Sandy Cowgirl

植田昌宏。在阪奄美人。座右の銘は、「死ぬまで生きる。」

君の膵臓をたべたい

2017-05-20 19:09:58 | 書評


これはねぇ、えーと、良作です、はじめにいっておきますが。
でもね、ちょっと、アレなんだな、後半は一気読みなんだけど、前半がなぁ・・・なのです。

というのも、元々,ラノベとして作られていたらしく、
うーん、ごめんなさい、 住野 よる さん、
あの、前半はね、エロゲのシナリオと変わらないんですわ、実際んとこ。

だから、最初は、結構、苦痛。
騙されたと思って読むしかないです、騙されてください。

あまーい、
すっぱーい、
甘酸っぱい、
男の妄想シナリオが延々と続きます。

漫画にはなるらしい、けど、たぶん、エロアニメとか、エロゲームにもなる気がするわ。
というか、あれやろな、ぜったい、こういうの、
フランス書院か、アダルトビデオがパクると思う。
僕が企画するなら、
 君の○○を○○たい
って、ので、制作依頼するやろな。
○○は、ご想像にお任せします、
あー、ホントに、 住野 よる さん、ごめんなさい。


後半は、うーん、涙腺緩みます。
あー、うかつだった、と。
こっちが、油断していた分。
主人公がそれだもん。
久しぶりに、泣きながら読みました。


すぐ読み終えるので、おすすめです。
えと、映画になるみたいです。
リンク
リンク先、みてみたが、えと、ちょっと、まって、なに? 北川景子と、小栗旬って、何?
でるとこ、ないやろ? 
作風変わるから、前にでんといてほしいわ。

関係者の皆さん、さくら ちゃん、全力押しの演出で、お願いします!
そうじゃないと、泣けへんってば。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サラバ!  | トップ | Nのために »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (神崎和幸)
2017-05-21 13:43:06
こんにちは。

自分も「君の膵臓をたべたい」読みましたよ。
主人公とヒロインの距離感が良かったです。
そのうえ主人公たちの会話が心に響いたし、本当に感動できましたよ!

映画は結構気になっています。
さくらちゃん、全力押しの演出でお願いしたいというお気持ちわかりますよ。
>神崎和幸さん (まさやん)
2017-05-21 19:45:38
コメントありがとうございます!
今日、梅田の紀伊国屋に行ったら映画のトレーラーがヘビロテされてました!なんか、12年後にどうこうって・・・映画は、だいぶ脚色されてるみたいですね。
Unknown (神崎和幸)
2017-05-22 10:24:15
そうですか。
自分も紀伊国屋に行ってみたいと思います。

確かに映画は脚色されていると聞いたことがありますよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。