中野さなえ活動日誌

花には太陽を こどもらには平和を

カトゥー族を訪問しました。

2016年11月25日 23時53分42秒 | 活動日誌

 

昨日から、電波の都合か、どうしてもインターネットがつながりませんでした。

本日夕方、「あ、つながってる!」なかなか難しいものですね、機器は。

 

さて、感動の毎日、報告できなかった分はワードで書いたので、また帰国後処理します。とても素敵な出会いと感動があったのです!枯葉剤の被害者の会の会長さんとも出会得ました。

 

今日はもう遅いのですが、それでも報告したい。

 

少数民族のカトゥー族を訪問しました。ホイアンからバスで3時間弱かかったかな。山の中です。

 

 

昔ながらのくらしをしていました。

かつて解放戦線と共に戦った民族、枯葉剤の被害も受けた民族です。

いろいろ知りたかったのですが、一回の訪問では無理ですね。

 開放戦士として戦った元村長さんとのお会いしましたが、92才ですって。当時のことをお聞きしたかった。

 

でも、元村長さんも含め、タトゥー族の皆さんの素朴で暖かい人柄に触れたことが、一番の宝となりました。

 

 私は、本当に心熱くなりました。

 私たちがどこかに忘れてきているのもを彷彿させる出会いでした。

 

村にはかわいらしい子ども達がたくさんいました。その目は、澄んで輝いているの。屈託が無いのです。胸が打たれました。子どもって、こんな風にきれいなのよねっておもいました。 

 

動物たちも共存しています。

昔ながらのくらしはいいことだけではないのは、それはもちろんですが、人が大事にすることってなんだろうと、考えましたね。

 

民族舞踊の歓迎はすばらしかった。一緒に踊ったことは最高の思い出になりました。

 

さて写真のアップがうまくいきません。頑張ってみます。

 

何枚かうまくいきましたが、どうしてでしょうね。全部うまくアップできないのですよ。まあ、かんべんね。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベトナム支援を思い出させた... | トップ | 最高のたびでした。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

活動日誌」カテゴリの最新記事