70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

Mくんの帰省

2017-07-19 16:27:34 | 愛すべき子どもたち

2年前に退所した小5男児Mくん、先日久しぶりにさんあいを訪れる機会があった。事務所職員と会うなり、「Kちゃんと会いたい、Rくんと会いたい」の第一声。生活を共にした仲間意識が消えていなかったのは職員としてはうれしい限りだ。 ただ今の生活よりさんあいに居た時の方が良かったと思ってはしないか気がかりでもある。

再会した子どもたちは、お互い照れくさそうに、

「いょM、元気か?」 「背、伸びたんじゃね?」 「痩せたかなぁ?」 

「みんな元気?」

職員はあえてその会話には入らず少々遠巻きに見守っている。 みんなと会えたMくんは、いつも遊んでいた中庭をぐるっと見回して帰って行った。 短い時間であったがMくんの帰省だった。

 

 

交流ホールで女の子とも再会。それからMくんが来ていると聞きつけて、沢山の子どもたちがお部屋から出てきてくれた。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トウモロコシ採り放題 | トップ | ガーデンパーティー2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL