佐久市 金買取 ヤナギダ店長コラムなぜ寿司を1カン2カンと数えるの?

2017年08月20日 10時03分13秒 | 日記
K18金  ¥3290
プラチナPT950 ¥3190
【 8月 20日(日)即買値】

佐久市野沢93番地十二町
ケヤキの木の真向かい
ぴんころ地蔵側
  ~ヤナギダ~
☎0267-62-0220


ブログ:
そもそも、「カン」という
数え方が普及したのは江戸
時代のこと、

江戸時代に庶民の間に流通
していた小銭の大きさと、
当時の握り寿司の一個の大
きさがだいたい同じくらい
で、その通貨の呼び方が
「貫」だったことに由来して
いる。

因みに、
料亭の女将が玄関先でお客の
ベルトを見るのと一緒で、
寿司屋では板前はお客が腕時
計を外すか見てます。

理由は
店のカウンターが檜が1枚板
だからと言いますが、実際は
食に慣れているかそのひとと
なりが分かり、注文された素材
のどの部位をだせばいいか分か
るため。

一日に仕入をするネタは限られて
いるから(笑


※ローレックス時計買取値
佐久平一高額の店!
他店と比較ください。

g単価、他店と比較ください。
佐久平で、買取単価を表記
しているのは弊社だけ!
【ブランド時計、バック高値買取】

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心理テスト:食事の後に? | トップ | 「すれちがい」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。