「VISUO XS809HW」と「8807HD」の比較

2017-07-28 10:43:52 | ドローン
今日は「VISUO XS809HW」「8807HD」を比較しますよ!これから、この二つドローンを分析し、違う点を見つけましょうね。絵を見てくださいね、外観から見ると、デザインもほぼ同じでしょうね、折りたたみ式で、クアッドコプター、四つプロペラ、送信機による制御します。実に、ドローンの機体と機能性には大きな違いがあるので、皆さんもちゃんと了解するように、よろしくお願いします。


最初から「VISUO XS809HW」です。

機体にはSDカードスロットがあり、一般的なドローンがSDカードスロット設計しないようで、これがあれば、記録された映像が直接に携帯に転送でき、保存します。スマート運動によるWi-Fi FPV機能もあり、さらに映像はSDカードにも保存される仕組みとなっています。このドローンの充電時間は60分、フライト時間は7分、少し短い時間でしょうね、ドローンをフライトすることにとって、7分時間が足りますよ。

飛行機能に関しては、気圧センサーによる高度保持機能が搭載されています。高度気圧ホールド機能が気圧センサーの恩恵による一定高さのホバリングが実現しています。フライトする時、安定的な飛行でき、写真とビデオを撮影した映像もクリアになります。それに、6軸ジャイロスコープを装備しており、抗風性が良くて、少し強い風でも室外に飛行することができます。しかし、もうちょっと風が強めで機体がロールする場合にはバカバカ動くことになるので、映像が無駄にぶれてしまった。普通の時素敵な写真とビデオ撮影できますよ。1080pだったので、クリア写真を撮ります。




これからは「8807HD」です。

機体のカラーは磨りグレー、いい手触り感です。このドローンがSDカードスロットがないです。録画や写真はスマホ連動によるWi-Fi FPVアプリによって記録されます。フライト時間に関して、13分に達し、少し長い時間になり、充電時間も120分かかります。もし長い時間フライトするのが欲しい、これがいいです。

フライト機能には高度気圧ホールド機能もあり、三つレベル速度調整でき、速度のコントロールすることがうまくいかない人にとって、この機能がフライトのスキルにより良い身につけます、高中低スピードレベルを切り替えてより風を耐えます。オリエンテーしションシステムを内蔵し、ヘッドレスモードで、ドローンが遠い距離に飛行する場合、方向を認識できない時、簡単にワンキーを押すと、ドローンを呼び戻ります。




「VISUO XS809HW」と「8807HD」を比べて、折りたたみあるいは展開サイズがほぼ同じで、ケース使用する材料もプラスチック材料、耐衝撃性が強い。
送信機による制御するドローンがちょっと違いますよ。絵を見てください。
まずは「VISUO XS809HW」の送信機、テレスコピックで携帯を押します、ボタンも簡単に設計し、ワンキー離着陸、電源ボタン、方向制御ボタン、カメラとビデオボタン。「8807HD」の送信機は正方形デザイン、クリップ式で携帯を押す、ボタンが少し多いですね、初めて使用するのはあまり簡単に覚えない、少し時間がかかってボタンの作用を覚えます。


「VISUO XS809HW」は「8807HD」よりかっこいいと思って、ブラックほうが好きですね。
少しでも長時間フライトが欲しい人は「8807HD」がオススメ!
風の抵抗性が少し強いのが欲しい人は「VISUO XS809HW」がオススメ!


現在SureHobbyでは「お中元割引特典」として「THE5」のクーポンコード利用にて5%割引セールが開催されています。是非じっくり吟味して「8807HD」で行くか、「VISUO XS809HW」で行くかご検討くださいませ。



ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「大人気」Xiaomi Mi ドロー... | トップ | 「新品登場」Snoppa M1 3軸 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドローン」カテゴリの最新記事