70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

さんあい「ふれあい家族」

2017-04-26 13:52:54 | 愛すべき子どもたち

さんあい「ふれあい家族」とは

親の離婚、病気、出産、親からの虐待など様々な事情により家庭で生活できない子ども達がさんあいで生活しています。ふれあい家族との生活を体験することは、今後の子ども達の成長においてとても大切なことだと考えています。さんあい「ふれあい家族」は、施設で生活している子どもを、学校などがお休みの時期に、皆様のご家庭でホームステイ(数日間の宿泊)をさせていただくものです。

 

交流する子どもについて

お預かりいただくのは、おおむね2歳から12歳の子どもです。

 

交流期間について

 交流していただく期間は、週末、祝祭日、夏休み、冬休み、春休みなど学校が休みの日などです。

 具体的な期間は、さんあい「ふれあい家族」担当職員と相談してください。

1.原則として夏休みや冬休みなどの間で最長5日間程度とします。

2.他の休日の日帰りや一泊程度の交流もできます。

*ふれあい家族の希望と児童の希望を考慮して日時や日数は決定します。

 

さんあい「ふれあい家族」の条件について

「ふれあい家族」になっていただくには、次の条件を満たす必要があります

(1)埼玉県に在住していること

(2)申込者は、長期で特定の児童と関わりをもっていただける25歳以上65歳以下の里親登録をされている方で、25歳以上65歳以下の里親登録されている同居家族を有していること。

(3)家族(申込者を含む)のうち、少なくとも1人(25歳以上65歳以下の里親登録されている方)が、受け入れ期間中児童の養育に専念できること。

(4)園内の生活体験ボランティアや行事に参加来園し、子ども達や職員と交流しながらお互いをよく知る機会を持つこと。(マッチング後、個々の交流を開始します)

(5)さんあい「ふれあい家族」担当職員が家庭訪問する機会を持つこと。

(6)さんあいが実施する子どもの権利や児童養護に関する研修を、申込者と少なくとも1人(25歳以上65歳以下の里親登録されている方)は受けること。

(7)社協ボランティア保険(自宅外を保証)に加入すること。(費用:さんあいが負担)

    *保険加入可能:10歳以上

自宅交流時の保険(傷害保険・損害賠償保険)の加入は任意とする。(加入費用は申込者負担

    *受託中の里子は里親賠償責任保険に加入(埼玉県里親会・さいたま市里親会)

    *里親、実子、同居親族、未委託里親、養子縁組をされて未委託里親として登録されている場合も任意加入となる。

      <あいおいニッセイ同和損保>

夫婦型保険 7日間有効 1940円(里親・未委託里親)

 家族型保険 7日間有効 3330円(実子・同居親族も対象)

   

申し込み方法

さんあいに直接お申し込みください。さんあい「ふれあい家族」担当職員から説明をいたします。

申請書に必要な事項を記入して提出してください。(ふれあい家族実施票・ふれあい家族誓約書)

 

家庭訪問について

 お申し込み後、さんあい「ふれあい家族」担当職員がご家庭を家庭訪問させていただきます。その際には、同居しているご家族の方にご同席していただきます。

 

登録について

家庭訪問の後、施設長が適当と認める場合には、施設から「ふれあい家族」登録のお知らせをいたします。  

 

研修について

さんあいが実施する子どもの権利や児童養護に関する研修を受けていただきます。

 

子どもの紹介について

 登録後、子どもの紹介は、さんあいからご相談いたしますので、それまでは、お待ちいただくことになります。

 この間施設行事や生活体験ボランティアを体験して、子ども達への理解を深めてください。

 *生活体験ボランティア:さんあいの子ども達と遊んだり、宿題を見たり、一緒にご飯を食べたりしていただくボランティアです。

子どもとの引き合わせ

 事前にご希望を確認します。お預かりしていただきたい子どもの紹介後に、施設訪問を重ね、子どもと話したり、一緒に遊んだりすることから始めます。

 この過程で、さんあい「ふれあい家族」としてこの子と交流していただくか判断していきますので、お気付きの点や意思をさんあい「ふれあい家族」担当職員にお伝えください。また、子どもの意思も確認し最終決定します。

 交流が決定した場合は、日帰りの交流から始め、少しずつ交流の期間を長くしていきます。

 

子どもの送迎について

さんあいからの送迎については、原則として、「ふれあい家族」の方にお願いします。

なお、送迎に伴う費用は「ふれあい家族」の自己負担でお願いします。

 

交流中について

 交流中の子どもの様子、起きた出来事について、さんあい「ふれあい家族」担当職員にご報告いただきます。交流当初、子どもは、施設とは異なるふれあい家族さんの生活習慣に、戸惑いを感じることがあります。このことで、「ふれあい家族」の方が不安に感じることがありましたら遠慮なくさんあい「ふれあい家族」担当職員ご相談ください。また、子どもが病気や怪我をしたり、事故などがあった場合にも、速やかにご連絡してください。

守っていただくこと

「ふれあい家族」に登録した方は、次のことを守っていただきます。

(1)施設長やさんあい「ふれあい家族」担当職員の指示には、必ず従ってください

(2)交流中に知り得た子どもに関する事柄を、むやみに第三者に漏らすことのないようにしてください。

(3)必要な届け出は怠らないようにしてください。

 

交流中の費用について

すべて「ふれあい家族」の自己負担とさせていただきます。

ただし、社協ボランティア保険加入費用についてはさんあいが負担します。

 

損害賠償保険の加入について

(1)交流中に、子ども(園児)が起こした事柄で、第三者から「ふれあい家族」に損害賠償を求められる事態が生じた場合などには、速やかにさんあい「ふれあい家族」担当職員までご連絡ください。

(2)交流中に、「ふれあい家族」が起こした事柄で、第三者から損害賠償を求められる事態が生じ た場合の備えとして、

・社協ボランティア保険に加入していただきます。(費用はさんあいが負担)

  *自宅外を補償対象とします

・民間保険の加入については任意加入とさせていただきます。(費用はふれあい家族負担

  *自宅内も補償対象としています

<あいおいニッセイ同和損保> 

夫婦型保険 7日間有効 1940円(里親・未委託里親)

家族型保険 7日間有効 3330円(実子・同居家族も対象)

 

お問い合わせ先(℡:048-585-0605)

ご意見、ご質問等は、さんあい「ふれあい家族」担当 野田までお問い合わせください。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バザー用品求む! | トップ | お相撲さんが深谷にきた! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL