ミステリの似合う喫茶店・離れ【準備室】

ミステリー小説を並べたブックカフェを立ち上げる・・・という設定です('-';

その6・村岡屋の丸ぼうろ

2017-02-21 11:33:27 | きき丸ぼうろの会


「村岡屋の丸ぼうろは『しっとりとしたやわらかさ』が特徴です。」



厚さはおよそ1.6cm
直径はおよそ9.0cm



「丸ぼうろは佐賀地方伝来の代表的なお菓子です。
南蛮渡来のカステラと同じ原料が佐賀では丸ぼうろとして伝えられました。
村岡屋の丸ぼうろは『しっとりとしたやわらかさ』が特徴です。

卵・小麦粉・砂糖・はちみつが主な原料の素朴なお菓子で、
お子様からご年配の方まで幅広い年代の方にご好評頂いております。」ーー村岡屋さんのウェブページより引用

今回の6種の中で村岡屋さんの丸ぼうろだけ
ちょっと違った食感でした。
ひと言でいえば、柔らかい。
確かにパッケージにも「やわらか」と表記されております。


 村岡屋さんといえば「さが錦」
山芋を練りこんだ浮島をバウムクーヘンで挟んだ和洋折衷の銘菓です。




原材料は、小麦粉・砂糖・卵・蜂蜜・ブドウ糖・ソルビット・トレハロース・膨張剤

村岡屋さんのウェブページで紹介されているおすすめの食べ方は
オーブントースターで軽く温め、バターをのせてお召し上がりください。
バターが溶けかかったときが特においしいそうです。

博多駅のマイングで購入いたしました。
今回はバラで1枚75円でした。

福岡市内では天神の新天町にもお店があります。
村岡屋さんの店舗一覧
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« その5・東雲堂の丸ぼうろ | トップ | 丸ぼうろ・原材料比較 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

きき丸ぼうろの会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。