中野さなえ活動日誌

花には太陽を こどもらには平和を

K保育園の発達相談日

2017年03月07日 18時33分07秒 | 活動日誌

 K保育園の発達相談日。孫の通う保育園です。

 継続で見ている子の発達診断のあと、先生との懇談でした。

 来年度は、発達相談が保育に生かされるよにうに、やり方を発展させていただく相談もしました。

 

 来年は保育指針も変わります。子どもを見る目を確かなものにしてゆかないと・・・と思っています。保育も集団でおこなわれますね。先生や保護者の方、私も含めて、大人も集団で育ちあう努力をしてこそ、子どもに向かってゆけると私は思います。

 

 

    発達は要求から出発する

    発達は権利である

    発達は集団の中で達成される

    発達の可能性は作り出してゆくものである

 

 これが私たちの考える発達の4原則です。どの子も、平等に育つ権利がある。現場で子どもの要求をとらえ、実践力を高めると同時に、発達を阻むものには立ち向かって道を切り開く事ですね。

 

 孫の保育園でも、もう一歩進んだ仕事にしたいと思っています。たいしたことはできないけれども、少しずつでも前進はしたい。

 

 今朝、孫が言っていました。「バァバがくると、みんな、『あ、Aちゃんのバァバだ!』ってよっていくでしょう。Aちゃんは、Aちゃんのバァバだから(抱きつきたいのを)しんぼうしているの」

 「がまん」ではなくて「しんぼう」ということばにちょっと驚きました。

  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒバクシャ国際署名の県推進... | トップ | 3・11が近づきました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

活動日誌」カテゴリの最新記事