中野さなえ活動日誌

花には太陽を こどもらには平和を

孫の成長に目を見張る

2016年12月28日 21時41分52秒 | 活動日誌

 

今日描いた絵に、孫の成長を感じました。上を向いて鳥を見ているのだそうです。わたしは心揺さぶられました。上向きなんてよく描けたなあ、と感じたと同時に、この絵には何とも言えない心の広がりがある。素敵だ。孫、もうすぐ4才3か月。

いつの間にか、横向きの顔も描けるようになっていました。

 

さて、夕食の時、好きなもののおかわりを要求する孫。要求は茹でただけで何もつけてないカリフラワーとミニトマト。すでにこどんぶりに一つ。

 

4度目の要求、「ご飯たべたらあげる」と言ったら、それが気に入らない。「バァバのいじわる!」と泣き出した。

 

「いじわるじゃないよ。ご飯も食べないと力が出ないよ」

 泣きやまない孫。「やさいがすきなんだもん!!わーわー。いじわるしないでーー」 こりゃだめだ。泣きじゃくってどうにもならん。しばし、知らんふりのバァバ。

 

ヒックヒックして言うことには「バァバ、ごめんね。そんなことわかってる。Aちゃんね、うそっこでいったんだよ!それなのにバァバはおこったんだよ!」 

 

おこってはいないけどなあ(/ω\) しかし、この言い訳ぶり、成長したねえ。気に入った。「そんなこと、わかってる」、核心はここだものね。そして謝れるって、すごいと思った。

 

「じゃ、バァバもごめんね」「なんで?」「噓っこで言ったんだって、わかんなかったんだよ、ごめんね」「いいよ」

 

かくして、魚も煮物もご飯もみんな食べて、力こぶしを出して見せてくれた孫でした。

これだから、孫がいると楽しくてしょうがない。発達は大人や友達との衝突を通して、社会性を学ぶため、自我をコントロールする自分とのたたかいですかね。

けなげな子どもたち。可愛い孫。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 知人の突然の訃報 | トップ | 今、たたかいの沖縄へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

活動日誌」カテゴリの最新記事