サナダ虫 〜解体中〜

Wherever you are, I always make you smile
【5年前の曲、iTunes1位!】

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

温 〜「ALWAYS 三丁目の夕日」〜

2005年12月31日 | 批評 「観」 
山崎貴監督作品、吉岡秀隆主演の、

映画 「ALWAYS 三丁目の夕日」を観た。


昭和33年、東京下町の夕日町三丁目に住む人々の話。


感想。

〕絞慍阿気鵑呂發少し大切に扱いましょう。

▲ラ、東京さ何遍が行っだげど、東京タワーはまだ見だごどねぇ〜。

M柴は何十年経っても綺麗で変わらないままだが、国や人は随分と変わったな・・。


見所。

[詭擴箸亮家用車。

∋慘悄

E豕タワー。


「昭和時代」、「吉岡秀隆と小雪が出演」だけの知識しかなかったが、

「何かよく解らないけど、みんな絶賛しまくりの映画」みたいなので、観てみた。

そんなにいいのかよ。イマイチ信用出来ねぇなぁ〜・・という、感覚で。


・・・・


すっげー良かった!

これは是非、観るべきだね。万人受けだから、普通にオススメだ。

笑いは勿論のこと、久し振りに沢山泣いた映画でもある。

・・ふん、誰も居ないことだし、笑い放題泣き放題だったぜ。(貸切状態)

★★★★★


今年最後の映画に選んで、本当に大正解。

あぁ〜、こっちに向かって「よいお年を〜!」と言ってくれてるぅ〜。


よいお年を〜!
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
Comments (20)   Trackbacks (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外 〜異性フェチバトン〜 | TOP | 明 〜2005←2006〜 »
最近の画像もっと見る

20 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
大晦日に! (ミチ)
2005-12-31 20:21:14
こんにちは♪

主婦は到底大晦日に映画なんて行っていられません〜(涙)

最後の最後に良いチョイスをなさいましたね。

満点とは!

しかも貸切状態?

「Mr.&Mrs.スミス」ではカップルで超満員だし、面白い映画館ですね〜。

また来年もよろしくお願いいたしますね〜!
よいお年を〜 (kossy)
2005-12-31 20:31:25
俺も暇があれば、今日行きたかった。

思いっきり「よいお年を〜」と年末の挨拶ができるだなんて、うらやましいです(笑)いい想い出になりましたね〜



では、よいお年を〜

コメントありがとうございます。 (サナダ)
2005-12-31 20:44:51
ミチさんへ



映画には行けなくとも、コメント・TBは早ぁー!笑

私が★5つをつける映画って殆ど(ってか「SAW」シリーズ以外)、

「観る気がなかった」「最後まで非難しまくっていた」映画ばかりなのです。

その映画について何も知らないくせに、よく言えたものですよね〜。はは。



あ、今回は「ミセス」とは別の映画館でしたよ。

イベント以外は、どこの映画館でもこの地域はこんな感じです。少な過ぎ。

大丈夫なのですかねぇ〜・・。田舎、フォー!!





kossyさんへ



大晦日は、毎年「独り映画鑑賞」です。

はっはーん。



春から夏になり、クリスマスまで来て、

・・おぉ?もしかして年越しまで来ちゃうんじゃないの??と思っていると・・、

ビンゴー!!

ちょうどそこで終わったし、この作品は大晦日に観るべきですね。





みなさん、よいお年を〜!!

来年も“虫ブログ”をよろしこ〜〜〜!!
こんばんは! (猫姫少佐現品限り)
2005-12-31 20:49:37
TBありがとうございました!

満点ですね?

あたしも満点!!



来年も、よろしくお願いしますね!

良いお年を!
猫姫少佐現品限りさんへ (サナダ)
2005-12-31 21:12:01
コメントありがとうございます。



あぁ〜、猫姫様!

わざわざこんな庶民なブログにご来訪頂き、

感謝感激で頭が上がらない次第でございまする〜!(何)



最後にとても素晴らしい映画に出会えて、本当に良かったです。

来年もブログ共々、よろしくお願い致しまする〜・・。
なんと!★5つ。 (ベリー)
2005-12-31 21:29:45
ほーーーーっ!

