きままなたぐりぶろ(日記)

ピンときたネタ・イベント(IT、旅行、日常etc)があれば書いていこうと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドラマ「僕たちの戦争」を見た

2006年09月18日 18時46分28秒 | テレビ&映画
9/18日曜のTBSで放送していたドラマ「僕たちの戦争」を見た。
現代と戦時中の日本を描いた作品は昔からたくさんあるが、
今作品は両時代に生きた若者が互いの時代に入れ替わりでタイムスリップして
しまう話。

お話は興味深いもので、登場人物の係わり合いも面白くてよかった。
唯一の不満が、
・CG使うのはいいけどリアリティを出してほしい(機体とかピカピカすぎでは…)

で、見てない方もいらっしゃると思うので簡単に書きますが、話の最後。
いったいどっちが帰ってきたの!?

というわけで気になって原作本を見た。
・・・なるほど、まんまだ。はい、あとは想像ですませましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 会津旅行その3 | トップ | DSLite購入&お料理ナビで初... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
僕たちの戦争 (みくのblog)
僕たちの戦争『僕たちの戦争』 (ぼくたちのせんそう) は2004年に双葉社から刊行された荻原浩の小説。および同小説を基に製作されたテレビドラマならびにラジオドラマ。概要2001年9月12日の日本、サーフィンをしていたフリーターの健太は大波に飲み込ま...