三筋北陸・ワインダー(糸捲き機)の専門機料店

繊維産業のウラ話に迫る、メンテナンスのお気楽日記。

メンテお気楽日記 2月19日 0、5ミリのガタ

2018-02-19 | メンテナンスお気楽日記
携帯電話のバイブレーションは、マイクロモーターに取り付けられた、小さな偏芯プーリーが回って
機器を振動させます。その事は、機械から発生する不快な振動(音)と、原理は同じです。

モータープーリーの穴あけ加工は、ボール盤があれば簡単そうに思えますが、素人加工では必ず?
不良ブレが発生します。見た目には良かれと思っても、一分間1,700回転では誤魔化しきれません。
やはり、プーリー加工など回転部品は、鉄工所の旋盤加工にお任せします。


三筋ワインダーのクレドール(紙管支え)もベアリングケースの鋳もの穴が大きくなれば、修理の手間を
考えれば対応出来ません。そこで、他社の燃台部品を改造して、使用出来る様、考えました。

当初は、市販のベアリングが使用できる事や、ジスク(紙管押さえ)もベアリング外径が津田駒・村田・片岡
製ジスクと同じため、各社の量産製品で対応できるなど、良い点ばかりが目立っていました。

一番のおすすめは、ジスク外れが無く「仕事が早くなる」と女工さんさんからの評判が、後押ししてくれました。

調子にのって、3°30′仕様のクレドールも作りましたが、テーパー接圧がジスクの減りを早めます。
燃台では、せいぜい100~200回転の部品を、合繊仕様なら1,400回転等で仕事をする事になります。
「樹脂製を金属削り出しに出来ないか?」との話もありましたが、製造費で躊躇しています。


チーズ紙管ならば、そうとう高速回転でも対応できる事は解りましたが、その事が「落とし穴」になりました。

72錘分の注文を受け、製作・納品しました。ところが、すぐに「うるさくて、仕事にならない」との連絡。
すぐに現場に入り確認しましたが、確かにクレドールというかスターチングレバーがガタガタ揺れています。

見た目では判断出来なかったが、紙管を揺すってみると、多少の?ズレを感じます。紙管内径とジスクサイズが
合っていないと言うことです。中古部品として世話して頂いた機料店も、当然58㍉として納品しています。

話していくと、紙管厚さによって、メーカーから57,5㍉での納品もあったとの事でした。
中古部品として、ある程度の分類はしてあるが、0,5㍉の差なんて、見た目では判断できない。


今日の注文は15錘分でしたが、納品前に紙管見本を送ってもらい、一個一個ジスク確認をしたうえでの製作と
なります。失敗したからこそ、知識となり知恵がつく。たかが1㍉0,5㍉それが技術の差となる。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンテお気楽日記 2月15日 企業化と見積書事情

2018-02-16 | メンテナンスお気楽日記
                          問い合わせばかり?の卓上ワインダー

「いくらで出来る?」「○○かな?」「じゃ、すぐ持って来い」これが、撚糸屋さんとの商談でした。
家内工業と言わないまでも、おやじ(社長)が即決指示を出していました。

ところが、いつの頃からか、見積書提出が当然の取引となった。まず、話があれば、見積書を作る。
提出しても、返答は1~2週間。長い時は一か月以上かかって返事が来る。

数のあるモノや、右から左に世話出来るモノならいいが、各店に残る?在庫情報や中古機台の情報は
その場限り、言ってみれば「早い者勝ち」です。今日あるモノが明日あるとは限らない。

新たに製作して欲しいと言われても、旧価格で納品できないのが、現状です。製作数の問題です。
それ以上に「製造中止」の部品も多々あります。欲しくても、無いモノ、作れないのも現状です。


ホームセンターにしろ大型量販店にしろ、目の前にある商品を選んで買うのが当然の?商い世相。
店で予約(値切り交渉し?)し家に帰って、家族会議のあと、改めて買いに行く様なものです。
「企業購入」とはそんなものと理解しつつも、「売れるだろう」の取り置きは厳しいものがある。


「合い見積もり」って解ってしまう事例もある。二軒あるいは三軒の機料店から、同じ仕様の機台の
見積もり依頼が同時期に入ってきます。せっせと見積書は起こしますが、まさか、選択する訳にもいか
ないので、宛先だけを変更した見積書を送ります。

結果が出たとしても、あまり喜んでもいられない。決まった機料店の儲けが一番薄かったという事です。
ワインダー機械としては、一番安く売られたという事でもある。機械の価値も下がっていきます。

