goo

頑張れ産経新聞 皇紀2677年 平成29年4月5日

頑張れ産経新聞 皇紀2677年 平成29年4月5日

****************

論考:リベラルから国態保守へ(続)

 第五節 リベラル政権の崩壊

リベラル政権は強権で支配するが必ず崩壊する。万物は流転するという弁証法の原理から逃れることは出来ないのだ。この崩壊には内部による自滅と外からの武力による崩壊がある。フランス革命は、内部抗争で独裁者ロベス・ピエールが失脚処刑され一挙に崩壊した。その後再度革命派の蜂起が行われたが失敗した。政府側が油断しなくなったからである。

ソ連の場合は経済、経済、社会、文化の崩壊で人心が失われ、共産党が嫌われ、1991年内部崩壊した。ソ連共産党の武装組織はビルに立てこもり改革に抵抗したが国民軍の砲撃をうけて降服した。その結果ロシアは七十年ぶりに正統な国家を回復した。ロシアの政治学者は、「マルクス主義がロシアから立ち去った時、残されたのはかって豊穣だったロシア文化の廃墟だけだった」と述べている。そして無数の白骨がシベリヤの大地に眠っている。

カンボジアのポルポト政権は一九七九年ベトナムの侵攻で崩壊した。後に残されたのは大量の子供を含む人骨の山であった。

ポルポトに苦しめられたカンボジア国民は共産党員を捕らえて報復し、斬首して路肩にさらした。そこには「永遠の敵、共産党」と記されていた。人間の政治的な妄想を利用した詐欺犯罪の恐ろしい結末であった。

 

第六節 リベラルの再発

一九五三年にスターリンが急死し、ソ連の悲惨な内情が知られるようになるとリベラル信奉は急速に衰退した。そして社会主義国家間の中ソ戦争が起こると社会主義の無謬論は否定された。

しかし一九七十年代になると西側で学生運動や暴動が起きた。無知な学生がリベラル運動に引きずり込まれたのだ。しかし日本では赤軍派のリンチ大虐殺が露見すると左翼運動は社会的な理解を失った。

そして一九九一年ソ連が崩壊すると腐敗した左翼の内幕が明らかになり信用は失墜し欧州では共産党が消滅した。

しかし現代欧州では一部であるがマルクス再評価の動きがある。リベラル運動は詐欺であるが人間の救済願望は不滅であるから決して油断してはならない。(続)

***************

1面

シリア化学兵器か、爆撃で百人以上死亡:ロシア軍の可能性もある。テロで報復される。悪循環だ。

極左弁護士会の危険/法律は日常生活を管理するので非常に重要である。そこに狂信者が入り込んでいる。組織が反日リベラルにのっとられている。

政府は直ちに弁護士法を改正し、国民の監査体制を実現しなければならない。弁護士は法律を使って悪事を働いている。

司法試験は人格で選んでいるわけではないのだ。中には外国から金をもらい日本の安全を脅かす。スパイである。

 

ロシア地下鉄テロ死者14名/キルギス人の自爆テロの可能性:テロ防止法があっても事件が起きる。しかし防止法が無いとオウムのサリンガスのようなさらに大規模なテロが行われるのだ。

テロはプーチンの威信を傷つけている。国民の不満のガス抜きが必要なのだろう。強権では解決できない。社会の自由化だ

 

日本、日韓合意強く要求/日本は大使を戻した。混乱する韓国の情勢分析のためだろう。しかし国民は大不満だ。

日本は韓国のビザ無し入国を停止すべきだ。危険である。実際犯罪者が多数入り込んでいる。靖国爆破犯人まで侵入しているのだ。

 

2面:

教育勅語/教材問題なし:当たり前だ。道徳に文句をつける野党がおかしい。変質者だ。

反日リベラルが教育勅語反対で大騒ぎしている。占領時代が戻ったようだ。時代錯誤だ。

1951年に日本は独立している。占領行政はとうに廃棄すべきであり、してよいのだ。

 野田は主権在民というが、主権は共同体にあるのであって、個々の国民にはない。18世紀のルソーの妄想だ。日本は拘束されない。

また道徳は神が与えるものだ。モーゼの十戒もイスラムのコラーンもゴッドが与えている。だから日本では天皇でなければならないのだ。 

道徳は時代に関わらず正しいものだ。占領下で廃止されたが、敵が廃止したのだから無条件で復活すべきだ。民族の宝だ。小学校から丸暗記だ。老人ホームの高齢者は暗唱できる。素晴らしい教育だ。

共産党は教育勅語の親孝行に反対して、馬鹿にされている。親の顔が見たい。

 

