木の店さんもく

日々の業務日記

杉のダイニングテーブル

2016年05月21日 07時43分20秒 | 無垢のテーブル・創作家具

こんにちは。


 


ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


 








さあ、今日はこれから

小学校の運動会!




体に優しそうな天気も良し!






塗装したての杉テーブル







二枚の板をあわせて作ったのでこんな感じです

















いろんな木を扱ってるので、貫きに珍しいモノを使いましょう







茶室や数寄屋建築でつかわれる、ひのき錆丸太

















興味あるかた、お問合せはお気軽にーーー




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

錆丸太

2016年05月16日 05時53分51秒 | 木とセンスたっぷりのこだわり住宅

こんにちは。


 


ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


 








五月

こちらの地域では田植え真っ盛り




運動会!



場所取り!




日焼けで顔ヒリヒリならないようにお気をつけください








リュクスさん

新築完成おめでとうございますー!





玄関



床は

クリの古色仕上げフローリング














リビングダイニング




天井の木組みがお洒落でイイですねーー






床の間座敷



床柱は切り柱にしています

床柱:ひのき錆丸太


錆丸太は本来、原木を伐採しないシーズン(昔から原木の伐採は「彼岸から彼岸まで」といわれ、冬期間に伐採された木材を良しとされてきました)

特にこれからの梅雨時期に


あえて伐採して木が水をたくさん含んだ状態で皮をむくと

カビは生えて


それが紋様になるのです。


数寄屋材です

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

褒められるとうれしい

2016年05月06日 06時03分06秒 | 日記

こんにちは。


 


ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


 







今月の指針

私の母、さんもく母作





褒められるとうれしいし、その人が好きになる




人を褒められるような心の広い人間になりたいですね







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神代欅(けやき)

2016年04月26日 07時23分00秒 | 木とセンスたっぷりのこだわり住宅

こんにちは。


 


ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


 









小野寺工務店さん、新築完成おめでとうございます






玄関天井は秋田杉の根杢を鏡板に使った格天井









床は国産ひのき無節フローリング










玄関敷台はさくら








縁側 








床の間座敷 竿縁天井 長さ12尺(3.6m)×1.5尺巾(45儷)の杉一枚板の天井板








床の間 床柱:栓(セン) 床框:神代けやき 落掛け:タモ










床框には埋もれ木の神代けやき









このケヤキは大昔(はっきりいってどれくらいかわかりません・・・)に立っている状態で

なんらかの理由(火山による土砂崩れ、たんなる土砂崩れ、洪水など)で埋まってしまったケヤキです。





何百年とか何千年とか何万年?もの間土の中(または水中)に埋まっていて、空気が無いので腐る事なく

木の色が変色するほどに変化したケヤキです。



宇宙的な規模の


大根の漬物



といったところでしょうか・・・・


すごーく壮大ですねー





そんでもって


遺跡と同じように発見も偶然だったりします。



なんせ土の中にずっとですからねー



山を切り崩す道路工事や宅地造成工事などで発見されて

市場にでまわってきます。



ケヤキに限らずいろんな樹種が発見されます。



岩手県や東北だと

神代杉・神代たも・神代ニレ・神代クリですかねー


おそらくまだまだあるでしょうねー






といった肩書のあるケヤキを框に使ったんですねー








床の間書院







桐の葉紋様の書院障子









杉の天井板











茶の間 







飾り柱にはウェンジタガヤ








建具には、座敷の杉天井板と共木の腰板











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

栗の板材 オスモ塗装

2016年04月06日 16時16分27秒 | 無垢材・板材

こんにちは。


 


ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


 










3年ほど前に


原木を製材して取れた板材



天然乾燥(とりあえずただ置いておくだけ・・・)して


使えそうな所まできた板もチラホラでてきました。





な、何の木ですか?・・・・





もはや一見して樹種の判別も難しいほど、変色してます・・


そうなりますよね・・・


直接雨に濡れないところに保管してても、こうなります・・・










そんでもって

乾燥してた間には反ったり、割れたりする板も

当然でてきます。









板の反りは、削る事によって平らにすることはできます。


で、あらかじめ反ることは分かっているので、


原木製材から板を取るときに削る分の事を考えて厚めに挽くので
(予想を大幅に上回るほど動いて反る木もあるから怖い・・・)




両面削って平らにして、植物油のオスモカラーで塗装


















どうです?








見違えるほど素敵なカウンター板になりましたーー


コメント
この記事をはてなブックマークに追加