サナダ評価で★が5つが出たっ。

気になっているこの映画。

おーっ、早くDVDになってくれ。



今年もあと2時間半。

よい新年をお迎え下さい。

来年もヨロシクね〜。

TBありがとうございました☆ (paorin)
2005-12-31 21:44:06
 こんばんは!TBありがとうございました!



 大晦日ですねえ。僕はいまミルコ戦を見ながらコメントしています。日本の季節をうまーく取り入れたこの映画、ホントにオススメですね!



 よいお年を☆
指輪物語 (にら)
2005-12-31 22:14:02
いやー、さすがお目が高い。



ナットかチクワでも出してくるかと思ったら、あの指輪!

昭和に限らず人類史上最も粋な小道具でした。



てなわけで、年の瀬のTBありがとうございました。

よいお年を。
あけましておめでとうございます (ふくちゃん)
2006-01-01 11:20:02
TBありがとうございます。この作品は僕も去年みた作品癸韻留撚茲任靴拭

今年もたくさんいろんな映画観たいですね。

今年もどうぞよろしくおねがいします。
コメントありがとうございます。 (サナダ)
2006-01-01 19:08:45
ベリーさんへ



すぐにお返事・ご挨拶に行けなくて申し訳ないです・・。

★5つ作品は、結構出てますよ。

心温まるいいお話でしたので、是非。





paorinさんへ



初めまして、こんにちはー。

私も色々な番組を変えながら観てました。もうワケワカメー。

春から冬までオールシーズンでしたからね。

それはそうと、東京では大晦日も雪降らないのですね・・。

ずるー。





にらさんへ



わはは、野良猫野良犬も捨て難かったんですけどねぇ。

やはりココは妥当に・・ということで。(何)

普通に感動しましたよ、そのシーンは!

純愛だぁ〜。「冬のソナタ」もビックリです。(知らないけど)





ふくちゃんさんへ



2005年の癸韻任靴燭!それは凄い!!

確かにそれだけ素晴らしい作品ではありました。納得です。

私の癸浦酩覆辰堂燭世蹐ΑΑΑ

いつも、のほほんと観ているのでねぇ・・。

批評も下らないし、本数も全然だ。あえて出さない方が良さげな感じですな!
こんにちわ。 (omuhashi)
2006-01-02 18:30:10
この映画ほど感動し、うるうるしたのは

かなり久しぶりだと思います。

健太くんの演技・役どころがなんと

言っても一番感動です。

最後の主人公との再会シーン。

二人のやりとりがぐっときます。

また、この映画で堤さんのポイントが

あがりましたw
omuhashiさんへ (サナダ)
2006-01-03 15:57:59
コメントありがとうございます。



健太くん、かなり良かったです!

あと、名前判らないですけど、もう一人の子役!

大きくならないうちに、沢山活躍して頂きたいものです。笑



吉岡秀隆のダメ男ぶりもピカイチでしたし(この人、こういう役しか

出来ないけどさ・・)、堤さんも最高。

演技は勿論、キャラも良かったなぁ〜。



笑って泣いて笑って泣いての繰り返し。

大満足の映画でしたね。
こんばんわ。 (omuhashi)
2006-01-05 00:46:30
健太君にはもっともっと感動ものは

もちろんいろんなジャンルに進出して欲しいですね。

できれは声変わりとかする前に(幼いうちに)。



吉岡さんがあそこまでダメ男を演じるとはと

思いました。「Dr.コトー」で癒し系キャラと

思えばダメ男になったりとかおもしろいです。

どちらのタイプもあっていますね。

堤さんはどこにいってもたいて濃く印象に

残ります。



私もこの映画は百点満点だと思っています!!
omuhashiさんへ (サナダ)
2006-01-05 02:38:25
コメントありがとうございます。



ねー!声変わりすると悲惨ですよね・・。

やはり子役上がりは受け入れ難いです・・。(仕方ないけど)

えなりかずきも、声や顔はとても可愛かったのに、

今はただのオッサンですもんね。笑

はい、そんな彼と私はタメです。はい、いらない情報でした。



吉岡氏の「Dr.コトー」は観てないですねぇ。

第一回放送の初めでゲロッていて、またダメ男っぽい、と勝手に解釈。

「北の国から」のジュンが、頭から離れないー・・。



なんと、100点満点とな!?

