腱鞘炎日記

腱鞘炎生活もいつの間にか22年目!!
のんびりと付き合っていきます。

ギターを10台減らしておフランスのギターを1台手に入れました。

2017-04-21 23:30:51 | ギター
なんて表題にすると「とうとう地獄へ落ちたのか??」と思われるかもしれませんが。。。。


当たり前ですがブーシェは買っていません。



ギターが増えすぎて収拾がつかないのです。

ブーシェ弾いてショック受けている場合では無い。。。


今年に入ってからヤ〇オクで2台も落札しちゃったしねえ。
トータルの台数をもう少し減らさないと弾かないギターが増える一方です。
台数が減れば休みの日に色々なギターを弾いて楽しむ余裕も出来ると思います。
だいたいギターが多すぎて部屋が狭いじゃーないかあ!!!!(←これは嘘です。)

そんな訳で頑張ってギターを減らしてみる事にしました。

ヤ〇オクに色々とギターを出品してみました。。
高いお金出して買って直したギターが二束三文で落札されていくうううううううううううううう!!!
こりは絶望感しかないなあ。


高いの安いの取り混ぜてギターを9台ヤ〇オクで処分です。
修理に掛けた分を考えなければトータルで購入費用の半分弱は回収出来ました。
それなりのお金が出来たぞ!!
こんなお金は楽器屋さんへ行ってサクサクっと使ってしまいましょう。(←せっかく減らしたのに何やってるの??)

大丈夫です。
下取り用のギターも1台持って楽器屋さんへ行って来ますから。
1台買っても9台減った事に変わりはありません。


そしてこんな物が家にやってきたあ!!!



なんだか見覚えのあるケースだぞ????
実ははこのケースは

2007年5月30日の記事
「トルナボス入りヌニェスの方ですが、、、」
この記事の写真のケースです、
10年前にお知り合いのために個人輸入したヌニェスに付けたアランフェスケースなのです。
めぐりめぐってケースだけ私の元へ帰って来ました。
こんな事ってあるんですねえ。


中味はヌニェスではありません。
こんなギターです。
「月と太陽」と名付けられたフランスのギターです。




美しいヘッドですなあ。。。。





全体像はこんな感じです。
ややモサっとした印象です。





裏板は普通にローズウッド





ブリッジもオサレな埋め木が施されています。




バーフリングも美しい




口輪も美しいけどラベルが楓のプレートなのがひたすらオサレなのです。



2002年製のジャン・マリー・フィヨールです。
おフランスのギターです。
新構造(ニューコンセプト)ギターです。
モデルはLS5
LはLuna(月)でSはSoleil(太陽)
モデル名までオサレなギターなのです。


見た目はおフランスらしいコジャレたギターですが、性格はパワフルで太く鈍くておおらかなギターです。
音色はかなり個性的ですが意外とクラシカルです。
新構造(ニューコンセプト)ギターらしい大味の楽器で、名器と言われるギターの様な神経質さがまったく無くて弾きやすいのです。
弦の張りはかなり強いギターなのにほとんどジストニアの症状が出ません。

実は最近の指の好調はこのギターを神保町の楽器屋さんで試奏した時から始まっているのです。
名器では無くこれ位のギターの方が自分の身の丈に合っていて良いのです。


そして今日のお昼ご飯

鹿島田のジャンゴへスリランカカレーを食べに行ったら満席で入れない。
仕方が無いのでお向かいの串カツ屋さんでランチカレーです。



カツカレーです。
普通です。
凄く普通です。
食べ終わった瞬間にもうどんな味だったか思い出せない位普通のカレーだった。
席が空くのを待ってジャンゴでカレーを食べれば良かったかなあ。。。。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブーシェショックから少し回... | トップ | 空回りしています。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ブチャラティ)
2017-04-22 02:52:14
ひえ~!また結構なお値段の楽器が嫁入りですね。
某店のHPを見ると、
随分と変わった構造のギターのようですね。
指の調子が良いとの事で何よりです。
ずっとこの調子が続く事をお祈り申し上げます。
しかし、手放した楽器の中に実は、呪いの楽器があったりして。まさか、そんな事はないでしょうが。古い道具には、
つくも神が宿るなんて言いますから。と、冗談はさておき、
私はタッチに敏感で繊細な楽器が大好きです。鈍いのは苦手かもしれません。音が重いのも苦手です。
音は柔らかく軽やかな方が好みで、ケヴィンは良い練習用の楽器になっています。張りも弱めですね。
コーンと突きぬける様な高音がメチャクチャ気持ちよいですが、この楽器は力任せに弾いても全然ダメで、力を抜いて響かせるように弾くと、美しく鳴り響きます。
ホールで遠くまで届くのかどうかはわかりません。
私の軟弱なタッチではおそらく届かないでしょう。
楽器の重さは1300グラムを切っていると思います。

楽器との相性って本当に大切だと思います。
良い楽器に巡り合えて良かったですね。
軽いギターは (サンチョ)
2017-04-24 05:00:45
良いですよねえ。

ブチャラティさんどーもです。

フィヨールは楽器も重たいです。
持ち運びで腰痛が出そうな重さです。

ケヴィンは昔から好きなギターでフィヨールと同価格帯の中古もあったりしてちょっと考えました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。