70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

お土産と成長

2017-06-30 15:30:01 | 愛すべき子どもたち

中学3年生のRくんとSちゃんが2泊3日の修学旅行に行ってきた。さんあいの子どもたちは修学旅行に行くと職員に必ずお土産を買ってきてくれる。今回の2人も美味しそうな京都のお土産を買ってきてくれた。

感心したのは、2人で相談して職員の数を考えて2種類で合計36個あるお菓子を買ってきたことだ。さんあいでは、今年から職員が6名増えて31名になった。そして実習生を含めると32名分必要だ。 本人たちが職員数を把握していたのか、出発前に職員に聞いて行ったのかどうかわからないが、とにかく人数分あるお菓子のお土産に2人の成長をみることができる。職員はお菓子以上に2人の成長を喜んでいる。

 

合計32個のお菓子、みんな1つずつとって美味しく頂きました。 ありがとう、Rくん、Sちゃん!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 驚くばかりの成長 | トップ | お別れはアッサリと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事