部品企業の営業さんの話によると「問い合わせの半分以上が消えていく、見積書なんて書きたくないが
書かなければ、話が進まない」なんて。要は少しでも安いところを探しているということです。

キツイ言葉で言えば「出入り業者を信用していない」もう「出入り業者」自体、死語かもしれません。
安ければ、他業者でも、量販店でも、ネットでも良いのです。(ネット購入については次回に)

只、気掛かりなのは、あくまでも自分で選ばなければならないということです。
相談する。自分の仕事仕様や希望は、相手に伝わってはいません。モノの価格でしかないのです。


「○○さんの好きな、イイ魚が入ったョ」これが、商店街の鮮魚店のおやじの呼び込みでした。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンテお気楽日記 2月10日 手描き配線図

2018-02-10 | メンテナンスお気楽日記
以前から取引のある、遠方の顧客から「ブログに写っている配線図を教えて欲しい」との連絡がありました。

別に、出し惜しみする訳でもないが、自分の配線図は「配線スケッチ」でしかない。電気工学を学んだ人には
「マンガ」としか映らない。何やら難しい配線記号や数字の意味は、まったく理解していない。

只、マグネットスィッチやコンセントの端子がここにあり、そこからどこへ繋げば、どう電気が流れて、
どんな働きをするのか?それを、ただ忘れないように、自分が解るよう書き残してあるだけです。

電気屋さんの配線を、マネする為に書き写し、それを自分で作ってみる。それの繰り返しでしかないのです。
別にアレやコレと、目新しい仕事をする訳でもないので、大体は同じ機器、同じ装置の製作となります。


「出し惜しみ」については、まったく抵抗がありません。おやじがツインタイマーTDA・TDVを使って
リボンブレーカー(オニ綾)防止装置を考えた時、東芝から「なぜ?何十台も注文するのか」視察に来ました。

その時、おやじは「特許を取ってしまえば、撚糸屋に普及しない」と断りました。部品さえ揃えば、各地の
電気工事屋さんなら、簡単に作ることが出来ます。その事が、女工さん一人当たりのワインダー数が増え、
生産高の向上、しいては、ワインダーの販売数にも寄与した経過があります。

自分が工業高校の機械科を出て、京都・神戸で広告を学び、金沢・富山を経て、おやじの仕事を継ぎました。
機械は、おもちゃの分解が得意だったので?抵抗はなかったが、メンテナンスは電気事故が多かった。

電気科にも友達は多かったが、技術を学ぶ気はサラサラ無かった。そんな訳で、電気を学ぶには、絵を描いて
マネするしかなかった。只、良かったのはプレゼンにしろ配線図にしろ、素人目には理解し易いとの事だった。


マグネットスィッチの交換(寿命は約3年)に始まり、操作音が近所からクレームが来る世相?になれば
無接点リボンブレーカーを学びました。これも電気配線図ではなく、マンガとしての模索でしかない。

インバーターやモーターの技術。色んな先輩に教えてもらい、マネをしながら仕事をしてきました。
「知らない事は、人に聞く」そんな、お気楽対応だったが、フッと後を見ると、先生がいません。あの世~。

今度は「教える立場」とはおこがましいが、知ってる事はドンドン伝えていきます。
10歩進むための、3歩4歩のお手伝いには成ると思っています。それこそ、お気軽に。

只、知らない事も多いので、その時は、各自で先生を探して下さい。人に聞くから仕事がオモシロく成る。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンテお気楽日記 2月9日 雪の降る日は・・・電気屋さん

2018-02-10 | メンテナンスお気楽日記
すごい積雪となりました。1m越しの積雪は何十年かぶりの事、それなりの雪?には慣れっこでした。
まず、外の駐車場なので、朝一番は車を掘り出す?処から始まります。

たとえ、車が確保出来たとしても、客先の駐車場の心配、それと雪道渋滞で何時間かかるか予想出来ません。
30分のコースに2時間掛かるのも想定内として、仕事を終えたら、車が埋まっていた事もあった。

若い時は?豪雪地帯の十日町でも、車を走らす元気?もあったが、今は電話連絡で情報を得、ちょっと無理
かな?と思えば、丁重にお断りします。雪道を知らないドライバーが多くなれば、渋滞事故が予測不能です。


さいわい、倉庫仕事として、3錘機2台(2錘機1台追加)の組み立て予定もあるのだが、倉庫前の雪かきを
想像すると、なかなか腰が上がりません。それなりの覚悟?をもって行かなければならない。

