sane日記

好きな音楽を趣味とするSANEのオーディオ店主いろんな情報・出来事を気ままに書き綴る日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

SANE第2弾スピーカーの開発状況ーA

2016-06-13 10:23:18 | 日記
では前回の続いて、SANE第2弾スピーカーの開発状況
A・COLTRAIN(エイ・コルトレーン)の
開発秘話を少しお話したいと思います。





まずイメージはJI ELINTON(ジ・エリ
ントン)には無いスケール感と中高音の滑らかさ
を求めて設計を始めました。

がしかしJI ELINTONには技術とノウハ
ウを詰め込んで追及している為、この製品を超え
る作品は苦戦をしいられると思っていました。

構成は低域ユニットは17センチ、中域は10セ
ンチ高域25mmの3ウエイです。

高域はグレードの高いツィーターを色々探しまし
たが、ちょうど良いものが無い為スピーカーメー
カーにウーハー・ミドル・ツィーターすべて特注
することとなりました。

プロトタイプの制作に掛かります。

ここまではいつも通り快調に進みますがプロトタ
イプが出来あがり、仮ネットワーク定数を標準で
組んで、仮状態で試聴します。

残念ながら音としては鳴っていますがダメです。
再度ユニットのそれぞれの音域を徹底的に聴いて
再調整します。

まだマリーンの中域の声がのびやかに歌っていま
せん。

オスカーピーターソンのピアノのキレが上手く鳴
らない。
ベースも締まって低く唸る中低域が出ず少し物足
りない。

再度調整です。鳴らしては、調整。

再度鳴らして確認をしました。

続きは次回のブログで・・・・・・



オーディオを愛するユーザーの方より
コメントを戴きました。

pal 様

・タイトル
開店 おめでとうございます。

・コメント
気に入ったSPがないから、作ってしまおう。その、
実行力に、エールを送ります。

さて、新製品 スピーカー どんな音楽を奏でるの
で しょうか?特性ではなく、艶めかしさと、

息遣いを伝えてくれるSPなら、何時の日か聴かせ
ていただきたいと思います。

私感ですが、再生機器から、組み合わせて、いか
ないと、なかなかBESTの音には、たどり着く事は
できないと思うこの頃です

SANE 店主

良いコメントありがとうございます。

本当にその通りです。再生機器は品質・バランス
が大切と感じています。

機会が有れば、ぜひお話をさせて戴きたいと思っ
ています。


店主 個人連絡先

携帯電話 090-6202-0031

メールアドレス teru@sankokb.co.jp

携帯メール  teru8038@gmail.com

時間が空いた時にメールを戴けたら幸いです。






ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月6日 SANE(サンエ)... | トップ | 続 A・COLTRAINーB »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
開発 頑張ってください。 (pal)
2016-06-17 22:41:04
勝手なリクエストですが、スリーウェイの問題点としては、広帯域にはなりますが、ややもすると、音像が大きくなり、六畳くらいのスペースでは、そのポテンシャルが、充分活かせないきらいがあります。口が大きくなり、目の前で、唄ってくれなくなってしまいます。ピンポイントで定位し、生身の人間が、唄ってくれないと、欲求不満がつのります。現在KEFの104をいまだに、使用しておりますが、憧れは、ソナース ファベールのエレクタ アマトールです。現在の周波数特性の優れたSPには、魅力を感じません。ただし、今度のヤマハが本気で造った5000は、試聴したいと思います。^_^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。