gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

フレキシブルスクリーンの他何がある?2017年携帯スクリーンの予想

2017-01-03 15:06:53 | 日記

ここ数年の市場を見れば、スクリーンはユーザーが毎日一目で携帯を接触する情報の取得部品として、その形態の変革は私たちの予想よりもはやいです。さて、携帯の未来のスクリーンはどうなるのでしょうか?
「キーワード:ダブル曲面スクリーン」
――手触りは更に良く、遊ぶ性能が高い     iphone6s ケース 人気
曲面スクリーンは伝統のスクリーンに比べれば、多くの利点があります。まず、製品の形をもっとクールさせます。または、更に良い密着性を提供することができます。これでダブル曲面スクリーンを採用している携帯製品の手触りをもとても抜群させます;上記の2つのほか、ダブル曲面スクリーンを採用している携帯製品は面白さにも良いの表現があり、もっと多くの新奇な遊び方を提供できるようになります。このような特殊な機能があり、曲面スクリーンの携帯は人気がないはずがないです。


「キーワード:ボーダーズなし」http://www.5scases.net/index.php/iphone5s-p1435.html
――視覚効果、科学技術感はきわめて強い
同様に表示する方面の技術で、ボーダーズなしのスクリーンはすでに今の携帯電話の中で現れています。消費者として、我々は当然携帯電話の画面表示範囲以外の「黒いエンジとボックス」が小さいほど良いです。しかし、本当のフチなし携帯は期待できないです。普通に言っては、携帯の正面は二つの部分に分けることができます。つまり、表示領域と非表示領域です。非表示領域はディスプレイに光を漏らすことを防止するBM区(黒端)と固定作用しているミドルフレーム(または金属やプラスチック、または黒か白)を含んでいます。今から見れば、BM区と携帯のミドルフレームはその不可欠の機能出捨ててはいけないです。メーカーのできることはできるだけそれを狭くし、なるべく視覚上で美化します。


「キーワード:全面モニター」
――視覚効果が強く、外見が綺麗
実はフルスクリーン携帯は現在にとってかなり初級な段階です。この段階ではきっと多くの方面でまだ未熟です。しかし、今携帯市場では、外観IDデザインは徐々に同じになる階段になります。地下鉄ではこのような携帯を出してはきっと他人を驚かせます。全体的にすれば、今のフルスクリーン携帯は外観でのサプライズは全体の使用体験に何級も高いです。これも多くのユーザーがフルスクリーン携帯電話が買いたい原因です。これで、フルスクリーン携帯も未来の携帯設計の方向になるかもしれません。


「キーワード:フレキシブルスクリーン」
――低消費性、長持ち
フレキシブルスクリーン技術を言及したら皆きっと知っているでしょう。サムサンなど国際大手会社は既にフレキシブルモニターに長年の研究があります。現在の状況から見れば表示の方面ではフレキシブルスクリーンはほぼ成熟し、研究室から出て大衆に向かうのも遠くはないです。


伝統的な画面に比べれば、フレキシブルスクリーンのメリットは明らかです。体積でさらに軽薄だけでなく、消費電力も既存部品より低く、設備の航続能力を向上することを助けます。同時にその曲がれる、柔軟性もいい特性に基づいて、その耐久程度も以前のスクリーンよりも大幅に高く、設備意外傷つける確率も減少します。しかし、実に折り畳みスクリーンのスマートフォンを迎えるのは、少なくとも一年を待つかもしれません。そして、この制品は市場で次第に流行できるかどうかは、時間だけが私たちに答えます。
2016年、携帯分野「黒科学技術」の一年とも言えます。フチなし、ダブル曲面スクリーンなどさまざまな黒科学技術の到着は、大騒ぎとなっています。2017年は更に折りたたみスクリーン、フレキシブルスクリーンなどの黒科学技術が携帯に運用し、消費者にとっては、これはエキサイティングな一年です。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« UGG トドラー、最も流行って... | トップ | iOS10大爆発を迎え、Googleは... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。