さらに幸せな事に「インバーターの変速装置を組んで欲しい」との依頼が2件続きました。3錘機組み付けを
含めると、3台のインバーター装置の依頼です。もちろん、雪道が確保出来てからの取り付けです。


インバーター装置については「安いョ」って宣伝?が利いている様です。なんせ定価?9万なら3万、13万の
装置でも4万の予算で組み付け可能です。電気工事屋さんの儲けのタネ?だったのが、モノタロウのネット販売で
客先情報として知ることができます。ネットが得意な若手?には、当然の情報でもある。

いくら「技術料で売ればいい、装置を買ってもプログラム出来なきゃタダの箱」って言っても、通用しません。
装置が安くなれば、工賃もそれなりです。見てぶり?(安全確保)の鉄板ケース入れるシーケンサーの方法も
ありますが、設備資金の厳しい中小企業では「機械操作が出来ればイイ」ってのが、本音です。


三筋の場合は、その点、見てぶりは良くない。「出来るか?」って聞かれれば「作ってみようか」の対応です。
装置の配線も、実に簡単明解です。赤の配線がどこの装置に入ってどこの装置に行く、素人配線です。

配電盤に各機器を並べ配線していく、材料費は最小限を選んでいます。モノタロウ特価と手持ち機器、
電気工事士でもないので、工料はメンテの時間計算。安さを目当てに?声が掛かるのも、当然と言われた。

もちろん?機械屋ですから電気工事士免許は持っていません。装置は作るけど、仮配線テストで終了です。
後々は電気工事士の配電設備が必要です。装置(機器)を準備しただけと考えて下さい。


外は大雪、車でのメンテナンス仕事に行けなくても、家で仕事が出来るのは、幸せと考えなければならない。
狭い事務所に、配線工具・器具を所狭しと並べての作業です。歩くのも大変です。

只一つの問題は、宅配トラックも動けないという事。注文品が届かない。いつ来るかも解らない。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンテお気楽日記 2月4日 昭和レトロ?

2018-02-05 | メンテナンスお気楽日記
日曜の朝は「がっちりマンデー」 今日のタイトルは「昭和が熱い・・」って事だった。

時代を売りにしている、商いや街づくりは以前からあるが、別に目新しい話題でもない。
無くなってしまったモノや、懐かしい(反対に新鮮?)雰囲気を売りにする「企画」として捉える。


でも、今回は番組を見る前から、自分の商いについても気掛かりというか、問題点がある。
毎日の仕事が「昭和機械のメンテナンス、復元仕事」です。1990年製プレートを「おっ、新しい!」って
みる「繊維機械」の数々。実際、それしか無いのも現実です。これが自動車修理としたら、どうなんだろう?


古いモノにも確かに魅力はあります。レトロ感。自分も嫌いではありません。
以前、60年前のワインダーを見つけ、捨てるに捨てられず、倉庫に持ち込みました。

暇にあかせ?組み立て作業。曲線のある鋳物製のフレーム、鋳物の砂跡の残るハンクアーム。
新型?なら鉄板やアルミ成型する部品が、すべてイモノと木製です。テンションブラケットもイモノ製です。

別ルートで見つけた「ダルマモーター」にも凝りました。ニクロム線さえしっかりしていれば、りっぱな現役です。
ロータリードラムも、あえてベークライト製を選びました。アルマイト処理なんて当時はなかっただろう。

「こんな機械が好きな人もいるハズ」「きっと喜んでもらえる」と思って作りました。そして売れるだろう。
しかし、現実は甘くない。確かに楽しんでもらえましたし「オモシロイね」とも聞きました。

そりゃそうだ、倉庫にワインダーを探しに来る人は「仕事のできる機械」を探しに来ます。
趣味の世界でも、機械は機械、仕事をしてナンボの機械。わざわざ「無骨」な機械を選ぶことはない。

どんな糸にも対応できて、インバーターでのスピード制御。それでいてコンパクトで邪魔にならない。
資料館なら、まだしも、自分の仕事をするために、わざわざ古い機械を選ぶ人はいません。


で、現状のお話です。ワインダーを必要としている人はいます。問い合わせもあり、実際、探しにもきます。
でも、お世話できるのは、昭和時代製造の機械しかありません。平成になって、もう30年のことです・・・

機械が丈夫なことをイイ事に、分解しては作り、分割しては小型ワインダー。客先仕様にあわせます。
正直に言えば「新品部品」も使いたい。でも、高額になれば「元が取れない」って厳しい現状もあります。

お人好しでしか出来ない仕事。パソコンの前に座りビットコインを眺める仕事もあるそうな。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加