私は大体、90点くらいかな。

じゃあ満点の映画って何やねん!と思いますが・・。
TBさせて頂きます。 (出田(nao))
2006-01-05 06:33:22
はじめまして、TBさせて頂きます。

音楽といい雰囲気といい、懐かしい感じのする映画でしたね。

遠くに見える東京タワーとか、

どこからどこまでがCGなのか、

分からない映像技術も凄かったと思います。
出田(nao)さんへ (サナダ)
2006-01-06 01:56:47
コメントありがとうございます。



そうですね〜、

まるでその時代にタイム・スリップしたかのような、町並みで・・・・

って、その時代の人間ではありませんが。



徐々に完成されていく東京タワーは、観ていて面白かったです。

お邪魔虫ぃ〜 (rroundd)
2006-01-11 08:48:53
TB&コメありがとうございました!



私は以前仕事の関係で横浜に住んでいたことがあったのですが、その頃建設中だった横浜ランドマークタワーが日ごとニョキニョキと天高く伸びていったことをこの映画の東京タワーを見て思い出しました



この映画には子どもの頃の懐かしい思い出だけでなく、大人になってからの思い出も甦らせる力があるのだなと思いました



ハンカチを忘れたので涙&ハナを拭くのに大変でした(バッチ〜)
rrounddさんへ (サナダ)
2006-01-13 02:50:31
コメントありがとうございます。



横浜!

いいなぁ〜・・、中華街ではないですか!

はい、食い意地張っていてすみません。



そういや私、涙が出てもハンカチを使ったことがないかも。

全部ティッシュで済ませちゃう。
こんにちわ。 (omuhashi)
2006-01-28 13:26:45
声変わりはある意味残酷だなぁと思いました。

ベビーフェイスなのに声はおっさん声...

知り合いのこが顔がとても可愛いのに

声を聞いて衝撃が走りました。

なんと永六(七?)輔さん声なのです。



えなりくん、すっかりおっさんぽくなって

しまいましたねぇ。

そういえば子役あがりといえばウェンツも

そうですよね。小さい頃のイメージからでは

考えられないほどいじられキャラというか

むしろ芸人っぽくなってしまいましたよね〜



ちなみ私もえなり君とあまり歳かわらいなかもです。



「Dr.コトー」は部分的にですが拝見しました。

最後のほうですが(汗

「北の国から」は特番での過去映像で

拝見させていただきました。歴史のあるドラマ

ですね。



Alwaysはやっぱ泣けますし、演技やストーリーの

面から見ても文句なしの映画だと思っています。
omuhashiさんへ (サナダ)
2006-01-29 20:28:27
コメントありがとうございます。



顔はオッサンなのに、声はキャワイイってのも、超キモイですよね。

それにしても、永七輔って・・。

SMAPの中居くんではないですか。笑



ウエンツはもう芸人です。痔だし、乳首ピンクだし。(関係ない)

でも、キャラは面白くて好きです。

子役上がりだとは知らなんだ・・。



そういえば吉岡秀隆、離婚しましたよね。(だから何)

わざわざ「北の国から」の撮影場所、富良野で挙式したのにー。

富良野はラベンダーくさい。(だから何)

