金買取 佐久市 ヤナギダ店長コラム:「苦手な人に駆け寄っていく」アーカイブス

2016年12月20日 12時24分26秒 | 日記
K18金  ¥3120
プラチナPT950 ¥3200
【12月20 日(月)即買値】

佐久市野沢93番地十二町
ケヤキの木の真向かい
ぴんころ地蔵側
  ~ヤナギダ~
☎0267-62-0220

※ローレックス時計買取値
佐久平一高額の店!
他店と比較ください。

g単価、他店と比較ください。
佐久平で、買取単価を表記
しているのは弊社だけ!
【ブランド時計、バック高値買取】

ブログ:
製図が苦手だったA君は、
宿題があると、五枚は必ず書く。
その中で気に入ったものを提出
したという。

彼は卒業生総代になった。

ある年配の女教師は、「私は縫製
が好きじゃなかった。それで、
皆が一枚縫うときに二枚縫い上げ
た。

同じものを二枚縫えば、たいてい
はコツが飲み込める」と言う。

一方、Bさんは縫製が嫌いで、い
つも保健室に逃げ出していた。
でも縫製は必ず提出しなければな
らないから母に聞いて縫うのだが、

それが嫌で仕方がない。そうして
得たものは、縫製を憎むことだけ
だった、と語っている。

余談だが、ファッションのデザイ
ナー“菊池武夫”のパタンナーで

元は好きでなかった縫製を、ビギ
が大好きで懸命に覚えメンズビギ
に迎えられた女性がいた。

後に、ワールドへ菊池武夫と一緒
に移籍。当時、デザイナーよりパ
タンナー8人が抜けたことが痛かっ
たとビギのスタッフは語っていた。

因みに、萩原健一主演の伝説的
ドラマ「傷だらけの天使」の衣
装を担当したのが菊池武夫。その
トレンチコートは,今年のファッ
ションの原型。

ユ〇クロに抜けていて欧米で成
功しない理由の一つは、パター
ンと言われている。

苦手なもの・・・それが、人間で
あれ、食べ物であれ、教科であれ、
何であれ、苦手であるほど逃げず
に、飛び込んでいくことです。

向こうから嫌いな人がくれば避け
て通りたくなるが、好きな人なら
ば駆け寄っていけるはずです。

おのずと好きになってくるもの。

そうすれば、自分の人生をのび
のびと生きることができます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 金買取 佐久市 ヤナギダ店... | トップ | 金買取 佐久市 ヤナギダ店... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。