ものづくりあれこれ

ものづくりで毎日を楽しもう!

山形県へのドライブ

2016年10月18日 16時27分21秒 | 旅行

鶴岡市生まれの作家藤沢周平記念館へ行く。

10月15日、久しぶりの予定のない休日でした。
そろそろ紅葉もはじまっているかもと、早朝、会津方面へ車を走らせることにしました。
ラーメン好きな夫が、喜多方へ行ってみようと提案したのです。

朝の冷気は車のフロントガラスを凍らせていました。
福島の山岳地帯を走り抜けるときは、あちこち深い朝もやでした。
こんな日は、お天気が良くなる傾向なのです。
思った通り、日が昇ると快晴で絶好のドライブ日和。

喜多方市へ着くと、朝の8時過ぎ。
まだラーメンには早すぎるなと、山形県米沢市まで行ってみることになりました。
私は、日本国内旅行で、新潟・山形・秋田の3県にはまだ一度も行ったことがありません。
山形県へ行けると思うとうれしくなってきました。

米沢市上杉神社あたりへ行くことにしました。
館山城跡には、伝国の杜と名付けられたところにとても近代的な米沢市立上杉博物館がありました。
米沢の地にゆかりの深い伊達氏と上杉氏の歴史を比較分析して、わかりやすく展示されていました。
古くは、伊達氏の支配下にあった米沢ですが、豊臣政権の仕置で伊達は仙台へ行かされ、後に上杉の支配下となりました。
米沢藩は、江戸時代になり財政の貧困に苦しみ、上杉家当主がさまざまな土地の開拓や産業を起こし、その苦難を乗り越えたのです。

館内に、山形県の情報が展示されていてその中に、鶴岡市にある藤沢周平記念館の案内がありました。
夫にすすめられて最近、藤沢周平の時代小説を読むようになりました。
映画やドラマでも時々見ることがあります。
その作風がしみじみとして歯切れよく、登場人物の人情や人間らしさに引き付けられます。
鶴岡市までは、2時間余り、道中は長い。
ここまで来たのなら、行ってみようと決めました。
山形自動車道は、高い山々の合間を縫うように走ります。
深い谷や美しい山並みを走るのはとても快適でした。
広い庄内平野を走り、最上川を横切りました。

ようやく鶴岡市に着いたのは、午後2時。
喜多方ラーメンではなくて、いりこ出汁の効いた山形ラーメン。
ようやくありついたラーメンはとても美味しく、もう一度食べたくなる味でした。

鶴岡城跡にある藤沢周平記念館をじっくりと見て、遠路訪ねてきてよかったねと夫と話しました。
山形県に今も大切に残されている歴史が、藤沢周平の小説の根幹にある人間観や歴史観を育てたのだと思います。
帰ったら、また藤沢周平の小説をいろいろ読みたいなと思いました。
初めての山形県を急ぎ足で走りぬけた感じです。
またいつか、ゆっくりと旅したいなと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エゴマの採り入れ | トップ | 干し柿の季節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。