カジノ規制/博打だ。犯罪が増える。よいことではない。安倍首相が利用されている。パチンコの規制の名目にするのかも知れないが。

 

3面:

豊洲百条委員会/浜鍋副知事が石原都政の最高決定者。黒幕だ。偽証の可能性があるという。

石原知事は名前だけだった。作家で行政には無能なのだ。民選知事は廃止すべきだ。無能で行政が腐敗するからだ。

 

今村復興相と記者/無礼なので大臣が怒った。しかし敵の挑発だからその手にのってはならない。「良い質問ですね。しかし大変難しい問題だ・・・」とかいって誤魔化すのが良い。

 

自民、都議選へ総力戦/小池旋風は覚悟しなければならないだろう。政治は常に新しい空気が必要だ。たまり水には毒があるのだ。

  

6面:

核兵器禁止条約/意味の無い条約だ。核があるから確保有国の間で戦争が起きていない。戦争を防ぐのは古来軍備である。「平和が欲しければ戦争の準備をせよ」は日本を除く世界の常識だ。日本人は戦後騙されている。

 

7面 

本能を鍛える体験は必要/曾野綾子女史:正しい。これには危機感体験がある。小学六年生に真剣を持たせるのだ。扱いを間違うと手を切る。自己責任だ。

中高生は実弾射撃だろうか。

戸塚宏先生は、ヨットを使い大自然の脅威を教育に利用している。人間の言い訳など聞いてくれない。これが大切だ。

 

大改革の聖断を下された昭和天皇/坂本一哉:占領軍の憲法破壊にあたり、昭和天皇はやむを得ないとされた。復活までの臥薪嘗胆だから我慢という意味だ。

日本はその後独立したのだから占領政策を否定して良い。敵の政策を墨守するのは愚かである。

坂本氏は陛下の苦境をしらず、真に受けているようだ。知能が疑われる

  

8面:

北朝鮮のカジノ船事業誘致/日本のカジノ制度と関係があるのかも知れない。警戒が必要だ。

 

北朝鮮挑発の可能性/ミサイルを発射している。核実験も行うらしい。米国の攻撃を避けるための威嚇だ。

 

北朝鮮、NYタイムズに水爆の広告掲載/米国の攻撃を恐れているのだろう。

  

トルコ外交官262名、ドイツに大量亡命/エルドアンの独裁が恐れられている。

 

米中、取引の美学の行方/米中会談が始まる。米国は中共に何を求めるのか。貿易赤字の解消だけなのか。北朝鮮はどうするのか。北への攻撃はあるのか。  

韓国/日本大使の帰任:慰安婦像は横田めぐみさん隠しのすり替えだ。日本も像を作るべきだ。

 

韓国大統領候補/反日の安氏選出:韓国人のビザ無し入国を停止すべきだ。国境を突破されている。

 

9面:

フランス社会党の分裂/危機に対応できないのだろう。リベラルの終わりだ。


 米国エジプト首脳会談/対テロ、経済協力確認。米国は人権問題が好きだが、現地はそんな状態ではない。狂信派が権力を狙っている。隙を見せることは出来ないのだ。

 

25面:

梅毒感染の拡大/結婚する前の健康診断交換などが必要だ。

 

26面:

生涯未婚/男性23%、女性14%:勿体ないことだ。社会を組織化する必要がある。徴兵が必要だ。人間のつながりで縁談もまとまる。孤立化させないことだ。

 この人達の老後はどうなるのか。おそろしいことになる。

  

テロ防止法を考える/オウム真理教家族の会、永岡会長:オウムにVXをかけられた被害者だ。おそろしい。

当時も予防対策を主張したが、却下された。死者が出ないと対応しなかったのだ。

一般市民が逮捕されると云うデマで、今まで立法化されていなかった。こんな国は世界の先進国では日本だけだ。日本が世界のテロの大穴になっている。日本をテロ勢力が支配しているからだ。

 

天才棋士藤井四段/将棋14歳、素晴らしい。

 

明治神宮でも柱に液体染み/朝鮮人がよくやる。ビザ無し渡航を止めるべきだ。日本は国境を突破されている。

  

27面: 

働けと言われて父親を刺殺/41歳男。日本は社会を組織する必要がある。親戚、学校、社会だ。徴兵、家制度の再開だ。

以下同じです。

 

 

*************************

近代史は非常に複雑なので時代背景、経緯などじっくり基礎から学ぶ必要があります。

12月からまぐまぐの「日本人の近代史講座」で支那事変を開講します。重要な知識なのでしっかり理解し、広め、若い世代に継承してください。教員、政治家、大高学生は必読です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 ▲ユーチューブ講座で「高校生の政治入門」「高校生の歴史入門」を開講しています。一講義15分位で分かり易いと思います。索引はtkyokinkenです。

