中野さなえ活動日誌

花には太陽を こどもらには平和を

ヒバクシャ国際署名の党の全国担当者会議

2017年04月20日 21時14分35秒 | 活動日誌

 ヒバクシャ署名の全国担当者会議のため、党中央委員会へ出かけました。

 中央委員会に勤めている帯川さん(アナウンス学校でお世話になった)はじめ、ほんとに久しぶりにいろいろな方とお会いでき、「わー!」「きゃー!」と再会を喜び合いました。

 

 写真は、同じ会議に出席の、福井の金元さん、富山の高橋さん、お二人とも衆議院候補を一緒にやった仲。再会はほんとにうれしかった。候補者の仕事をやって得したことはたくさんありますが、北陸信越に友人がたくさんできたことは、大事な大事な宝です。

 

 金元さんは今回も福井一区の予定候補者で、あの稲田防衛大臣と対決しているのです。真正面から対決できるのは彼女しかいない。頑張ってほしい。

 高橋さんからは、「富山市議選、応援ありがとう。長野のみなさんによろしくお伝え下さい」と頼まれてきました。ここでもお伝えさせて下さい。

 

 さて本題の会議です。

 まず、山下よしき党副委員長から、国際会議で党が果たした役割、ヒバクシャ署名の意義についてなどの報告がありました。身の引き締まる内容でした。

 あらためて、高齢の被爆者が立ち上がった尊さを胸に刻みました。

 討論では、全国で苦労を乗り越えながら頑張っている報告に、長野も頑張ろう!!と元気をいただいてきました。

 

 それにしても、久しぶりの東京、疲れた。人がいっぱい、電車も満員。はぁ・・・。お上りさんですねえ。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒバクシャ国際署名の担当者会議 | トップ | 東部ブロック全域に九条の会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む