三筋北陸・ワインダー(糸捲き機)の専門機料店

繊維産業のウラ話に迫る、メンテナンスのお気楽日記。

メンテお気楽日記 5月23日 作業のポイント・コツ

2017-05-25 | メンテナンスお気楽日記
最近、特に多く感じるのは「工場内設備」の依頼です。幡屋さんをはじめ、リボン屋・紐屋さんなど。
原因は、外注工場に頼んでいた、分割・小割作業の、高齢化による「廃業」です。

ここでは、後継者問題をとやかく言うつもりはないが、作業してくれる人がいない。大問題です。

対応は、自社工場内での分割作業です。よこ糸が中心となるため、あまり難しい?作業とは考えていません。
ワインダーを設置し、「担当者は誰になりますか?」と尋ねると、隣で作業していたおばちゃんが、
「幡結びできるから大丈夫。でも、ワインダーは触ったことがないから・・」の状況です。


この話をよくすると、現場からは「そんな、簡単なものじゃない」との返事が返ってきます。
撚糸屋・幡屋・染色屋。もっと撚糸屋を細かく言えば、下撚り工場・カセ繰り工場・ボビン繰り、そして
ワインダーでの仕上げ巻き。外注工場というか「専門工場」の力量が必要とされていた。


いまの世の中、ホームセンターを筆頭に、スパー○○店舗などが乱立している。大型量販店です。
一歩店内に入れば、金物はもちろん、工具・電化製品・家庭用品・薬品・園芸用品・食料品。
ホームセンターでお米まで売っている。ペットコーナーには20万円の柴犬までいた。

当たり前と言えば、当たり前?なのかも知れないが、アマノジャクに考えれば、もしホームセンターが
廃業になれば、その町には店舗(専門店)が無いという事です。車がなければ生活もできない。

八百屋には野菜を、魚屋さんには魚を知り尽くした店主いた。そう、商店街をイメージして欲しい。
各店舗はすべて「専門店」です。「どれがイイ」って尋ねれば「これがお客さんへのお勧めかな」なんて。

それを、店内をウロウロ?する「販売員」に託すのは、多少の不安があります。もちろん大型店舗にも
専門販売員もいるだろうが、リピーターを確保する「心づかい」は感じられない。


それと同じ様な事が、製造現場でも起こり兼ねない。製品に対する愛着、自信。悪く言えば、責任がない。
人間100%の人はいません。だから専門職がある。何でも出来る人を「器用貧乏」と言います。

話を元の戻せば、どんな作業・作業工程にも、ポイントというかコツがある。言い方を変えれば「手間」
それを、ボタン操作で出来ると思うのは、大きな間違いです。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンテお気楽日記 5月17日 ハイオクガソリン

2017-05-18 | メンテナンスお気楽日記
今週末は関東地区への出張です。車の走行距離は往復で1000㎞をオーバーするだろう。

もう20万㎞を超えた愛車?は、最近タペット音が気になります。ピストンリングが原因の不完全燃焼の
せいだと思います。今はまだ、アクセルワークで調整できるので、整備を躊躇していました。

オイルの減りも頻繁なので、さすがに、長距離走行の前にはオイル交換が必要と思い、出入りのスタンドに
持ち込みました。世間話(整備話)をしているうちに「ハイオクを入れてみたら」の話になりました。

自分はいつもレギュラーです。10円ちょっとの差がエラクもったいない様な気がして、安い方を選んでいた。

結果はすぐに実感できた。今日の仕事は福井県の関西寄り、片道90㎞の走行距離になります。
まず、タペット音が全然しない、何より驚いたのはアクセルの吹上、スピードを背中で感じる。

軽自動車の弱点は、妙高高原や軽井沢の山道で毎回感じている。トラックを追い越せない。
今日は平道だが、アクセルが軽い。燃費も200㎞走ったが、目盛り2本しか減っていない。


「安物買いの銭失い」とまで言わないにしても、安物買いは実感している。
中古機商いのせいでもないだろうが、安く買えば儲けがでるし、安くなればお客も喜ぶ。

100均ショップを筆頭に、スーパーの割引シールも気にならない、むしろ得した気分。
もう興味がないと言えば、言い訳だが、衣料品も価格のほうが優先順位となる。


ここに、AとBの品がある。見た目は同じ?だが、Aは高くBは安い。
当然、Aには高い理由があり、Bには安い理由があるはずだ。

ところが、大半の人はBを選ぶ。高くなる要因に必要性を感じないのかもしれない。
使えればイイ、着れればイイ。「こだわり」よりもお得感を選んでしまいます。

良い方に考えれば、B商品でも「粗悪品」がないという安心感かも知れません。

安くても安心できる日本のものづくりには、今更ながら感謝しなければならない。。


追伸。土曜日のビジネスホテルの予約検索、ここはと思った所はみな×でした。
   息子に検索を頼んだら、そのホテルを予約してくれました。価格は1000円アップです。
   そう、自分は格安プランばかり探していたのです。1000円の差で、豪華部屋?に泊まります。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンテお気楽日記 5月15日 量販価格

2017-05-15 | メンテナンスお気楽日記
普段着と言うよりも、作業着として、ジーンズを長年愛用しています。当然、作業着として履いていれば
油汚れが付きます。これが、なかなか落ちない。で、低価格の中国製が何本も貯まりました。

スタイル的?には不満があるものの、ウェストと股下サイズが豊富なため、自分のサイズがすぐ選べる。
価格は1980、イオンブランド?の規格品です。5千円以上のジーンズは見ても見ないことにしていた。

ところが、先月、家のすぐ近くに、北陸最大のイオンモール新小松ってのがオープンしました。
ショッピングモールとは、幾多の専門店で構成されています。当然、海外ブランドの量販店も入っています。
H&MやGUも出店しています。「たまには、仕事で履かないジーンズも」と色気を出して探しに行きました。

店内をウロウロ、目的はボトムコーナーです。好きになってしまった最低価格は¥1,990からでした。
ストレッチ生地のスリムデザインは良しとして、サイズはS・M・L 股下はカット料金が掛かります。
いかにも、量販店企画だと感心しながらも、今日は見てるだけと、店を出ました。

隣の店舗は生地屋さんでした。流行というか一押しの生地にも知らなくてはならない。繊維業界のサガです。
デニム生地も気になったので、プライスをチラッと「1m¥850」から¥1、500等々。

何か、腑に落ちない、複雑な気持ちです。100円ショップで感じる「モノ作りのカラクリ」
材料があって加工がある。もっと細かく言えば、製糸・生地織り・カット、縫製・その他キリがないくらい。
どれだけ多くの人々の手を回って来たかは、想像に値する。そこにモノ(製品)がある訳じゃない。

材料費に加工費、それに流通費と儲け。どうして、この価格でものづくりが出来るのか?正直な気持ちです。


そりゃ、品質が確保され、なおかつ安いとなれば、大半の人は買う気にはなると思います。
そこを狙ったのが「量販企画」だとしても、そこには大変な苦労と努力が必要とされます。

誰だって、自分の利益は確保したい。安く売るって事は、すなわち儲けが少ないって事です。
材料費に人件費、もう天井が見えています。後は、手間賃を計算しない?ものづくりが現状です。

只、量産すれば、加工費がでる。これも道理というか倣いでもある。商売でいう「薄利多売」
しかし、これにもワナがあります。同じモノを作るには、どうすれば安く作れるか?に集約されます。

いいモノを作りたい。新しい製品を作りたいは、二の次になり兼ねない。技術のマンネリ化です。

世界の工場と言われる、中国や東南アジアは低加工費が魅力でした。技術さえ提供すれば、大量に
製品が生産出来ました。それと同じ事が国内工場に求められている。輸入費用も掛からない。

大きく違うのは、アジア諸国は技術と設備が提供され、今後の伸び率が期待される。国内工場は
古い機械の使いまわしと後継者問題。追いつき追い越されかねない。品質さえ空威張りに聞こえてくる。

「生産」と「販売」。もっとケンカをしなくてはならない。どちらも、お客様を想っての事だから。
どちらかと言うと、ネクタイを締めた人に、首を横に振れないのが、生産現場の現状とも感じる。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンテお気楽日記 5月11日 インバーター装置の弱点

2017-05-15 | メンテナンスお気楽日記
確かに、以前は、けっこう高額だったインバーター装置も、通販サイトで、手の届く装置となった。
ところが、いったいいくらで売ればいいのか?頭の痛いところ。定価の半額以下の売値表示です。

電器屋に言わせれば「装置を買ったって、そのまま組み込めるワケがない。機械の仕様に合わせて
プログラムしてこそのインバーター装置。技術料がン万円でも、決しておかしくもない」との事です。

確かに、取説書を読んでも、あらゆる機能が書き込まれているが、必要なプログラムを選択するのは
難しい。それと、その機能を書き込むためのボタン操作も、これまたややこしい。


よく、インバーター装置設置の客先から「ボタンを押したら(押し間違えたら?)解らなくなった」との
連絡が入った時期がありました。RANとSTOPだけでいいものを、MODEボタンを押してしまうらしい。

修理?に行っても、どこが狂ってしまったのか、只々デジタル表示とにらめっこ。冷や汗に工料を請求
するのも、心苦しい限りです。


そんな事もあり、三筋でお世話するインバーター装置は、装置に触らない?仕様として提供している。
変速のためのボリュームも、外部取り付けとし、ダイヤルを回すだけで変速できます。それに、機台の
スタートスイッチも、外部運転モードにして、インバーター装置にはいっさい触らない様にして組みます。

この事により、誤作動は無くなりましたが、使用中や他メーカーのインバーター装置を改造してくれと
言われると、これまた大変です。どんなプログラムがされているのか、調べるだけでも大事です。


それと、インバーター装置の弱点?でもある、ノイズ対策もけっこう問題になります。
電源を入れるだけでラジオが聞き取れません。車のラジオさえ工場前では、ノイズを拾ってしまいます。
ラジオフィルターってものもあるらしいけれど、けっこうな価格と聞いています。

節取り装置の時は、マグネットスィッチの電磁波が誤作動の原因となり、金網やアルミホイルなど
原始的?な方法で、電磁波漏れに対応した事もあったが、インバーター装置はどうなんだろう。

ちなみに、節取り装置の誤作動は、マグネットスィッチをソリッドステートリレーに交換することに
よって解決しました。壊れない装置とメンテ業、この「盾と鉾」の話は、またの機会に・・

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メンテお気楽日記 5月9日 都合のよい人

2017-05-10 | メンテナンスお気楽日記
「メンテナンス」などとは名ばかりで、仕事の9割の内の5割が「修理屋さん」です。4割が
「こんな糸を巻きたい・こんな事出来ないか?」の相談です。これが、中古機お世話につながります。

残りの1割が「メンテナンス」らしき?ものですが、大半は遠方のお客さんからの依頼です。それも
「こっちに来た時は、必ず顔を出して欲しい」との事です。段取りを調整して顔を出し様にはしてますが、
「どうですか?」の問い合わせには「今のところ問題はない」で、世間話か業界情勢で、お茶を飲みます。

当然、工料も出張費も発生しません。以前は「工場長」とのお付き合いが多かったが、今の中小企業では
見かける事は、まず無い。工場長は生産管理をしながら、油つぼを片手に工場内をウロウロ?

「機械が壊れない様に管理」するのがお仕事で、それをメンテナンスといいます。壊れてしまえば修理屋の
出番となります。でも、そのメンテ係のいる工場も極端に少なくなりました。定年と同時に後任者もいない。
そんな事もあり、今は「壊れてからの依頼」が断然多くなりました。


そりゃ、困った時、問題が発生した時だけのお付き合いですから、客先も気楽です。直れば用無しです。
言い換えれば、三筋の出入りが多いって事は、三筋の技術がへたか、機械がボロいって事です。

ご無沙汰期間が長ければ長い程、工場が仕事が、順調であることでもある。

消防士やお巡りさんのお仕事?ともよく似ている。あってはならないが自衛隊も心強い存在です。
「事がないのが、平穏無事」な証でもある。これも、社会へのメンテナンスかも知れない。


と、まあ、困った時だけ電話をかければ良い三筋を悪く言う人はいない。仕事が終わればお茶が出ます。
只、税金で生活しているワケでもないので、仕事がなければ死活問題です。

機械が壊れなければ仕事がないってのも変ですが、消防士の出番が多いってのも問題です。
その為には、広く浅くのお付き合い、用事がある時だけのお客さん。お得意様では困ります。

都合のいい人、それは困った時だけの電話連絡。それで仕事が前に進めば、みんな喜びます。


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_

ブログランキングに参加しています!1日1回クリックをお願いします!!
↓↓↓↓↓↓↓↓
人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加