フォト散歩

ウォーキング、ハイキングによく出かけます。写真は撮るのもみるのも大好きです。よろしくお願いします。

倉敷美観地区を歩く

2016年10月15日 | 旅行
久々に遠くへ旅行に行ってきました。瀬戸内国際芸術祭で賑わう直島と倉敷、尾道の3泊4日の旅です。あまりにも有名な観光地ですが、一度は行っておきたい場所ですよね。JR倉敷駅から歩いて10分くらいの倉敷美観地区には、江戸時代から明治時代を主とし一部昭和初期にかけての町並みが残っています。町並みのたたずまいはとても美しいですね。



倉敷駅


美観地区入口


倉敷物語館


考古館








観光案内所








アイビースクエア。赤レンガと蔦が印象的な建物です。江戸幕府の代官所跡に倉敷紡績工場が建設され、1973年(昭和48年)に改修されて現在の観光地になったそうです。 





鶴形山にあるお寺 観龍寺。



鶴形山公園内・阿智神社。髄神門と石段



大橋家住宅 長屋門がある倉敷の代表的な町家の一つ



素敵なカフェや雑貨屋がありブラブラ散歩も楽しかったです。時間があれば鶴形山公園まで行くことをお勧めします。今回の宿は早島にあるゲストハウス「いぐさ」です。一度泊まってみたかったのでゲストハウスにしました。山陽本線、宇野線と乗り継いで早島に着いたのは18時。閑散とした駅前はちょっと寂しかった。駅から10分です。
続く

『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 文化財見学と霞川のんびりハ... | トップ | 尾道を散歩 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL