酒の三幸

閉店後もこれまで温かく支えてくださったお客様と繋がる場所として、ブログを継続させて頂きます。その後の生活やワイン情報等。

片岡鶴太郎展「還暦紅」☆

2017-06-30 16:44:49 | つぶやき

月1回のお楽しみ、妹と芸術鑑賞、今回は上野の森美術館で7/2日(日)まで開催されている片岡鶴太郎展を観に行ってきました。

 

今までもTVを通して、作品を拝見しておりましたが、やはり生は、迫力があって刺激的でした~

絵画では、描く対象は、金魚、カマキリ、カエル、猫、人間、仏像、山、湖、木々、花、野菜、果物、魚、江戸前寿司など様々、

小品から大作まで、また布や着物に描いたものもありました。鶴太郎さんの興味の幅の広さがうかがえます。

印象に残ったのは、桜の木の花々の合間に見える枝の描き方、様々な色が重なり合って美しくまた存在感もあり、この枝あっての美しい花々達と、表に出る自然美と裏で支える自然美の融合を感じました。

輪郭をはっきり描かない動物画の優しく柔らかいタッチにもまた、鶴太郎さんのやさしいお人柄がうかがえました。

 

パンダの絵は、赤ちゃんの誕生後に会場内の壁に新たに描いてくださった作品です。

いかがですか? 見ていてほっこりしてきますよねぇ。。。

その他に、絵画的要素を取り入れた書もありました。墨の濃淡、筆の払いに思いが込められているのが感じられます。

さらに感動したのは、彼の生き方、

お笑い芸人、ボクサー、書道家、画家、インドヨガ・インストラクター等、様々な顔を持ち、ご活躍されている鶴太郎さん、

絵ひとつとっても、絵を描きはじめたのは、「椿が描きたかったから。。。」というのが動機、

全ての分野、おそらくはちょっとした動機がきっかけで、でもやりだしたら楽しくて面白くて、それにトコトンやるストイックさが加わり、今の多面体・鶴太郎さんが出来上がったような、

やりたいからやった、面白いかから続けてきたら、いつの間に。。。

そこには、他人の目を気にするような不安やためらいなど微塵も感じられません。

自分の気持ちに正直に、思いのままに、行動しトコトンやり抜く姿が全て作品に反映されているのを感じます。

素敵です

私は?というと、やりたいことがあっても、行動に移す勇気よりためらいや不安が大きくなってブレーキをかけることしばしばで。。。

老いは着実にやってくるのに、止まっている場合ではありませんよね、己のキャパシティの小ささを気づかせてくれた機会でもありました。

今までの「こうあらねば、」みたいな囲いを取っ払って、もっと自由にシンプルに自然体になれるようなライフスタイルに切り替えたら、自ずとほんとうにやりたいことも見えてくる感じがします。

楽に楽に、あまりこねくりまわさず、単細胞で生きていきたいです。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第34回三幸ワイン会のご案内... | トップ | 第34回三幸ワイン会のご報告☆ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

つぶやき」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。