70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

1泊研修

2017-10-05 16:50:36 | 愛すべき子どもたち

24時間365日子どもたちの生活を支えている児童養護施設では、全職員が1日かけて学び議論する時間をとることは不可能だ。そこでさんあいでは、2班に分かれて一泊研修を実施した。研修の目的は、さんあいの理念の柱であるキリスト教理念を学び、より良い養護とより良い職場を議論し、そして親睦の時も持つことができた。

職員は、ベテランも新人も真剣に学び、オープンに議論し、そして思いっきり親睦の時を楽しみました。この研修で職員がリフレッシュして、新たな力で年度の後半を乗り切ることができるよう願う。

グループに分かれて

子どもの最善の利益をベースに、業務の改善や新たなアイデアを出し合いました。

 

そして、議論をまとめた発表は新人職員が担いました。

 

そして、研修の後の夕食は、居酒屋さんで懇親会の時を持ちました。みんなとても楽しみました。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒップホップダンス | トップ | 秋のトイレ新聞 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事