サナダ虫 ~解体中~

Go on and fuck yourself

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

鍵 ~「ダ・ヴィンチ・コード(下)」~

2006年05月09日 | 批評 「読」 
「ダ・ヴィンチ・コード(下)」(著:ダン・ブラウン 訳:越前敏弥)を読んだ。

「ラングドン」シリーズ第2弾。

映画化され、5月20日に、全世界同時公開予定。


ルーヴル美術館のソニエール館長が異様な死体で発見された。

死体の謎とは?暗号の謎とは??命を懸けるほどの“秘密”とは・・?!

ハーヴァード大学教授と館長の孫娘でもある暗号解読官が、その謎に迫る!

上巻 中巻批評はこちら)


感想。

①そういや居たな、アリンガローサ。(私の中では存在感が、かなり薄い)

②登場人物が限られている所為か、黒幕がすぐ解ってしまうのが、アレだ。

③それにしても、随分と濃い一日だったよなぁ・・。


思っていたよりも、物凄く読み易くて面白かった。(字もデカイ)

星5つをつけてもいいくらいなのだが、

やはり、宗教・歴史・美術にあまり精通していないので、軽はずみなことも言えず。

★★★★☆


映画も楽しみだ。

重要な美術品が拝める訳なので、期待外れ・・にはならないとは思うが。
『小説』 ジャンルのランキング
Comments (4)   Trackbacks (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 潜 ~「海猿 ウミザル」~ | TOP | 腫 ~長時間デートお断り~ »
最近の画像もっと見る

4 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (しましま)
2006-05-10 23:52:40
先日は大量にTBをお送りしまして

失礼致しました。

私は『ダ・ヴィンチ・コード』の本はまだ読んでいないのですが

本日、映画の試写会の招待状がうちに届いていたので(!)

一足お先に映画を観に行ってきます!

18日に感想をアップする予定なので

その時にはまた是非遊びに来てください。
しましまさんへ (サナダ)
2006-05-11 22:26:26
コメントありがとうございます。



いえいえ、こちらこそ仕返し・・ではなくて、お返しでご迷惑を・・。笑

いつでも歓迎なのであります。



って、えぇー!?

試写会の招待状って・・!ズ、ズルイ・・・・!

試写会って、タダじゃないですか・・。

私は一度も行ったことがありません。

応募したこともあるのですが、全く当たりません。

「応募者全員にプレゼント!」も景品が届きません。
うぅ~ん・・・(;´A`) (かなヘィ)
2006-05-13 15:06:33
こんちくゎお久です。

『ダ・ヴィンチコード』ですか・・・ぁ。

デモあれゎ、イエス・キリストを馬鹿にしてる(マグダラのマリヤと子供を設けたとか)

と思うんです。クリスチャンにも失礼だし。(あたしゎクリスチャンです)。イエス・キリストゎ、そんなことしてないのに・・・。

まぁ、あたしゎそう思います。
かなヘィさんへ (サナダ)
2006-05-13 22:14:17
コメントありがとうございます。



お久ですね~。どうもどうも。

・・ってアラ、かなヘィさんは駄目でしたか。

まぁ、クリスチャンの方はそうかもしれませんねぇ。

でも、ちゃんと読んだのですね!



私はクリスチャンでもないし、キリストのことはよく解りませんので、

「正しい」「間違い」とは何とも言えませんが、

絵画とかの説明(仮説)には、結構納得してしまいましたよ。

暗号も面白かったですし。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

2 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
読書の日々 (共通テーマ)
今日読んだ本、今日思い出した本。今日の一冊について、書いてください。
ダン・ブラウン「ダ・ヴィンチ・コード」 (ケイの読書日記)
 先日、図書館の人から「予約の本が来てますよ」と言われ、やっと思い出した。「ダ・ヴィンチ・コード」私予約していたんだ。長かったなぁ。忘れてたよ。  ということで遅ればせながら読んでみる。  ルーブル美術館館長のジャック・ソニエールが、館内で惨殺 ...