中野さなえ活動日誌

花には太陽を こどもらには平和を

ベトナムから友来たる

2017年07月11日 09時13分52秒 | 活動日誌

1か月以上に渡って計画準備してきたベトナムの子たちの受け入れ、昨日から始まりました。

昨晩は歓迎会、12才から20才までの子たち10人に引率者のホーさんご夫婦の12人、そして今日は新たにアメリカに留学しているホーさんの娘さんがわざわざ留学先からやってきます。

 

ホーさん曰く「今、ベトナムは新しい国つくりをしています。この子たちにしっかり学んでもらって、ベトナムを背負える存在になってほしい。また日本語を話せるだけでなく日本の暮らし、文化を知ってほしいです」とのことでした。

 

私は歓迎の挨拶で2つのことを述べました。

まずは、直接関係者ではないのにも関わらず、多くの皆さんの絶大なる応援で実現したこと。そのわけの一つは、私たちが皆さんと同じ青年だったころベトナムに連帯しベトナム戦争反対で一緒に戦ってきたので、ベトナムを特別な国として受け取めており、そのベトナムの子ども達だもの、楽しく有意義に過ごしてほしいとのおもい。

 

もう一つは、平均年令が28才の若々しいベトナムが、いま新しい国つくりで頑張っている。日本は戦争への道を走ろうとする人たちがいるが、私たちは平和な国つくりために頑張り、若い皆さんには、新しい国つくりでがんばってほしい。日本の青年・子どもたちとの交流の機会も計画しているので、ぜひ仲良くなりましょう。1週間が楽しい日々となりますように。

 

子どもたちは日本の歌を披露してくれました。「ふるさと」と「ドラエモン」でした。

思ったより日本語は上手ですよ。

ベトナム語、英語、日本語の3か国語を話せるのですね。私は日本語だけ( ;∀;)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 20回目のふるさと祭り | トップ | 温泉に »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む