フォト散歩

ハイキング、ウォーキングを楽しんでいるサンカヨウです。
よろしくお願いいたします。

東海道を歩く・岡崎宿

2017年03月15日 | 東海道を歩く
藤川宿を後にして、黒松の松並木を抜け東海道の旅は続きます。



コンビニはたまに見かけますが、食事をするところはなかなかありません。国道1号から坂下橋の手前でY字路を左に行きます。信号の所で散歩中の地元の人に声をかけられました。おしゃべりついでに食事処を聞いてみたら、「目の前の中華屋さんが美味しいよ」と教えられ入ってみることに。

三国志です。お昼時とあってすごい混雑。待つこと15分。



熱々のエビチリチャーハンはまいう~でした。


お店を出たのは13時20分。道は乙川の堤防に突き当たるので右に迂回、国道1号の大平橋を渡ります。


大岡越前守陣屋跡・名奉行・大岡越前守忠相は寛延元年(1748)西大平藩一万石の大名となりました。



道標・右側「東海道」左側「つくて道」


東光寺


大平一里塚・幕命により領主である本田重次の子・成重が築きました。


隣に立つ秋葉山常夜燈。脇には南無子安地蔵と馬頭観音が祀られてます。



看板どおり三つのガードをくぐります。



法光寺


筋違い橋を渡ると右へ斜めに入ります。岡崎二十七曲がりの解説板があります。ここからが岡崎宿です。岡崎は家康の居城であった岡崎城の城下町として栄えました。宿場内の街道は、城下町らしい二十七曲がりが残ってます。道標がしっかりあるので迷わずに行けます。本陣3軒、旅籠112軒、人口6494人。14時33分





根石原観音堂・悪病を退治した行基作の聖観音菩薩が安置されてます。



両町から伝馬町あたりが宿場の中心地です。


生花店が東本陣跡です。わからなくて人に聞きました。


岡崎へ来たら食べようと思っていたのが、岡崎名物の「あわ雪」です。
伝馬町にある備前屋でいただきました。15時



お豆腐のように柔らかく甘くマシュマロのような感じで美味しいです。



しばし休憩の後伝馬通りの可愛い石碑の写真を撮ってみました。







『ウォーキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東海道を歩く・名電長沢駅~... | トップ | 岡崎宿 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL