三筋北陸・ワインダー(糸捲き機)の専門機料店

繊維産業のウラ話に迫る、メンテナンスのお気楽日記。

メンテお気楽日記 6月19日 8吋紙管用・卓上ワインダー?

2017-06-19 | メンテナンスお気楽日記
「卓上ワインダー」の問い合わせでした。現在、三筋マキーナタイプの中古整備機が一台あります。
巻き形状の確認をとれば、客先仕様に合わせて、即納できる状態でした。

ところが、話がかみ合いません「3°30′と思うけど、紙管の長さが22センチです。」「・・・?」
電話連絡の怖さは、お互いの思い込みで想像します。自分は6吋紙管しか頭にありませんでした。

客先にすれば、自社使用紙管が8吋ばかり?なら、それが、平均的紙管と思い込んでしまう。
ニッターからの問い合わせも、ワキシング装置が当然のように、中古ワインダーに付いていると思っている。


「染工所からの糸は、角の丸いパイナップ巻きの糸ですか?それならシュワイダー機仕上げの給糸糸です。
その紙管を使って、分割したいとなれば、多分、8吋の3°51′のサイズと思われます。」


「エエ、出来ますョ」と言ったものの、8吋の卓上ワインダーは一台しか改造?していない。この時も
6吋紙管で納品したら、客先が出して来たのは8吋紙管。さいわい圓井タイプだったので、8吋ドラムと
8吋用クレドールを交換して、綾幅を広げただけ。トラバース距離が気になったが、問題はなかった?。


今回も、8吋ドラムと8吋クレドールの中古在庫は持っている。軽く返事はしたものの、問題はフレーム。
三筋フレームを使うとなれば、卓上ワインダーとは言い難い。それなりのサイズにはなってしまう。

只、8吋仕様となれば、巻き径も、それ相当の大きさにはなる。モーターも200Vで良いとの事。
勝手に客先工場を想像して、機台を組みます。嫁ぎ先も解らぬまま、送り出すブラジル花嫁の親の心境?


特殊糸?の場合は「巻けますか?」から始まるが、正直なところ糸も見ないで返事も出来ない。
見本糸一本でもあれば、試験機でテスト巻きをして、対策をアドバイスできる。しかし、この場合も6吋
テスト機なので、8吋巻きとなると対応できない。8吋機はあくまでも、産業機仕様の機械です。

シュワイダー機のコニカルトラバースで巻ける糸が、ドラムトラバースで巻けない場合もあります。
(モノ)フィラメント糸やテープ糸の場合は、最初からお断りしたい糸でもある。
ドラムワインダーの単純・高速・静か等は魅力でもあるが、何でも巻ける訳でもないのです。

今回の希望は、整経または給糸の条件を統一したいとの要望だと思います。それは正解です。
しかし、それには村田なら12錘、石川なら8錘8錘の16錘。とても大掛かりな分割機となります。

でも、一錘は小さ過ぎませんか?それとも他の使用目的があるのかナ。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メンテお気楽日記 6月15... | トップ | メンテお気楽日記 6月23... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

メンテナンスお気楽日記」カテゴリの最新記事