通過列車

短歌詠みのblogです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

044:ペット(砂乃)

2010年03月23日 | 題詠blog2010
ピペットの先を咥えたまま「フキ」と言ったあなたにまばたき返す
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 043:剥 (砂乃) | トップ | 045:群(砂乃) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
題詠2010選歌(041:鉛 ~ 050:虹) (Always Walking with Yu)
041:鉛(白田にこ) (さようなら) 片足の鉛の兵隊抱きながら恋に落ちたいと口ずさむきみ 042:学者(わたつみいさな) (あした、たとえば雨でいいから) 哲学者みたいな理屈で諭されてイカれてるのは僕だけ...