山好き!sanpoくんのブログ

スキーの基礎体力運動のつもりで始めた山歩きと軽ジョグが、いつのまにかマラソンにも挑戦中!

雌阿寒岳~阿寒富士~オンネトー

2017-07-17 23:25:59 | 道東

2017年07月15日(

 

一週間後は、士別ハーフマラソンがあるのでその辺ちょろちょろ
走っていても良いのですが~(^^)、

せっかくの三連休なのでもったいな~い!

と・・・、いうことで一泊旅行を兼ねて(道東)雌阿寒岳に行くことにしました。

 

7年前←(ポチットな)にひとりで登っていますがあの時は早歩きだったので、
今回は家内と二人でゆっくりと歩く計画です。

 

3時過ぎに旭川を離れて<雌阿寒岳>登山口、『国民宿舎・野中温泉』のある
駐車場に向かいました。


天気は良し、快晴です。 しかもかなり暑くなりそう。

 


6:38 公共駐車場に着きました~。


奥まで移動、 まだ空いているので楽勝で停められます。

さあ、準備・準備。

 

 

***** コースタイム *****

 7:14 登山口 開始~
     
 9:40 雌阿寒岳 山頂 <2時間26分経過> (小休憩)  9:59 ~移動

10:29 下分岐
      
11:09 阿寒富士 山頂 <3時間55分経過> (小休憩) 11:29 ~移動

13:44 オンネトー 登山口

14:53 駐車場 着    <全行程 7時間39分>


*****************************************





登山道入り口までちょっと戻ります。

 


7:14 登山口 開始~

 


sanpoくんもゆっくり行きましょ~

 


眺めいい~、

 


四合目辺りで元気なハイマツをちょっとくぐるながら・・・、 
(ここで小事件、小枝が左眼球にダイレクトヒットでチト負傷!) 

 


六合目辺りを過ぎると岩場が多くなり~、前を歩く人が見えてます。

 


頂上はもうちょっと

 

たまに後ろも振り返り~


「温泉街方面」と<雄阿寒岳>

 


<赤沼> 登りきる前に撮らないと頂上着いたら見えない! (7年前見ていなかった。)

 


9:40 『雌阿寒岳』頂上  はい、本日の第一目標着きました(^^)

 


さあ、次の『阿寒富士』 の~んびり歩きます。 

 


登山客も一杯いてにぎやかで安心登山です。

 


小石で滑りやすいので気を付けてと・・・、

 


『阿寒富士』 開始しま~す。

 


固い足場は全然なく上までほとんどがこの砂砂利の様な感じで登りが辛かった分帰りは楽チンでした。


40分かけて登ってきました~

後は下るだけなので、ゆっくり休んで最後の記念写真


パチリッ! 「眺めがいいぞ~い(^^)。」

 


下山開始~  後は遠くに見える『オンネトー』からsanpo号の置いてある駐車場まで。

 


下分岐まで下りてきました。 撮りながらゆっくり歩きます。

 


第三目標の『オンネトー』も見えます~。

 


登山口までは木陰なので大変助かりました。

 


木道が見えたらもう登山口は直ぐそこ!

 


13:44 着いた~  


でも気温が30℃越えてるっぽいのに雌阿寒岳の駐車場までまだ3km歩きます。 

 


この奥のキャンプ地を回りこんでオンネトーの淵を800m歩いて分岐から右に進路をとると帰れます。


『オンネトー』静かでキャンプには良いです。


美瑛の『青池』の様にもう少し青ければ・・・でも、キャンプ地もあり十分ひけを取らないくらい綺麗です!


さて、ここからsanpo号の置いてある駐車場まで帰るのですが・・・、1.6kmじゃないです!
後から確認すると、登山口の全体地図には2.2kmと書いてありました。

オンネトーから+800mですから結果 駐車場まで3kmある計算です。

最後の体力使い方があるので結果歩いていつまでも着かない・・・?前回も思ったのですが
GPSをもって見ると1.6kmではなく確実に2km以上をカウントしています。


家内は、ここまで元気だったのに最後のこの距離感の違いと暑さに負けて
バテバテのグロッキーで何とか戻ってこれました。(歩けてヨカッタ~!)

 

とか言いながらも後から写真を見たりすると景色も良かったですし、

「本当に楽しかった~!」と思える記憶に残る登山ウォークになるのでした。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 登山口(往復) 旭岳~間宮... | トップ | 第31回サフォークランド士別ハーフマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

道東」カテゴリの最新記事