***************************

 著者紹介:東京近代史研究所代表:落合道夫 北大、ICU卒。近代史と政治思想の研究家。アパ歴史懸賞論文で入賞3回。平成20年「真の近現代史観」が田母神空将につぐ社会人優秀賞、平成23年「真珠湾事件に学ぶもの」平成24年「支那事変の真実」が佳作入選。

平成26年「反日宣伝と対応」が佳作入賞。

 

広報状況:

  1. HP: 東京近代史究所のホームページ。http://www3.plala.or.jp/tkyokinken/

 

2.ユーチューブ歴史講座:思想歴史多数掲示中。アクセス数40万超。索引語tkyokinken

   

3.アマゾン電子本出版: 

1)「共産主義からの解放」:共産主義運動は偽善と暴力の詐欺運動です。思想は妄想です。 

2)「支那事変の真実」:原因はスターリンの独ソ戦対応の東部国境工作です。 被害者日本です。中共の被害者偽装を許してはなりません。

3)「大東亜戦争と日本人の課題基礎編」戦争は負けましたが正しい戦争でした。 次はもっと旨くやろう、が日本人の合い言葉です。

4)「ノモンハン事件の真実」日本軍人の英雄的な戦いを知り顕彰し伝えましょう。 

5)「日米戦争の真実」原因は米国の満洲狙いでした。真珠湾は反撃と覚えましょう。

 6)「アジアの解放」日本は世界史的な事業を行いました。藤原少佐の偉業はアラビアのロレンスなど問題になりません。

 7)「泰緬鉄道の真実」映画戦場にかける橋は虚構です。戦場にかける橋は何故木製でなければならないのか。  

 8)「保守とリベラル」現代を理解するには不可欠です。

 9)「杉原美談の偽史と日本のユダヤ人救出」杉原は殉教者ではなかった。 日本の国策はユダヤ人の協力による日米関係の改善だった。

10) 「反日宣伝と日本の対応」:慰安婦、南京事件などから文化、宗教的な偏見まで。

 4.iRONNAに論考を掲示中。

 *******************

以下は印刷本です。 

1)「共産主義からの解放」落合道夫著  

******************************************

読者感想:

l  日本の敵はリベラルのこととわかりました。

l  「マルクス主義ってユダヤ教の陰画だったんですね」(正しい)

l  左翼組合に絡まれて長年苦しんできた中小企業の経営者が購入し、むさぼるように読んだという。これで左翼はもう怖くない。逆に説教できる。

l  左翼シンパの老人から「勉強します」とハガキがきた。左翼指導部が実は左翼ではないという裏切りに気づけば左翼思考の縛りは自動的に解けてくる。

l  著名な歴史家の知人:「この本は文部省が高校生に読ませるとよい」

l  主婦:「高校生の娘に読ませます」(高校時代に読んでおくと左翼に免疫ができてよい)

 

****************************************

★定価800円、送料250円、合計1050円

********************************************

 2)「スターリンの国際戦略から見る大東亜戦争と日本人の課題」落合道夫著  285ページ、図版入り 

読者評:

l  「娘時代からの支那事変の謎が解けました。ありがとうございました」(元小学校長)、

「知らなかった挿話が多数紹介されており目から鱗です」(歴史研究会会員)、

l  「第二次大戦唯一の勝者はスターリン、納得です。事件に偶発なし、全ては仕組まれている。なるほどです。日本の復興は平等主義から重点主義へ、納得です」(元会社員)

l  「これで日本近代史の因果関係はきまりですね」(会社員)

「本書を読み支那事変から大東亜戦争に至る近代史の複雑な流れがようやく理解できました。多くの人に読んでもらうために、書店での販売をお願いしたいと思います」(自営業者)

★:「この本は読みやすく分かり易く、近代史の謎を箇条書き網羅の入門書となっている。本書は近代史のあらゆる事件を時系列的に網羅的に、しかし簡潔に解説し、その背景にあった想像を絶するほど大胆なスターリンの謀略を傍証する」メルマガ宮崎正弘国際ニュース

*****************************************

定価:2,940円、送料:360円 合計3300円

********************************************

★上記2種類の本のセット申し込みは、2940+800+360(送料)=計4100円を下記口座にお振込みください。

***************************************************

★購入方法:郵便振替 口座名:東京近代史研究所 口座番号:00140-0-373193

******************************************

下クリックをお願いします。  

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 頑張れ産経新... 頑張れ産経新... »