靖枝の一振り2 民主主義を支える貴方の一票

60年安保、15年安保に反対した人は有権者の何%なのだろう?日本人はどうして自民党が好きなのだろう?という素朴な疑問!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新年に望む

2016-12-31 22:34:55 | 政治社会
新しい年に、政治の話が自由にできる社会を望む。

日本では長年「政治の話は御法度」で、職場でも学校でも公民館でも政治の話はできない。

コンビニのおじさん曰く「政治?いやあ、この辺は公明党が多いんでね、下手なこと喋るとお客が減る」

〜〜違う。

政治の話とは党の宣伝ではなくて、この日本がどう進んでいけばいいか、税金をどこに使うかを、みんなで考えることだ。

今、日本は独裁政治に近い。原因は国民の政治参加意欲の喪失である。
政治を諦め、棄権する人を育てて来たのは、隠された故意ではないだろうか。

例えば福岡市は政治に批判的な展示会への後援名義を拒否する。

恣意的な「中立」をふりかざし、市民の学び考える機会を奪う。


「個人が主体的に学び、考え、実践的に行動する」!!


この民主主義の根幹を理解していない公僕が 日本中に溢れていて、市民を政治から遠ざける。

現に自民党は国民のたった2割の得票で国会の過半数を占め、大半の市民が反対している政策を、唯我独尊で進めている。

基地集中による沖縄県民の犠牲は解消すべきだと普通の人は思う。しかし政府は合法だと言って県民を弾圧し続けている。

役に立たない戦闘機をアメリカから高い値段で買うのも、2割の金持層へのご恩返しである。

貧乏人も金持も同じ重さの一票をもっているのだ。

政治についてあちこちで議論が沸き、みんなの投票で政治を動かせる社会の到来を、強く待ち望む。

その為に 貴方の隣人に質問してみて下さい。 ちょっと勇貴が居るけれど。

あと10分で2017年。
みなさま 良いお年を!!




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 戦闘機の値段と 高齢者の値段 | トップ | 戦争を二度としない為の 方法 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

政治社会」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。