「博士の愛した数式」にも、彼は出演しますね。

この作品は良いのかなぁ。

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

36 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
映画館「ALWAYS 三丁目の夕日」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
昭和33年、東京タワーが建設中の東京でのお話。 時代設定が、ちょうど母が子供のころだったので母と一緒に観にいきました。母から聞いた話の中に登場するモノたち、たとえば氷を入れて使う冷蔵庫などを実写で見れたという感じでした。私にとっては、懐かしいというか...
[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]須賀くんと小清水くん。子役が光っていた (アロハ坊主の日がな一日)
[ ALWAYS 三丁目の夕日 ]@吉祥寺で鑑賞。 「困った時に使ってね」って、あの文字は小学生にちゃん と読めたのか。ひらがなでよかったのでは。 でも、よかった。またまた感動してしまった。 昭和33年。東京タワーが建った年。 東京の夕日町三丁目には、個性的な人
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ ストーリー: 東京下町の夕日町三丁目に住む鈴木家に、集団就職のために上京してきた六子(堀北真希)が住み込むことになる。また鈴木家の向かいにある駄菓子屋の店主(吉岡秀隆)も、見ず知らずの少年の面倒を見ることに……。
ALWAYS 3丁目の夕日(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】山崎貴 【出演】吉岡秀隆/堤真一/小雪/堀北真希/もたいまさこ/薬師丸ひろ子/三浦友和 【公開日】2005/11.5 【製作】日本 【ストーリー】 昭和33年、東京タワーが
古き良き時代のいい話を堪能せよ 「ALWAYS 三丁目の夕日」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_osusume/} ALWAYS 三丁目の夕日 原作のコミックは一度も見たことがありませんが、いい話です。 涙もろい私にはかなり毒です。 体内の水分がかなり減りました。 水分補給必須の作品となっています。 舞台は昭和33年、東京タワーが作られ始めて
ALWAYS 三丁目の夕日 (ネタバレ映画館)
 「戦争も知らないくせに」「ロシア文学も知らないくせに」という会話にドキリ。はい、どちらも知りません・・・  長嶋茂雄が巨人軍に入団した年に生まれていない者でも懐かしく感じてしまう昭和33年の映像。知らない時代でも懐かしく感じてしまう、日本人のDNAを受け継い
ALWAYS 三丁目の夕日 今年の234本目 (猫姫じゃ)
ALWAYS 三丁目の夕日 泣いた、、、 ホント、久しぶりに映画館で見た。札幌で、夜の出撃に備えて、英気を養うためにぶらぶらしていたんだケド、この映画の評判が良いのは知っていたので、たまたま通りかかった映画館へ。 SFXとは、こういう使い方をするんだぁ! 年代は
ALWAYS 三丁目の夕日 (うぞきあ の場)
私の世代よりもひと世代前の物語。 ゆえに観客もその世代が多かった。 いわゆる“懐かしさ”は感じなかったが、 自分の世代にも、“あったあった”はあった(爆)。 駄菓子屋(ババァはいなかったが)・舗装されていない道・氷屋・・・・。 見所キャスト 鈴木オート(堤
「ALWAYS 三丁目の夕日」本日の2本目☆ (ふろくのぶろぐ。)
 そしてもう1本は2回目となる「ALWAYS 三丁目の夕日」。管理人の行きつけの映画館では16日で終了ということなので、見納めということで。  実は1回目のときは原因不明の歯痛に襲われていて、いまいちじっくりと見ていなかった気がしますが(それでもほのぼのして
ALWAYS 三丁目の夕日/堤真一、吉岡秀隆、小雪、掘北真希 (カノンな日々)
いやぁぁぁ、ヨカッタぁぁぁ、もぉ最高に笑顔と涙があふれこぼれるハートウォーミングな素敵な作品でした、感動的ですっ。女性だけではなく年配の男性のすすり泣きが劇場のあちこちから聞こえてきましたヨ。もちろん私もとっても気持ちよくボロ泣きしちゃいました。原作のこ.
『ALWAYS〜三丁目の夕日』 (ねこのひたい〜絵日記室)
新聞の映画上映時間案内欄は、映画のタイトルが縮められて表記されていることが多いんですけど、今作の場合「オールウェイズ」なんて略されてるもんだから、判りにくくてしようがない
ALWAYS 三丁目の夕日 (2005) 132分 (極私的映画論+α)
