中野さなえ活動日誌

花には太陽を こどもらには平和を

再びK保育園の発達相談日

2016年10月14日 20時24分42秒 | 活動日誌

 昨日に続き、K保育園の発達相談日でした。

 お母さんも仕事を再開して間もないので毎日が必死、お子たちも園に慣れるので精一杯のときですから、対応の難しい子もいます。4人目で兄弟の中でたくましく育っている子もいました。

 

 お母さんにべったりくっついて離れられなかった1才児の子、聞くところによれば、家でもべったりくっついていて、おかあさんの家事仕事に支障をきたしてるとか・・・。

 

 外では、年中、年長さんが真っ黒になって遊んでいます。「ねえ、お母さん、あの頃はべったり離れなかったねえ・・というようになりますよ」

 

 育休の間、お母さんとの世界が大きな場所を締めていたのだから、当たり前です。保育園は、子と親の距離感を学ぶところでもありますね。

 

 さて、写真は「孫の手」。今日のお手伝いはいんげんの筋取りです。茹でてからやってもらったので、一つ取っては味見して、もう一つ取ってはまた口へ。

 

 この頃は、そういう役得のあるお手伝いを選び、ジャガイモ洗いとかニンジンの皮むきは「そんなの、やりたくない」と拒否するんですよ(^◇^) また「なにやってほしい?」と聞いて選ぶ時もあります。

 

 ほめてもらうのが嬉しくて一生懸命していたときとは、ちょっとレベルが違ってきています。一応のことは経験してきましたので、「見通し」をもって選択していますし、ばぁばが一番欲していることをやって、役に立ちたいとの思いも出てきています。

 

 「きょうはやりたくない。ビーズであそぶんだもん」と、きちんと拒否できるのもいいなと思ってみています。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« K保育園の発達相談日、乳児... | トップ | ホタルを見る会。皐月保育園... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む