなり、

餌の状況が変わったことで、

東京にすみかを見つけた」説も出ている。

いずれにしても、餌付けされていて悲しいものです。

桜の名所に一本、寒桜が美しく咲いていました。

そして、松で有名な清水観音堂です。

江戸時代から庶民に親しまれる名所です。

特に境内に配された月の松は、江戸時代の浮世絵師歌川広重の

「名所江戸百景」において「上野清水堂不忍ノ池」

そして「上野山内月のまつ」として描かれています。

撮影した時、ちょうど薄い月が現われ良い感じでした。

上野公園はいつも何か発見があって面白いところですね。

 

水彩画のHPもご覧ください。

http://sanpo.html.xdomain.jp/(HP)

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

 

 

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

散歩の15分スケッチ集

2017-01-20 | 水彩画

 どこかに出かける時は

いつもハガキサイズのスケッチブックと

水彩絵具セットを持ち歩いています。

描きたい衝動にかられた風景に出会たら

15分を目安にスケッチをします。

下描きなしでいきなりペン画、彩色する

という手順です。

奥多摩の標高1800m位の尾根歩きの途中のスケッチです。カラマツが美しかったです。

これは残雪の登山道。真っ白い雪に反映した木々が美しかった。

 

奥多摩、七ッ石小屋からの冬の富士山。

 

 青梅街道沿いの登山口。古い家並みが残っています。

 

これは近所の公園でくつろぐ家族の一コマをスケッチ。

 

歩いている人は絶えず動きますので、一瞬をとらえて記憶します。

 

紅葉と午後の木漏れ日が印象的な風景です。

 

 1日1枚がモットーですが、そうもいきません。

長く楽しみながら続けられればいいなと思っています。

 

 

☆水彩画のHPもご覧ください。

http://sanpo.html.xdomain.jp/(HP)

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

年の瀬に思うこと

2016-12-26 | 水彩画

休日の楽しみ、散歩ジョギングでのこと。

変なネーミングですが自然観察を兼ねて

身近な自然と季節の変化を肌で感じ取れるように

ゆっくりゆっくり、歩を進めます。

小さな畑にはもうシソ科の“仏の座”が薄紫の可愛い花を咲かせています。

早春の花なのですが、気が早いですね。

池や沼などの浅い水中に群生して生える蒲(ガマ)。

夏から秋にかけて、茶色の花穂が目立ち 

”ソーセージ”のように見える花穂です。

冬になるとこの花穂の中から綿毛がブワーッと出てきて

飛散して陽に輝いてきれいです。

写真ではよく見えませんが、風にのってあちこちに

飛んでいきます。

よく見るとタンポポの種子に似ています。

川沿いには鮮やかなボケの花がにぎやかに咲き誇っています。

植物たちは敏感に地球の変化を感じ、

何億年とその生態系を保ってきました。

植物や海洋が二酸化炭素の上昇をどこまで

取り込む能力があるか現在わからないそうです。

世界の平均気温は毎年上がり続けています。

人間の消費が地球を壊していく。

こんなフレーズを何度も目にしました。

小さな子供たちの歓声が聞こえます。

この子たちの未来を考えることが大人の責任

という、いとも簡単な答えが自然と頭に浮かびます。

地球も呼吸をしているように感じます。

未来に対して明るい希望が持てるような

新年でありますように。

 ☆水彩画のHPもご覧ください。

http://members3.jcom.home.ne.jp/0373482502/index.html(HP)

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初冬の散歩道

2016-12-05 | 水彩画

自宅は都境にあるので

練馬区の稲荷山公園や光が丘公園は

近所です。稲荷山公園のイチョウの群落は

はっとするほど黄色が輝いて

きれいでした。

体育館に垂れ幕が。

恒例のハーフマラソン3回目、来年の3月に走ります。

そして、光が丘の四季の香り公園の

メタセコイアの紅葉、赤褐色の色も

美しいです。

「生きた化石」という珍しさから街路樹に

植えられているようです。

ローズガーデン多種のバラの香りを

楽しめます。

今は、クリスマスの装いで

夜はライトアップされています。

 

たまには近所の散歩も発見が

あってもいいものです。

 

☆水彩画のHPもご覧ください。

http://members3.jcom.home.ne.jp/0373482502/index.html(HP)

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 

 

フルーツメール

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマティックな雲海の流れ

2016-11-23 | 水彩画

標高約1600mの奥多摩の山小屋からの風景。

早朝からの雨上がりの午後、絶え間なくガスが流れ、

山々の風景は刻一刻と変化し、まるで海に

浮かぶ島々のように錯覚します。

翌日の日の出は、一日の晴天を祝福するかの

ように神々しく輝き、富士も威風堂々と

凛とした空気の中、美しい姿を見せました。

同じ風景は二度となく、飽きさせません。

これからの冬は山々がよく見渡せる

季節になりますね。

 

 

☆水彩画のHPもご覧ください。

http://members3.jcom.home.ne.jp/0373482502/index.html(HP)

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 

 

フルーツメール

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なぜか寂しい、秋の大収穫の恵み

2016-11-08 | 水彩画

 一年に何度もないようなさわやかな秋日和、

稲架掛け(はさかけ)した稲を脱穀しました。

稲と籾とを分別する脱穀機、便利です。

約1反の田んぼを1時間半くらいで30キロ入り

米袋に19袋できました。たぶん玄米から精米

していくと300キロあるのかなあ?

5俵(1俵:60キロ)ですね。

お米の一人当たりの年間消費量が

約61キロと聞いています。

ということは5人家族がぎりぎり

1年間暮らせますね。

無農薬の田んぼのお米ですから安心です。

刈り取った後はさっぱり、

藁も大量にあり、いろいろ利用できます。

秋の夕日が注ぎ、なぜか寂しそうです。

来年は和光市に残る田んぼはここだけになりそうだし、

ますます貴重な、残したい風景の一つですね。

 

 ☆水彩画のHPもご覧ください。

http://members3.jcom.home.ne.jp/0373482502/index.html(HP)

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋日和そして収穫の秋

2016-10-15 | 水彩画

久し振りの秋らしいさわやかな一日

まずは午前中、和光の川まつり準備のお手伝いに、

ここの川は地元の方達の長年の尽力により

きれいな川に生まれ変わり、今日も形の良いアユが

何匹も捕れました。

子供たちの川をテーマに描いた絵が素晴らしい!

その後、和光の田んぼで稲刈り、

黄金色に輝いた頭を垂れた稲穂が美しい。

昼食は家で作ってきた豚汁をふるまいました。

割と好評で完食。

よく切れる鎌でサックサックと刈っていく

感触が心地良いです。

稲架掛けをして稲を干していきます。

こうするとお米がよりおいしくなるんです。

夕方近くまで頑張りました。しかしきつい作業です。

今日はここまで、残りはまた明日。

お疲れ様でしたあー。

 

☆水彩画のHPもご覧ください。

http://members3.jcom.home.ne.jp/0373482502/index.html(HP)

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 季節・四季へ
にほんブログ村

 

にほんブログ村 美術ブログ 水彩画へ

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加