 昭和33年、東京下町の夕日町三丁目。ある日、鈴木則文が営む自動車修理工場・鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってくる。しかし、思い描いていたイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の
『ALWAYS 三丁目の夕日』 (京の昼寝〜♪)
携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう。 ■監督 山崎 貴■原作 西岸良平 ■キャスト 堤 真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子、掘北真希、須賀健太、小清水一揮、もたいまさこ、三浦友和□オフィシャルサイト  『ALWAY
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (雑板屋)
氷屋の親父の悲しそうな表情ったら・・・。 冷蔵庫を購入した鈴木家に捨てられた粗大ゴミを眺める氷屋の親父の姿・・・。ああいうの、弱いなぁ〜 ということで・・・。 高評価されている邦画なので、期待が高過ぎたのか物語の始まりは退屈で正直「はずしたか・・」と思.
ALWAYS 三丁目の夕日 (うぞきあ の場)
私の世代よりもひと世代前の物語。 ゆえに観客もその世代が多かった。 いわゆる“懐かしさ”は感じなかったが、 自分の世代にも、“あったあった”はあった(爆)。 駄菓子屋(ババァはいなかったが)・舗装されていない道・氷屋・・・・。 見所キャスト 鈴木オート(堤
ふくちゃんの映画日記 その17 (ふくちゃんの懸賞日記)
「ALWAYS 三丁目の夕日」 {/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   試写会鑑賞 {/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:吉岡秀隆、小雪、堤真一、薬師丸ひろ子、掘北真希 他 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに、
ALWAYS 三丁目の夕日 (Akira\'s VOICE)
夕日よ永遠に!
物はなくても豊かだった時代◆『ALWAYS 三丁目の夕日』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月9日(水)TOHOシネマズ木曽川にて 昭和33年。東京タワーが完成するこの年に、青森から上野駅に集団就職で六子(堀北真希)がやってきた。就職先は鈴木則文(堤真一)とトモエ(薬師丸ひろ子)が経営する鈴木オート。立派な会社を期待していた六子は、小さな町工場だと
ALWAYS 三丁目の夕日 (toe@cinematiclife)
泣いたわよ。 まさかと、自分でも思ったけど、泣いたわよ。 まぁ、最近、涙腺ゆるゆるだけどね。 でも、きっとまだの人も、見ると泣くかもよ。 <STORY> 戦後間もない東京下町、東京タワーのすぐ近く。 いろんな生活がそこにはあった。 駄菓子屋・茶川商店の茶川竜之介(吉
ALWAYS 三丁目の夕日(gooブログ専用) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
今日、僕の家へ新しい家族がやってくる。 集団就職で青森から来た六ちゃん。 怒りん坊のお父さんと、優しいお母さん。 駄菓子屋の茶川さんは、居酒屋のヒロミさんが大好き♪ これは、僕ん家と夕日町三丁目に住む人のお話。 http://yoyupon.livedoor.biz/a
ALWAYS 三丁目の夕日 (まつさんの映画伝道師)
第266回 ★★★★(劇場) (万人に薦められる故、核心に触れる文面にご注意あそばせ) 「ALWAYS 三丁目の夕日」は、まさに夕焼けを見たくなるような思いに駆られる作品で、終盤になるとそれぞれのエピソードの結末にいちいち感動させられる。  とこ.
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (試写会帰りに)
一ツ橋ホール「ALWAYS 三丁目の夕日」試写会。 「ジュブナイル」「リターナー」の山崎 貴監督作品。 原作は西岸 良平の漫画「夕焼けの詩 ―三丁目の夕日」。 日本のVFXの第一人者と言われる山崎 貴監督が、こういうノスタルジックな映画を作った事が不思議な感じがするけれ.
ALWAYS 三丁目の夕日(試写会) (Movies!!)
吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子、小雪、須賀健太出演。山崎貴監督作品。 ストーリーは公式サイトをご覧下さい。(ってだんだん手抜きになってるような・・・苦笑) 東宝のTV-CM用試写会に当たったので、観てきました。 TV-CM用試写会なんて、面倒くさい映画観ながら泣いて
映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ (AI-z「出田直正(nao)の一日。」)
