プラスアルファ

あれこれプラスα。
ウダウダ・グダグダ書き散らし放題。
天邪鬼ですが、…なにか?

子育て支援? 

2009年08月07日 09時04分10秒 | うだうだ・言いたい放題

今回の選挙はマニフェストが重要みたいだけど、
やっと人集めパンダ的なものは去ったのかな??
…とはいえ、やっぱテレビに出ていたり知名度があったりする人は
政治に興味のない人にしてみると「この人」って決めやすいと思う。
安易に選ぶ人も多いんだろうな…

しかし、何で「マニフェスト」ってカタカナ読みが横行するの??? 
国を代表する人たちは、できれば分かりやすい日本語で語ってほしい。
アソーさんの漢字読み間違いとかは、もう日本人じゃなくなってるし…。

…って、同音異義語だのカンタンな漢字でもよく間違えるんで、
Mも人の事はいえないけど、
別に日本を代表してる要人じゃないから好きなことイッチャウ。

ところで、そのマニフェスト…

まだぜ~んぜん手にとって見たことないし、
時間が無いからわざわざ貰いに行くこともしない…
個別に配布してくれたらラクなのに…

ただ、テレビで見ると「え??」と引っかかったものがある。
こんなのを掲げて、本当に実現するとヒジョーにムカつく…ってものが。
…個人的に…ね。

民主党のマニフェストにある「子ども手当て」
自民党も「幼児教育の無償化」

何でいまさら。
Mが一生懸命子育てしてきた時なんか、そんなんなかったし。
しかも一度だって児童手当とかいうものは貰わなかったし…。

現在、自治体でやってる保育園形式にすりゃいいじゃん。
所得に応じて保育料だの幼稚園の月謝だの払うようにする…って。

で、私立の小学校に行かせるのはまた別な話。
そういうところに行かせるのは、お金に余裕があるんだろうから。

本当に親が大変なのは中学に入学させるとき。
一応、カタチは進学だからお祝い金なんかは誰からも貰えない…
それなのに、学校指定の制服、靴、鞄…
とにかく軍隊並みに同じものを一式揃えなきゃならない。
一時的に10万円以上のお金が飛んで行く。

修学旅行費も半端じゃない。

高校に入るときはもっと切実。

本当に金銭的に大変なのは、小さい子供をもつ親じゃなくて、
中学生以上の親だということに何で気づかないの??

今の時代は、当たり前のように高校を卒業していないと相手にされないから、
高校までを義務教育にするとか…

民主党も、自民党も、やろうとしてることがMの思いとはかなりズレてる。

で、ね、

本当に次世代のことを考えてるなら、まやかしの子育て支援なんかじゃなく、
子供を安心して産める環境づくりから入るべきじゃないの?

妊婦さんをたらいまわしっていうのが当たり前になってるけど、
どこの病院でも普通に妊婦さんの受け入れができるくらいじゃないと…。
産科、小児科の育成予算を組まなきゃ。
設備があっても医者がいないと意味がないですからね…。
今のままじゃ、コワくて子供を産みたいとは思えない。

で、産んだところで育てて行くためにお金が必要なんだけど、
それは小さい子供に対する親への子育て支援なんかじゃなくて、
本当に教育に付随するものにお金がかかる年代
中学生、高校生をもつ親にするべきじゃないのかなぁ?
というか、親じゃなくても本人直接でもいい。
とにかく教育を受けたいと切実に思う子どもに対して…です。
進学したいけど、親に悪くて言えないっていうのが一番辛い。

今の時代、お金がなくて修学旅行に行けない子…たくさんいるのに。
せめて高校最後の思い出くらい作らせてあげようよ…行かせてやろうよ…。

学校教育にも問題はあるんだけどね。
本当の教育にかかるお金より、付随するものにかかるお金のほうが大きい。
一例を言えば、デザイナーズやブランド制服なんて、バブルの時の話。
今でもそのまま引きずってるのって…変だよ…。

今の国会議員のセンセー様たちは、世襲が多いでしょ…
みんなお金持ち。
お金に余裕があるから分からないんだろうな。
それで国民の何がわかるんだろ?

子育て支援、Mは反対です。
そんな中途半端にお金をばら撒くなんて……やめて。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 交互 | トップ | おばか »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (ナナ)
2009-08-09 23:49:12
はじめまして。
私も同感です。
私が懸念しているのは、妊婦健診や出産費用、幼児教育の無償化など、妊娠・出産の初期のころの経済的支援は、度が過ぎると大変だということです。何故なら、今ですら児童虐待などの理由で児童養護施設や乳児院に預けられている子どもが定員をオーバーしているというのに、ましてや、児童虐待死亡事例における”虐待の理由”において最も多いのは、「望まぬ妊娠」なのです。
これ以上、初期の段階での経済負担を減らすと、安易な妊娠・出産が増え、育ててみたら実は成長するにつけお金がかかる・・ということに気づき、結果的に育てられない・・という親子が増える気がします。
経済的支援を行うのであれば、子どもが一人前になるまで継続して支援を行うべきですし、同時に、公教育の充実、性教育の強化(親もです!)、親子関係や家族支援など、さまざまな方面での支援が必要であると思っています。
支援という名の施し (M)
2009-08-10 14:41:14
ナナさん

いらっしゃいませ~
なるほど~…子供手当てなるものに対して、
眉間にシワを寄せてたのはMだけじゃなかったってことですね
実際、バリバリ現役で子供手当てがもらえるであろう親でも、
「何だソレ?」と、思われていることにホッとしました。

確かに今の時代子供を産んで育てて行くのは大変です。
「望まぬ妊娠」で子供を傷つける親は昔からいましたけど、今ほど大騒ぎされなかったし、
ある意味、出てきたものは仕方ないと「覚悟」していたと思う。
今は何の覚悟もなしにペットみたいに子供を所有してる時代ですもんね。
(育ててるなんて間違っても言えない親は確かにいるから…
そんなときに「子供手当て」なんて配られたら、もっとネグレストが増えるかも。
日本の識字率がどんなに高くても、人間教育そのものがなってないですもんね。
親や周りの大人の背中を見て子供が育つってこと、大人はもういい加減自覚しないと…。
結局こうやって耳障りの良い言葉で誤魔化す国会議員と、
Mみたいにブログでウダウダ文句言ってるだけの国民とで、
何かが変わって行くとも思えない…
ただはっきり言えるのは、随分と国民をナメてるなぁ~…ってこと。
支援って名前ばっかりで、ほどこしてやるって態度が見え見え。
ちっとも実態が分かっちゃいないってところが歯がゆいですね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。