初心者にとって、レーシングドローンを習得する方法

2017-08-07 14:22:40 | ドローン
レーシングドローンといえば、ドローンのF1レーシングです。FPV一人称視点を利用して制御します。高速フライトする中、指定されたアーチを通じて、高速横向き、前進後退ロール移動し、360度全方位にドローンを制御します。では、初心者にとって、どうやって、何が問題を注意しますか。

1.安全
普通のドローンが耐衝撃性があり、空中で高速飛行する時、障害物にぶつかることが時々ありますが、強い衝撃ではなければ、大きな問題を引き起こさないです。もし、爆撃する時人に傷を付くのは怖いことがもたらします。だから、フライトする時、大変気をつけますようにお願いします。

2.場所
初心者にとって、オープン環境がレーシングドローンを最適します。F1レーシングみたいにトラックがあります。100*100空間があればちょうどよく、室内あるいは小さい範囲でフライトすることが相当危険です。場所が小さいし、木、建物などの障害物があり、万が一意外が引き起こされたら、極危ないです。
オススメ:広い芝生で練習し、フライトスキルが一定レベルに達した後、芝生で大きなアーチを設置でき、アーチを通じて練習するより、特別なフライト経路を計画でき、難しさを増加できます。

3.FPV画像転送

初心者にとって、FPV画像転送表示装置が必要で、一人称視界距離、リアルタイムでドローンのフロントの情報を見えて、フライト経路の判断に対して有利になります。特に方向の制御で、VFRはマスタのためのトレーニング方法です。
FPVミニターを選択することはハイビジョンVRメガネを選んで、とりあえず、ビデオ表示装置が不可欠です。

4.組立あるいはキット
レーシングドローンで、普通航空機のホイールベースから区別します、それ以外、柔軟性、速度制御、電池容量などが異なり、サイズが大きくなり、荷重性も増えて、電池とESCも向上させ、でも、柔軟性も比較的に下降します。初心者にとって、バランス250シリーズを向き、GPS安定性付き、簡単に操作でき、爆撃することを防止します。
プロなプレーヤーにとって、組立がいい選択です。初心者にとっては苦しいことですが、ESC、フライトコントローラー、電圧、電池、ハードウェアなどのパラメーターを調整しなければならない、簡単ではないことです。

オススメレーシングドローン

フロントTVL 600 ミニクリアカメラ、調整可能なカメラブロック付き、ベストドローンフライト視覚を調整できます。ランディングスキッドが15mm向上させ、 電池と地面を摩擦することを避けます。

AWESOME MINI F100 100MM FPV レーシング ドローン PNP オムニバス F3 OSD 5.8G 25mW Blheli_S 10A 600TVL カメラ


OMNIBUS F3 OSD VTXBL-S ミニフライトタワー
フライトタワー 外観サイズ:25×30mm
フライトタワー 安装サイズ:20×25mm
フライトタワー重量:8g
フレーム範囲:130mm以内ホイールベース
F3サポート
DSHOT600 ONESHOT サポート


フライト コントローラー:
Awesome Mini Omnibus F3 が5.8G/25MW/48CH 画像転送を集成します。
5V/1A BEC内蔵、OSD,STM32F303高性能マスターコントローラーを集成します。

Omnibus ファームウェア採用
MPU6000ジャイロスコープが搭載、反応スピードがより速い
フィルタ電路内蔵、画像転送が干渉波紋なし
外接5Vブザー、WS2812Bシリアルライトをサポートする
フライトタワーには四合一ESCを配置する


ESC:
Awesome Mini 4IN1 がEFM8BB2高性能プロセッサーを採用します。
真新しい三合一モーター駆動セル、ダブルチャネルAOS MOチューブ
電圧が2-3Sを支持可能、電流が10Aに達します。
駆動信号がDSHOT600/MultiShot/Oneshot/PWMなど主流信号を支持ます。
便利に組合せ、特別にミニ室内小型レーシング ドローンに設計します。

特徴:

• 真新しい室内FPV ミニマルチコプターレーシングドローン、機体にはアルミニウム合金件押しサイドパネルと3Kカーボン繊維ボードを採用して、室内フライトも保護モーターベースとプロペラ保護リング付きます。
• 軽量化モジュール設計、軽い機体が室内でフライトに適します。
• OMNIBUS F3 が搭載したOSD 25mw XTVを集成します。
• 4合1 Blheli-SESC がDShot600/One sheotをサポートします。


オススメVRメガネ
レーシングドローンは十分面白い航空機で、まだ上手になれる時、GPSを利用して高度ホールドとワンキーリターンなどを練習します。上手になれるから、ゴーグルメガネを組合せ、
一人称視点(FPV)でフライトする感じを楽しみます。

Aomway Commander ゴーグル 40CH 5.8G FPV ビデオ ヘッドセット メガネ (HDMI DVR ヘッドトラッカーをサポートする)


Aomway Commander ゴーグルを使用すると、自分がその場所に身を置いているような気がします、高配置を設計するのはあなたに最大ソフト感をもたらします。9WVGAスクリーン(32度視界角度)、ハイビジョンHDMIインタフェースを配置し、クリア画面を見えて、思い切りにビデオを楽しみます。720p信号輸入と3D輸入信号をサポートします。二枚高敏感度の受信モジュールを内蔵され、デュアル式、強力な抗干渉機能であり、より良い安定的にゴーグルを使用します。


特徴:

• Commander V1 ビデオメガネは没入型の16:9WVGA モニター(32度の視角)があって、高精細HDMIインターフェースを配置していて、720p信号入力と3D入力信号をサポートします。
• 2つの高感度の受信機を内蔵しています。デュアル冗長、抗干渉能力がより強くなります。
• 2セットのスポンジ、様々な顔に適します。近視レンズの交換をサポートしています。200度、400度、600度近視用レンズが利用可能で、メガネをかけている人達のトラブルを解決します。
• Commander V1は ローラーファンを内蔵していて、効果的に霧を除くことができ、静かで、安定です。


一人称視点として空中で快速フライトするのはレーシングドローンの魅力こそです。航空機をコンテストにしましょう!




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Beholder MS-PRO 3軸 ハンド... | トップ | Walkera Goggle 4 5.8G 40CH ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ドローン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。