>映画『ALWAYS 三丁目の夕日』★★★ なにかと話題で、賞を取っている映画。 観に行ったのですが、 普通(」゜ロ゜)」 ナント 普通の日本映画でした。 普通でないのは映像技術。 遠くに見える東京タワーですとか、 昭和の町並み。 次第に出来上
「ALWAYS 三丁目の夕日」夢や希望を皆が語った時代 (soramove)
「ALWAYS 三丁目の夕日」★★★★ 堤真一、吉岡秀隆、小雪、薬師丸ひろ子主演 山崎貴監督、2005年 予告編を見た時、 「この映画はやめよう」と 思っていた。 「泣き」の映画の あざとさのようなものを 嗅ぎ取ったからだ。 で、映画館の暗闇で上映開始を待...
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」 (お気楽ぅ〜)
ようやく観てきました!scopsさんをはじめみなさんから大推薦のこの映画 ロングランもたぶん来週で終わりです。ロードショーも最後の方になってしまいましたが、ホントに観て良かったです! 妻とレイトショー。開映前に同じ会社の人に出会いました。原作コミックを全巻買われ
ALWAYS 三丁目の夕日 (39☆SMASH)
昨日は友達と夜中まで遊んでました。 で、現在放映中の『ALWAYS 三丁目の夕日』をレイトショーで鑑賞。 もうね、すんごく良かった!! 物語後半は、皆さんの感動してすすり泣く声が前後左右から聞こえてきました。 もちろん私も号泣しましたけど、なにか??...
第五十五回目元カレ日記 (★★元カレ日記★★)
 前回の記事で「ALWAYS 三丁目の夕日」の登場人物を原作と比較しながら  「定期試験優劣調」=『甲、乙、丙』で採点評価しました。  今回は、ストーリー採点ですが  ・・相変わらず・・くそ長い映画の感想を 否、完全ネタバレの散文を書き散らします。 ...
「ALWAYS 三丁目の夕日」 (ストーリーの潤い(うるおい))
昭和33年の日本人が、明るい未来を信じることができたのは、どうしてだろう? もしかしたら、以下のような理由によるのかもしれません。
【劇場映画】 ALWAYS 三丁目の夕日 (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文が営む鈴木オートに、集団就職で六子がやってきた。小さな町工場にがっかりした六子を、一家のやんちゃ坊主・一平は、「もうすぐテレビがくる」と慰める。鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川は、芥川賞の選考に残
ALWAYS 三丁目の夕日 (土曜の夜は・・・)
story 西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を映画化した人情ストーリー。誰もが明るい未来を信じていた昭和30年代の東京下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。広大なロケセットに加え、「ジ
■ALWAYS/三丁目の夕日 (ルーピーQの活動日記)
これは昭和33年、建設中の東京タワーを望む下町・夕日町三丁目の物語。六子(堀北真紀)は集団就職で上京して来たが、就職先は小さな自動車修理工場“鈴木オート"。立派な会社を想像していた六子は失望してしまう。一方で、鈴木オートの向かいで駄菓子屋を営 ...
【邦画】ALWAYS 三丁目の夕日 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A- (演技4/演出3/脚本4/撮影4/音響3/音楽4/美術4/衣装4/配役4/魅力3/テンポ3/合計40) 『評論』 あれ
50年後も綺麗な夕陽・・・「ALWAYS 三丁目の夕日」 (取手物語〜取手より愛をこめて)
昭和33年、東京の下町。ある日、町工場の鈴木オートに、集団就職で上京した六子がやってきた。大きな自動車会社を想像していた六子はイメージとのギャップに、少しがっかりした様子。その鈴木オートの向かいにある駄菓子屋の店主で、しがない小説家の茶川竜之介 ...
ALWAYS 三丁目の夕日〜昭和バンザイ!珠玉の名作!! (名作玉手箱!〜映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など)
ALWAYS 三丁目の夕日、見ましたが震えました。前評判が良いのは知っていましたが、これは予想以上のデキで、穴が無く、笑えるし、感動しっ放しで、珠玉の名作だと思います。
ALWAYS 続・三丁目の夕日 (アートの片隅で)
「ALWAYS 続・三丁目の夕日」の試写会に行って来ました。 前作が大好きな妻と一緒です。 前作から4ヶ月後、既に完成した東京タワーをバックに始まります。 このオープニンがとても楽しいです、(内容は書けないけど、、、) 山崎監督のこういう感じの作品も観てみた...