中野さなえ活動日誌

花には太陽を こどもらには平和を

共産党街頭演説会、聴衆もいっぱい、怒りもいっぱい。

2017年05月14日 17時26分53秒 | 活動日誌

長野駅前での共産党の街頭演説会でした。

井上参議院議員、衆議院比例代表の西沢さん、一区候補の長瀬さん、二区候補の清沢さんが、それぞれ訴えました。

清沢さんも長瀬さんも、若々しくて元気一杯。

長瀬さんは、「自由の由、希望の希で由希子です」と、ああ、なるほど、とてもいい名前だなあと私は思った。

私の姉も「ゆきこ」です。でも「由紀子」。幼いころ、紀元節の「紀」だとの誰かの説明を聞いて、紀元節を知ったのです。

 

井上さんの国会報告と安倍政権の憲法改悪や共謀罪の中身をわかりやすい話に、聴衆は怒りで一杯、野党と市民の共闘で安倍政権を追い詰めようと心は一つ、「そうだ!!」の合いの手が上がりました。

 

 教育勅語の「夫婦相和し」の内容の話の時には、私の周りはみんな失笑でした。

 世の父ちゃんが聞いたら、「真っ赤な嘘だ!」とみんな笑うのではないでしょうか。でも、それが学校で教えることになれば、その教育方針が徹底されれば、笑う話ではありません。

 

 さて、夜は母の日と、5月生まれの私と長女の誕生会を兼ねて、焼肉屋さんへ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「バァバ、いかないで」、で... | トップ | 集団で話せば見えてくる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む